おかやまマラソンのゴールシーン

https://running-is-traveling.com

 

 

マラソン大会

おかやまマラソン|また参加したくなるおおすめ大会

2022年11月17日

東京から遠路はるばる遠征しておかやまマラソンへ参加してきました。

最近は定員割れの大会が多い中、おかやまマラソンは何と2.2倍の抽選倍率でした。そこを突破しての参加が今シーズン最初のフルですから、嫌が上でもテンションは上がります。

実に8ヶ月ぶりのフルマラソンは、人生初めての中国地方にて色々な意味で記憶に残る大会となりました。

おかやま大会当日の岡山駅

大会当日の朝焼け、この後雨に・・・


スポンサーリンク


 

晴れの国でも雨は降る

まずは天気についてどうしても今回は触れなくてはいけません。

ここ岡山は「晴れの国」と言われるほど瀬戸内海気候の影響を受け、晴れが多く雨が少ない傾向となります。

そうこれはあくまでも傾向であって、当然のことながら絶対ではありません。2022年は大会の前後の日を見渡してみると、日曜日だけがポツンと雨マークが付いています。

 

雪ん子
散々晴れの国って言ったじゃん(自分で↓)
天候の傾向
おかやまマラソンの気象条件
おかやまマラソン|今年の開催日の気温は?

2022年11月13日開催のおかやまマラソンにエントリーしてからしばし経った先日、ついにその当落メールが来ました。 定員8000名に対して応募が17373人ですから倍率2.2倍、ポストコロナのフルマラ ...

続きを見る

 

♦岡山市の11月13日過去20年間の気象条件

最低気温
(℃)
最高気温
(℃)
9:00
(℃)
12:00
(℃)
15:00
(℃)
日照時間
(h)
平均風速
(m/s)
平均 8.2 17.4 11.7 16.1 16.4 5.0 2.7

→スクロール→

 

♦岡山市の2022年11月13日の気象

最低気温
(℃)
最高気温
(℃)
9:00
(℃)
12:00
(℃)
15:00
(℃)
湿度 日照時間
(h)
12.9℃ 20.5℃ 15.0 16.8 20.2 80%
以上
0.5

→スクロール→

 

気象庁HPを参照に上の表にまとめたのですが、2022年の大会当日岡山市の気温は、最低気温12.9℃、最高20.5℃、日照時間は雨と曇りがメインなのでわずか0.5時間でした。

過去20年と比べて今年は気温が高めで推移したことが窺い知れます。

 

気温は上振れの方
雪ん子

 

その上で正午まで雨が強く降る時間帯があり気温は微増、止んだ後の13時18.9℃、14時19.6℃、15時には20.2℃まで上昇しました。

それを思うとレース中が雨でラッキーだったと思えてきます。

終始雨と曇りで済んだフルマラソン、終盤が雨上がりで太陽が出ようものなら、蒸し暑くてそれこそもっと撃沈していました。

ただしここ20年の傾向から今年は完全なイレギュラー、例年なら晴れて暑くなる可能性が高いとの認識で良いかと思います。

おかやまマラソンゴール寸前

ゴール間近

 

おかやまマラソンの運営は素晴らしい

県知事がフルマラソンを走る大会は運営の質が高い、今までマラソン大会あるあるで上がった命題は今回も"正しい"と証明されました。

しかもコロナ禍で中止を挟んだ3年ぶりの開催でこの運営、これはまことに恐れ入りました。

兎にも角にも、この大会のリピートをおすすめする理由を以下ににまとめてみました。

おかやまマラソンの受付

 

スタッフ、ボランティアが皆んな素晴らしい

のぞみを降車して岡山駅の新幹線改札を出てから、道案内、前日受付、早朝の交通整理、手荷物預け、トイレ列の整理、スタートブロックの管理、エイド、ゴール後の動線、更衣室、駅へのシャトルバス乗り場と、期間中どこをどう切り取っても全てのスタッフ対応が素晴らしく、居心地の良さを強く感じた大会だったとお伝えしたいです。

スタートブロックへの横入りを徹底ブロックしていた係の方、見ていてスカッとしてとても格好良かったです。おかやまマラソンはマナー違反は許さない気概を感じました。

 

後から来てブロック前方へズカズカ進むランナーも注意して欲しい
雪ん子

 

エイドの地元色が強く岡山を感じる

走った者しかわからないおかやまマラソンの凄さ、それは特色あるおもてなし給食がハンパなく充実していることに現れています。

 

おかやまマラソンのおもてなしエイドメニューが凄い

 

遠方から参戦した身としては観光も兼ねていますから、こういったその土地の食べ物や銘菓、特産品を中心としたエイドはとにかく嬉しいものです。

マラソンの途中でも絶対にこれは食べるリストのベスト1位はシャインマスカットでした。

それが早くも10.8kmエイドで登場、感染対策としてエイドの給食は基本的に個包装、葡萄一粒をひとつずつ個包装にした準備はさぞ大変だったと思います。

 

雪ん子
高級ブドウを頬張ってラン

 

またスポドリ、水の配給は若きボランティアのおかげで十分間に合っていて、エイドのテーブルの長さやゴミ箱の数は適切と感じました。

最後のゴミ箱」の表示はもはやマラソン大会では定番ですが、よく考えてみるとこれはゴミのポイ捨ての抑止力となっているのです。

 

コースがフラットメイン

コースは全般フラット基調ですが、川や線路を越える時だけアップダウンが訪れるコースと思って差し支えありません。

ただおかやまは変化に富んだコースではなく、風景が単調で楽しめるのは最終盤の後楽園と岡山城くらいです。

今回は雨も重なって終始どんよりした景色、このことが面白味に欠けるコースに拍車を掛けました。

記録が伸び続けているランナーならば、おかやまはベスト記録が狙えるコースと考えられます。

しかしたくさん大会に参加しているランナーならば、走りやすい10℃前後は気温は望めないここは練習の意味合いを含んだ大会となります。

おかやまマラソン、ゴールへ向かうランナー

ゴールまであと300m

 

最後に感動した

ゴール会場から駅に到着したシャトルバス降り口に、高校生ボランティアがゴミ袋を持って待機しているのが車窓から見えました。

ひっきりなしに来るシャトルバスの清掃が彼女たちのお仕事だと察しました。

運転手にお礼を言ってバスを降りると、まばゆいばかりの女子高生たちが澄んだ瞳で、「お疲れ様でした」と深々と頭を下げるではありませんか。

その姿を見て同じ年頃の娘を持つおじさん、目頭が熱くなって視界がボヤけてしまいました。

 

雪ん子
岡山来てよかった

おかやまマラソン前日受付

空中に桃が飛ぶのがおかやま流

 

検温待ちの列について

コロナ禍以前の大会では存在しなかったオペレーションが朝の検温所です。

検温開始時間に一斉にランナーが訪れたことで長蛇の列が発生、その列を一方向にしか伸ばさなかったことで一般道まで混乱・混雑してしまいました。

検温所への入り口は2箇所あって、建物内には沢山の検温所が設置されています。参加人数に見合った数の検温所を用意したのに、そこへ導く動線が良くありませんでした。

ただし訪れた2日間で気になった点はこの朝の出来事くらいです。もしも2023年以降も検温が必要なら、おかやまマラソンの敏腕運営陣なら当然改善してくるはずです。

おかやまマラソン検温所

写真は前日受付のもの

 

スタート前のトイレについて

おかやまマラソン会場トイレ

写真は大会前日に撮影したもので、トイレに並ぶ列の動線をしっかり確保して誘導しています。

パイロンを立てて誘導する大会はほぼなく、なんとなく出来た列を係員が整理・案内する大会運営がほとんどです。

これならば上手く捌けるだろうとの憶測はハズレ、当日マンモス大会でよく見る光景がそこにありました。

手荷物預けを終えて最終トイレを済ませようと列に並ぼうとしたら、パイロンを超えて長蛇の列が出来上がっているではありませんか。

拡声器で空いているトイレを案内していたボランティアは、「あちらの多目的広場が空いています」とのアナウンスでした。

地図で確認しても多目的広場がどこかわからず、時間に余裕があったのでとにかく離れた所に行こうと、メイン会場から遠くの方へテクテク歩いていきました。

歩くこと5分程で会場の喧騒とかけ離れたウォーミングアップ場に到着、トイレは仮設ではなく常設でしたが僅かに2、3人待ち(大のこと)です。

なぜか多目的トイレは誰も並んでなく即入室、そこで無事に用を足しスタート準備は全て終わりました。

 

遠くに探せば空いているトイレはある
雪ん子

 

これだけ広いスタート会場ですから、スタートブロックから離れれば離れるほどトイレの列は短くなります

あとはいつも言うように朝は早め行動が肝心、トイレ問題はそれで解決します。

おかやまマラソン、スタート会場

会場図の左へ行けばトイレは空いている

 

観光とセットで遠征マラソンを楽しむ

いつもの遠征では2泊3日が通常なのですが、今回は事情あって止む無く1泊2日の強行日程です。

ネット検索によるマスト案件は、岡山城と岡山庭園、夕飯にデミグラスソース丼と決めていました。

土曜夕方の早い時間帯に「カツ丼野村」に向かったのですが、ランニングシューズを履いた大勢の方が並んでいます。待ちの記入表を見たところ約30人は並んでいるではありませんか。

デミカツ丼野村はおかやまマラソン参加では必食

ご当地メニューが前夜の食事

 

※ちなみに並ぶ時は、名前を書いて食券を買って待ちます

 

長時間並ぶことは選択せず、その時間はまず岡山城観光へ向かいました。

期間限定でライトアップされている岡山城はとても幻想的で、昼間より夜の鑑賞が今回はベストでした。

一方で後楽園の訪問はフルマラソン後を予定していたのですが、胃腸と股関節がレース後のダメージが大きく全く行く気が湧きませんでした。

フルマラソン後の観光は体調変化で行けなくなる可能性あり、前日に済ますか後泊して月曜に向かうのがベストと言えます。

 

格言

観光込みのマラソン遠征は、

1泊2日にしてあらず、

最低2泊3日は必要

 

雪ん子
旅は余裕を持て

 

いや〜また参加したい度

今回の岡山遠征で特に印象深かったのは、ボランティアの若人達が皆笑顔で元気が良く丁寧な対応だったことです。

おかやまに限らず全国どこへ行ってもこれは感じるのですが、なぜだか今回は心に響ました。

50代が目の前に迫り、自分自身いつの間にか無くした笑顔だと痛感しました。

愛媛マラソンでも同じ様な雰囲気だったことを思い出しました。人当たりの優しさは、きっと瀬戸内の穏やかな気候が影響していると思います。

こういった諸々の要素によりおかやまマラソンは、ストレスを感じさせない運営が素晴らしく、リピーターとしてまた訪れたい大会との結論に達しました。

 

 

マラソン前日に観光、旭川の水面に映る岡山城

ライトアップされた岡山城が旭川に映る

 

      注目サプリ

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

ランナーズフルマラソンチャレンジin荒川河川敷 1

2022.12.2 更新   コロナ感染者が再び増加傾向ににありますが、とっくに世界では、そしていよいよ日本でも通常生活へ向けて動き始めています。 そんな中でのスポーツイベントなのですが、2 ...

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 2

2022.12.2 更新   この秋はコロナの影響を受けていた昨年とは違い、弱毒化したコロナへの対応(国も地方も)が柔軟になりほとんどの大会で開催の運びとなりました。 そして12月も残す所は ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 3

マラソンシーズンが終わり、のんびりとジョグを楽しんでいるところですが、参加してきたマラソン大会が結構増えたのでここで一旦まとめてみました。 2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマ ...

4

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

富士山マラソンでフジパン提供 5

夕飯前に意気込んで家を飛び出して走り出し、ロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めてた日に家族と食べ放題の外食へ、帰宅後30分でランニングに向かって吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 ...

-マラソン大会
-,

© 2022  走るは旅なり