大砂走りで一気に下山ランニング

https://running-is-traveling.com

おすすめコース 雑談

富士山は爽快に走って下山|御殿場ルート大砂走り

2021年8月3日


スポンサーリンク


今度の休日はどこを走ろうかと考え出したとしても、梅雨明けから続く容赦ない暑さですからロングランは無理かとの結論に達します。

雪ん子
涼しい所で走ればいいのでは、富士山とか

そう言えば砂走りは数年前に須走ルートから登山・下山して経験しました。確かにスイスイと走って下山できる区間がありました。

もう一度リサーチすると、御殿場ルートに「大砂走り」なる須走ルートのパワーアップ版下山道があるではありませんか。

むふふ、これはこれは楽しそう
雪ん子

先週末、富士山登頂とお鉢巡りがおまけ扱い、メインディッシュを大砂走りで堪能してきました。


スポンサーリンク


大砂走りで走って下山

登山&下山で大砂走りランニング行程

今回の富士登山行程
(ガーミンの記録より)

 

大砂走りとは

「おおすなばしり」と読みます。読んで字のごとくなのですが、砂の中を走る行為です。誰でもわかります、砂は走りづらいことを。

 

大砂走りとは

宝永山噴火により厚く積もった火山灰と砂礫からなる約7キロの御殿場ルート下山道

 

真っ黒い砂礫の堆積が視界に広がる地は、まるでどこかの星に降り立ったような錯覚になります。この荒涼とした風景の中を一気に駆け下りていきます。

大砂走りはまるでどこかの惑星

まるでここが地球ではない感じ

 

大砂走りのメリット

メリット

・特急で下山できる

・着地衝撃が少なく脚に優しい

・高地トレーニングとなる

深い砂ですからクッションが効き、いつもと違い豪快な着地を体験できます。

須走ルートの砂走りはより急斜面で、短く走りづらかった記憶があります。御殿場ルートの場合は、距離的長さがランナーにいい鍛錬となります。

いつもは回転が低い股関節の動きにも刺激が入ります。私の場合、なかなか高速に動かない股関節が勝手にMAXになります。

そして山頂から次第に高度が下がってくると空気が濃くなりますが、それでもここは高地ですから下界より心肺機能に刺激が入ります。

 

大砂走りのデメリット

デメリット

・どんどん加速するので危険

・砂埃が舞う

・視界が悪いと危険

・砂走り区間に山小屋がない

ゆっくり降りる方がかえって難しいくらいで、斜度に任せると砂埃を巻き上げながらどんどん加速していきます。

雲や霧の中いて視界不良の場合は当然注意が必要です。よく見えない中でのスピードアップはリスクが高く、前方の人との接触だけは避けたいものです。視界が悪い時はゆっくり下山に切替えが求められます。

また大砂走り起点の七合目からゴールの大石茶屋まで山小屋がありません。よって休憩はコース上で取ることになります。

砂走りランニングは大石茶屋でフィニッシュ

ようやく現れた大石茶屋、ここでフィニッシュ

 

大砂走りのコツ

個人的に体感して得たコツでお伝えしたいのは、両手を広げてバランスを取り、一歩々飛ぶようにかかと着地で砂を押して階段の段差を作るイメージで軽快に下りて行きます。今をときめくフォアフットとは真逆、極端なヒールストライクで着地します。

またいつものランニングやトレランでの走り、身体の重心である丹田を意識して、枝葉末節である手や足はリラックス状態を保ちます。膝のクッションを生かして前傾で思い切って大きな一歩を踏み出す勇気をもって豪快に走ることです。

大砂走りで一気に下山

さあお楽しみはここから

 

シューズは

シューズは2年前初めてトレラン大会に出場する際に購入したColumbiaのものです。普段のランニングシーンであまり出番がなく、ここぞとばかりにここへ投入しました。

この日は晴天の日曜日とあってランナー数がとても多く感じました。気になったので他のランナーの足元をチェックしていたのですが、私と同じくトレランシューズが大半を占めていました。

砂走りではソールがすり減ります。使い古しのトレランシューズがベストのチョイスとなります。

トレランシューズで富士登山

トレランシューズで十分

 

砂走りにはスパッツが必須

七合目の山小屋・砂走館のベンチで事前に購入したスパッツを着けました。大砂走りでは砂埃で全身砂まみれになります。特に足元は皆悲惨な状況になります。

これをつけることで靴への砂や小石の侵入を防げます。大砂走りはスパッツなしだと快適ランニングを阻害します。

でもでも下山後に靴下脱いだら、細かい砂で足の指が真っ黒でした。スパッツを付けたって細かい砂が靴下に入ってきます。

スパッツ必須の大砂走り

足首を塞ぐ道具

砂走りするなら
砂走りにはサロモンのゲイターが大活躍
シューズへの異物侵入を阻止せよ!トレランや大砂走りにSALOMON(サロモン)のゲイターを紹介

スポンサーリンク 梅雨明けから猛暑が続く2021年8月初め、10年ぶりに富士登山に行ってきました。 一番の目当ては下山での大砂走りです。砂走りに必要な道具として購入したのがゲイター(スパッツともいう) ...

続きを見る

 

砂走りの虜、また行きたい

今回は久々に登頂もしたかったので、山頂まで最短で上れる富士宮ルートから上り始めました。

でも次回はマイカー規制のない御殿場口新五合目駐車場に停め、登山は七合目までとし、そこから始まる大砂走りのためだけに再訪する決意です。御殿場ルートは頂上まで行かなくてもランナーなら十分楽しめるコースです。

尋常ではない早さで下山できるのが御殿場ルート。スピードが出るので目線を先の方に素早く移し、次の一歩を瞬時に判断しなくては転倒してしまいます。このスリルとスピード感がたまりません。

一度体験すればやめられない中毒性をも兼備している大砂走り、富士山でランニング練習ができる唯一無二の下山道です。

ただ砂走りは動きが大きな走りとなるので、ポケットの中身が落ちやすいことは忘れないで下さい。大事なものを落とさないように。

大砂走りで一気に下山ランニング

下界に向かって豪快に走る爽快感

 

追記:4週間後に再訪、その際に気づいた注意点は以下です

・雲の中に入ると視界不良、減速すべし

・砂礫が浅いゾーンは減速すべし

・大砂走り後半は右側が砂礫深し

アゲイン
富士山七合目から望む雲海
中毒性ってこのこと

スポンサーリンク 8月最終の週末日曜日、土曜日に続いて特に用事もないこの日はどうしようか。 昨日のスーパー銭湯ランを走りながら、頭の中ではすでに決まってました。東京のど真ん中を走りながら気持ちはあの頂 ...

続きを見る

      ランニング良著

      マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 1

2021.9.21 更新 雪ん子あの大会次はどうなるの? ランナーがこの時期に最も気になるのが2022年明けのフルマラソン事情です。コロナ禍の今、その開催可否についての情報を公開しています。 スポンサ ...

富山マラソンゴール前 2

2021.9.21 更新 まさか⁉︎・・・久しぶりに我が目を疑いました。 来月開催予定だった東京マラソン2021が2022年3月6日へ延期になったことに伴い、2022年3月6日開催予定の ...

富士山マラソンでフジパン提供 3

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

ランニング途中で見つけた花 4

ランニングウェアが臭い、そう感じたことはありませんか? おそらく誰でもあるはずです。暑くなり汗をかき出す季節になると、ウェアの臭いは特に気になるものです。 ラン友とのランニング時間が、自分の臭いや他の ...

東京マラソンの手荷物預け 5

10月開催(※2022年3月6日へ延期)の東京マラソン2021要項が発表になりました。 各方面で物議を醸していますが、その内容に驚愕とした方が多いと思います。色々と発表になった中で、ランナーにとって1 ...

-おすすめコース, 雑談
-,

© 2021  走るは旅なり