駿河健康ランドから富士山を望む

https://running-is-traveling.com

 

 

銭湯探訪記

ランニングで行く銭湯探訪記②|駿河健康ランド(静岡県静岡市)

2022年1月23日

冒頭から押し付けがましいことは承知しております。そのうえで申し上げたいと思います。

静岡県は駿河健康ランドには、出来るならぜひとも1度訪問してみることをおすすめします。ここは自信を持って知らせたいお風呂の1つと断言します。

2002年今から20年前にオープンした施設となり、建物自体は古くなってきています。でも館内を徘徊してみるとわかるのですが、とにかく館内は常に清掃が行き届いていて清潔感に溢れています。

最初の訪問が2003年、当時から全国屈指の健康ランドとして名を馳せ始めた頃でした。あれから1年に1度は必ずここを訪れ、お風呂を堪能し身も心もリフレッシュすることが年中行事の一つとなっています。

今回はタイトルと少し意味合いを変えます。「ランニングで行く」探訪記ではなく、ここは静岡ランニングと共に「訪れてランニングを楽しむ」探訪記としてみましょう。


スポンサーリンク


 

駿河健康ランドが超おすすめな理由

目の前が海

最大かつ最高の理由はコレしかありません。建物が駿河湾に面していて海を一望できるというロケーションが決定打となっています。

 

雪ん子
大海原を眺めて露天に入ったことある?

 

真冬の露天風呂にてキンキンに冷たい潮風を浴びながら五右衛門に浸かれば、目の前の駿河湾を独り占めとなり、富士山から伊豆諸島、清水港から三保の松原までパノラマ空間が広がります。(男性側から富士山は見えません)

駿河健康ランドの部屋から駿河湾を望む

上階のホテルの部屋より撮影
露天風呂もこの風景

しばし目を閉じて深呼吸、眠りに落ちそうになりかけたところで目を覚ますと目の前が太平洋、これは現実世界か?はたまた夢の中?頭が理解に時間を要し一瞬混乱してしまいます。

冷たい風を再び顔に受けて始めて、風呂に浸かっていることに気付かされることとなります。

 

公式HP

 

⚠️予約時は注意:国道1号、東海道新幹線、東名高速が見える山側の部屋からは海は見えず、そちらはここに宿泊するメリットが大幅に毀損(同価格なので)、必ず海側を予約すべし

 

お風呂が多彩

ここの温泉は源泉掛け流しとまではいかなく加温ですが、もちろん源泉利用の天然温泉となっております。大昔に海底に堆積した地層から湧く超古代海水からなる泉質です。

 

雪ん子
実際しょっぱいし

 

お風呂は多彩に20種類もあり、あれもこれもと右往左往していると、確実にのぼせてしまいます。ひとっ風呂浴びてくると同伴に言い放ち浴室に向かったとして、たった30分位の入浴では決して全てを満喫できることはありません。

 

複数回に分けて全湯船を制覇
雪ん子

 

公式HP

※銭湯という場所柄、個人撮影ができないので公式HPで御確認を

 

個人的には「全身浴」と勧めるプール型浴槽が好みです。25mプール半分くらいで3コース位ある広さです。

プール内は歩行浴を謳っていますがここでは迷わず真っ裸で泳ぎます。何にも身につけない裸で泳ぐ機会は、一般的な人生を歩んでいるとまず体験できません。よってこのプールは開放感あってとても気持ちの良い泳ぎができます。

※夕方は子供達が大はしゃぎでまず泳げない

 

宿泊付き銭湯

健康ランドと言えば昭和のイメージ、そしてスーパー銭湯と言えば平成以降の印象があると思います。健康ランドは昭和モダンな響きはあったとしても、どこか古臭く汚いイメージが付きまとい敬遠しがちだと思います。

しかし建物は清潔感に溢れて健康ランドの上にビジネスホテルが乗っかっている近代的外観となっており、車で現地に向かうと徐々に近づいてくる要塞に圧倒されます。

ビジネスホテル風の部屋で日頃の疲労を労いのんびりできるのと、食事処が多いので出来れば宿泊がおすすめです。現地の食を館内の飲食店で堪能し、お風呂に入って日頃の疲れをとことん癒してみてはどうでしょう。

駿河健康ランド全容

こんな立地
(中央の白い建物)

「知的資産経営報告書より」

 

家族で楽しめる

上階にホテル併設ゆえ家族や友人と複数人での宿泊に対応しています。

小さい子供は観光に興味を示さないものですから、大人が楽しんだ観光後に水着着用のバーデゾーンで目一杯遊ばせます。そこは冬でも入れる屋内プール、どんな子供でも間違いなく喜びはしゃいで夜はすぐに寝付きます。

また内湯にはこじんまりとした家族風呂があります。我が娘が小さいころ2人でこれを利用、小さい湯船なのに大はしゃぎの愛娘、あの頃の無邪気な姿が懐かしいですわホント・・・

 

雪ん子
今では反抗期

駿河健康ランドの部屋の窓から見た朝日

伊豆から上る朝日
(ホテルの部屋から)

 

静岡観光に

ここ駿河健康ランドは観光目的の宿泊拠点として、静岡各地へ向かうのに好立地となります。

昨年(2021年)は富士登山後に宿泊として利用しました。登山の疲労はランニングの比ではないのですが、お風呂と無料マッサージチェア一で一気に疲労抜き達成となりました。

近くの観光地「三保の松原」や「日本平」へ訪れたり、清水港周辺に点在するマグロ専門店で海の幸に舌鼓を打ちます。

三保の松原

景勝地・三保の松原

 

最高にリフレッシュできるところ

10年程前の年末のこと、体調を大きく崩し発熱がああるにも関わらず、せっかくの宿泊キャンセルが億劫と感じその体調のままここを訪問しました。

 

コロナ禍の今では考えられない
雪ん子

 

当時としては珍しいロウリュウサウナと塩サウナを多用して毒素を抜き、ミネラル豊富な熱い湯に浸かった後は、部屋にておとなしく療養の形を取りました。

4時間爆睡すると体温は平熱に下がり、それまであった倦怠感は消えそこは別世界です。駿河健康ランドを訪れたことで風邪が治り、経験したことがない超回復を果たしました。

この体験が未だに良いイメージとして刻まれていて、あの時は駿河湾からなる大地のパワーで治してくれたと今でも思っています。

また無料送迎バスが出ている清水駅と言えば、そこは静岡マラソンのゴール地点目の前となっています。送迎バス乗り場はすぐそこ、フルマラソンを走り終えた後の最高のお風呂とマッサージとなり、後泊でもすれば早期回復の源泉となります。

 

ここからのロングランや観光ランの拠点にしたり、静岡マラソン後のお風呂としたり体のメンテナンスのための利用におすすめ

 

駿河健康ランド

 

公式HP

富士登山の翌日は三保の松原

三保の松原から富士山を望む
2021年夏

      注目サプリ

      ランニング良著

      ランニング良著2

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

ランナーズフルマラソンチャレンジin荒川河川敷 1

2023.2.6 更新   いよいよ今シーズンも春までの折り返しを残すのみ、そんな2023年1月〜5月の主要フルマラソン大会情報を発信しています。 少しでもお役に立てるよう月・水・金の夜 ( ...

富士山マラソンでフジパン提供 2

夕飯前に意気込んで家を飛び出して走り出し、ロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めてた日に家族と食べ放題の外食へ、帰宅後30分でランニングに向かって吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 ...

ハーフマラソン後に名古屋めし 3

フルマラソン当日に上の写真のような名古屋メシを食するランナーは殆どいないはずです。 ではフルマラソンを走る直前は何を食べるべきなのでしょうか? 人それぞれと言えばそれまでの話ですが、フルマラソンに必要 ...

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 4

2022.12.20 最終更新   昨年の秋冬は中止オンパレードが連鎖中だったのですが、2022年は下記の表においては見事に開催済みの花が咲きました。 参加者が集まらない過渡期となったマラソ ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 5

2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマラソンにどっぷり浸かった私がこの8年半で出走したマラソン大会は、完走証を頼りに調べると34レース※でした。 これが多いのか少ないのか分かりま ...

-銭湯探訪記
-, , ,

© 2023  走るは旅なり