愛媛マラソン後は道後温泉へ

https://running-is-traveling.com

マラソン大会

愛媛マラソン|おもてなし&お接待、そして声援がとにかく凄い

投稿日:2019年2月18日 更新日:




さあ冬のフルマラソンはどこを走ろうか、と思案するのが夏頃。

RUNNETの評価が高く未踏の都道府県、意外とあっさりそれは見つかりました。

愛媛マラソンです。

大会要項を読むとサブ3.5以上でアスリート枠があるじゃありませんか。

抽選という0次関門がなく出場でき、早々と冬の目標を定められるメリットがあるので参加あるのみ。

こうして私の愛媛マラソン2019は早々と2018年夏に決定しました。


スポンサーリンク


愛媛マラソンの魅力とはズバリ

愛媛マラソンの魅力を一言で言うと『沿道の声援がスゴイ』ことではないでしょうか。

もちろんどの大会でも温かい声援が多くあって力を貰えます。

しかし愛媛は他とは何か違います。

そう、声が大きいのです。

しかも走っている間中ずーとです。

市街地を抜けて山間部へ向かうと大抵の大会は声援が途切れがちになるのですが、辺りに民家がないのになぜか声援が途切れないのです。

応援者の数ならば東京マラソンの方が多いことに異論はないのですが、応援の声量では愛媛に軍配が上がります。

スタートセレモニーで市長さんの挨拶での一言

「ブームから文化になりました」

正にその通りで単なるマラソンブームの一つに留まるのではなく、愛媛マラソンは運営サイド、ランナー、応援者の全ての力が高次元で融合することにより深く根付いた文化となりました。

松山城

 

愛媛マラソンの運営

会場

松山城の眼下に広がる城山公園をメイン会場に広い敷地を目一杯使用しています。

1箇所に集約させて立看板や会場図がしっかりと設置されているので、見渡せば大まかにどこに何があるのか把握できる会場には好感が持てます。

広大な会場のお陰で、1万人規模の都市型マラソン大会で、スタート前にこれほど混雑を感じない大会はありませんでした。

愛媛マラソンメイン会場

 

スタート会場へのアクセス(ホテル宿泊者)

市内の宿泊ホテルはメイン会場周辺の繁華街に集中、当日朝に徒歩で行けるアクセスは最高の利便性です。

やはりと言うか、そのぶん宿泊場所の競争率が高いので早めの予約が必要となります。

お気に入り
東横インに泊ってポイントGET
マラソン遠征のホテル予約、まずは東横イン

幾度どとなく積み重ねてきたマラソン遠征におけるホテル予約、 あの旅行代理店、あの航空アプリ、あの公式HP・・・ 色々と試した私が伝えたいことは、 まずは東横インを予約すべし スポンサーリンク 目次1 ...

続きを見る

 

ハズレがない

今までもそうですが、知事や市長が実際にマラソンに挑戦する大会にハズレはありません

これは都市伝説ではありません。

行政のトップが身をもって現場を体験しているのですから当然といえば当然です。

他分野でも机上の計算ではなく、行政は現場感覚を失って欲しくない、とボヤいてみます。

 

リストバンド導入

東京や大阪マラソンに似たリストバンドを導入し、本人確認が厳格化されチェックが徹底されました。

これは前年に代理出走したランナーがレース中に倒れ搬送されたことが起因との事です。リストバンドの余ったヒラヒラが煩わしく囚人ぽくて私には不満でした。

ランネットの書き込みを読んでいると賛否両論でした。

 

エコロジーな取り組み

愛媛マラソンは特にエコロジーな取り組みに力を注ぎ、スタート前からずっと「路上にゴミを捨てないで」と繰り返し注意喚起を促していました。

私自身も経験がないことから運営側からランナーへのお願いとしては異例だと思います。

現実問題として、それだけランナーの中にマナーが悪い方がいるということなのでしょう。

と言いつつも私自身ゴミ箱へのスローイングをハズすこと多数、申し訳ありません。

 

ランナー目線

57回の歴史があるがゆえに幾度となくブラッシュアップして来たのが窺える大会です。

全般的にランナー目線で運営はなされているのはもちろん、エイドの間隔やエイドの内容、ゴミ箱の位置、会場の案内板、スタッフの声かけや対応はとても満足いくものでした。

私が接したボランティアの方々は皆感じが良く、土地柄なのかとても柔らかい人当たりでした。

 

スタート前セレモニー

スタートセレモニーでは、広い公園内1箇所に1万人すべてのランナーが一同に会するのですが、こんな大会は私には経験ありません。

というのは他のマンモス大会ではスタート位置に整列後にセレモニーが始まるため、後方ブロックのランナーはゲストやスタート位置が見えなく音声のみの参加となります。

また知事や市長の挨拶も手短でゲストランナー紹介も短時間、ここでもおもてなしを発揮、無駄に長くないのも合格点です。

 

やる気が見える

スタート地点が県庁前とかは他大会でもよくあります。

しかし路面電車で有名な坊っちゃん電車の運行を止めて待機させ、汽笛を鳴らす乙(いき)な演出までする自治体はそうはありません。

ここでスタートの高揚感はMAXとなります。

ここに官民一体(市・町・村・企業)で盛り上げるんだとの意気込みが感じらるのです。

そう、一つ一つにやる気が感じられ関わる人々の熱量がとにかく大きいんです、愛媛マラソンは。

スタート前のブロックへの整列待機も、DJの音楽とトークで飽きさせない演出は素晴らしいの一言です。

坊っちゃん電車

 

おもてなし文化

無料をいいことにズカズカとランナーが飲食ブースへ押し寄せる他大会を何度も見て来ました。

しかし主催者側からお盆片手に「どうですか?」とどんどん勧められる体験は初めてでした。

愛媛マラソンゴール後のおもてなし

・ゴール後の長い動線、名物の中高生のハイタッチで泣ける

・無料のおもてなし充実度
(ひき肉の生姜スープ、芋炊き、塩おにぎり、パン、コンソメスープ、炭火焼豚汁、お汁粉)

・頼みづらい「写真撮影」専門のボランティア

フィニッシュ後のおもてなし・お接待は充実し過ぎてる上に、おかわり自由なのでお昼ご飯や夕飯までもいらない超特別仕様です。

他大会ではなくなり次第終了が当たり前、遅くゴールした全てのランナーにしっかり残っている点も素晴らしいおもてなしです。

四国といえばお遍路さんに対するおもてなし・お接待の県民性で文化として古くから営われてきました。その表れの一つがこのゴール後の接待ブースなのでしょう。

 

エイドが充実

エイドの充実度を測る目安に地元の名産品があるかないかということは、その大会を評価する重要なファクターです。

エイドで名産品

・坊っちゃん団子

・一六タルト

・山田饅頭

・ポンジュース

・果物(伊予柑、みかん)

地元の銘菓がズラリ惜しげもなくエイドに並んでいました。

当然あるでしょ、と期待しているランナーの期待を裏切る地方大会は結構あります。いい意味で豪快に裏切るのが愛媛マラソンです。

 

参加は抽選とアスリート枠

私自身はアスリート枠(男子サブ3.5、女子サブ4)で出走したのですが、一般募集は抽選の壁が高く、地元愛媛ではなかなか出走が叶わないとの悲鳴が聞こえてきました。

いわゆる抽選に当たる0次関門を突破しなくては愛媛マラソンの出走は叶いません。

◯年連続落選者に出走権を与えてはどうか、との意見はここでも聞こえてきます。

真摯に取り組むランナーのために、5年に1回くらいは走らせてもらいたい、と思ってもバチは当たらないでしょう。

アスリート枠について、前年の8月上旬に出走確定、練習スケジュールを練ったり、宿や飛行機の手配を早期に済ますことができたのはありがたい限りです。

 

会場案内について

会場内の掲示物、案内図は点在していてわかりやすく、スタートラインを切るまでのタイムスケジュールに支障を来すことはありません。

愛媛マラソン掲示物

 

無料券付き

「道後温泉」と「坂の上の雲ミュージアム」の無料券が同梱されています。

せっかく松山まで来たのなら、万葉集にも書かれた歴史ある道後温泉は外せません。

ただしレース後だけはおすすめできません。芋洗状態の温泉では落ち着かないので、レースの前日か翌日に向かいましょう。

私が行った月曜日の正午前後は程よい人数でした。

坊っちゃんからくり時計

 

スタート時間が10時

大抵の大型フルマラソン大会のスタート時間は9時です。

愛媛は10時スタートということで、当日現地入りのランナー、ゆっくり寝ていたいランナー、ホテルで朝食をしっかり取りたいランナーにはありがたい配慮です。

一方で気温が上がるリスクを考えると涼しいうちに走り終えたいランナーに不満はあるかもしれません。とは言っても、この時期の愛媛は気温が安定しているので1時間遅いくらいでは影響はないと言えます。

 

今治タオル

誰もが知る日本の技術で作られた特産品、今治タオルがフィニッシャータオルです。

天童ラ・フランスマラソンも今治タオルでしたが、やっぱりふわふわしていてお風呂上がりに水滴を一気に吸い取ってくれます。

タオルはありがたい参加賞と思います。消耗品ですから。

ここも超おすすめ
天童ラ・フランスマラソン会場の銀杏並木
天童ラ・フランスマラソン|秋の山形は文句なく素晴らしい

四方の山が真紅に染まった晩秋の山形、これからが厳しい冬を迎える天童市の祭典へ、久々の深夜バス利用で現地入り参加してきました。 金哲彦さんがプロデュースするマラソン大会ですからまずハズレはないだろうとの ...

続きを見る

 

写真撮影、これは主催者側からの要請なの?

他大会では撮影ポイントが予め知らされたり、走ってる最中に看板等で視覚的に容易に確認できるのですが、この愛媛マラソンではそれが見当たりません。

これは運営側からの指示なのではないかと思いました。

撮影ポイントと分かるとどうしてもポーズを取りたがるランナーが多いのですが、走ってる自然な姿を撮る方針なのでしょう。

私は基本的にいつも撮影ポイントでポーズを取りません。レース後に写真をチェックすると私の周りには大方ポーズを取るランナーが写っています。

しかし現在掲示されているオールスポーツの写真をチェックすると、私の周辺も真剣に走っている姿が写っています。

これなら写真を買おうという気にもなります。

 

改善して欲しい点もいくつかあり

良いことばかり言っても胡散臭いと感じる方もいると思います。そこで参加して感じたマイナス面も述べてみましょう。

来年以降さらに愛媛マラソンが素晴らしい大会になることを願って。

 

  1. 給水の看板表示が非常に分かりにくい
  2. 危険な前方ブロック

 

1. 看板が見えなく給水所が突如として現れる感じです。予定していた給水を1箇所見逃してしまいました。

2. Aブロックのランナーの走力差が大きくスタート時に危険を感じました。

キロ当たり1分近くもペースが違うランナーが同じブロックです。

コース幅の狭さもあって衝突のリスクが増大です。安全性を考慮するとブロックのさらなる細分化の必要性を感じました。

愛媛マラソンのゴール

 

愛媛マラソンのコースの特徴

愛媛マラソン、コースと高低図公式ホームページより

沿道の豪華な応援とは対照的、コースそのものは行って来いの往復コースで大変地味です。

特徴として強いて挙げれば次の要点にまとめることができます。

・北条地区の向かい風(往路の10~20キロ)

・平田の坂(8キロと35キロ)

・路面が粗い(全般)

愛媛マラソンはアップダウンが多くタフな部類ですので、1キロ毎にGPS時計をチェックしているとペースにブレ(5〜10秒)が生じます。

ペース走はフルマラソンでは大切な要素ですが、そのペースの乱れがストレスとなって走りが乱れる可能性があります。

また今年に関しては瀬戸内海からの強烈な向かい風からようやく解放されたと思った中盤以降、強い日が差し始め体感温度が上昇し暑いと感じるようになりました。

後半は皆さん脱水気味だったのではないでしょうか。

実際私は30キロを過ぎた辺りから発汗が多くなり、身に付けているもの(手袋、腕ゲイター)を外し始めました。

そして残り5キロで脚を攣るか攣らないかの閾値に達したのでペースを落とさざる得ませんでした。結果ベストタイムの1分落ち、なんとも歯痒い結果です。

ほんとマラソンは気温に大きく影響されるスポーツです。

ほんとの話
越後湯沢秋桜ハーフマラソンは暑い
マラソン(走ること)と気温|パフォーマンスへの影響大

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

続きを見る

RUNNETのレースレポを読む限り、終盤に脚を攣ったランナーが目立って多かったようです。

やはり前半の寒さとは真逆で、直射日光による体温上昇幅が大きかったのでしょう。

何度もやられた
天童ハーフ、ゴールはすぐそこ
ランニング中の足つり|これが悶絶の原因と対処法

マラソン大会で足がつった経験があるランナーはかなりの数だと思います。 普段見たことがないくらいボコッと縦に凹んだふくらはぎは異彩を放ちます。 激痛で動けなくなっての悶絶時間は、いつ終息を迎えるか永遠に ...

続きを見る

そして最後に路面の粗さを挙げたいと思います。

地方の道路表面は余り良くありません。

地方行政を批判しても仕方ないのですが、残念ながらこれは事実です。

ガタガタとして粗く、走りにくい箇所が結構あり、脚へのダメージが都市圏のマラソン大会よりも大きくなります。

愛媛マラソンの会場

 

愛媛マラソン過去の気温と風速  (追記:2020年2月)

ご丁寧に過去9年分の気温、風速のデータが公式HPに記載されていました。

他大会では気象庁のHPを調べていたのですが、愛媛マラソンはHPで情報公開している親切さ。こんな所もやっぱり愛媛は好感が持てます。

せっかくのいい情報なので小分け9年分の詳細情報を一つにまとめてみました。

スタート時の気温(9:30~10:00) 15時の気温 風速(m/s)
2011.2.6 7.5 11 0.7~1.0
2012.2.5 5.5 8 0~1
2013.2.10 6 10 0.2~2
2014.2.9 7 11 1~1.7
2015.2.8 8.5 11 1.5~3.8
2016.2.12 6 8.5 0.1~1.1
20172.12 5.5 8 0.3~1.6
2018.2.4 1.5 2.5 0.5~2.7
2019.2.10 7 9 0.1~0.7
平均(AV.) 6.1 8.8 0.5~1.6

瀬戸内海の穏やかな気候が影響しているのか、ご覧の通り非常に安定した天気です。

これで曇りならお膳立ては全て整います。

マラソンに適した気候条件が揃う可能性がある大会と言えるでしょう。

ただ前述の通り向かい風が強い区間、アップダウンがきつい区間が愛媛マラソンには存在します。レースプランも試されるタフなコースです。

ランナーの総合力が問われるのが愛媛マラソンです。

 

愛媛マラソンの口コミ

RUNNETの大会レポランキングで2018年は5位、今回の2019年ではいきなり2位にランキングされる大会です。(2019.2.19現在)

当然良い口コミが圧倒的多数でした。

しかし不満を抱くランナーがいたことは事実です。そういった声に大会側は耳を傾ける必要性があると感じています。

「文句を言う気が知れない」との大会レポがありました。しかしそれではさらなる進化は望めません。

不満点を理解し、改善する謙虚な姿勢は大会の満足度を上げるためには必須だと思います。

おそらく愛媛マラソンは、長年に渡り運営者と地元が一体になって健気にその姿勢を貫き、大会レベルをここまで昇華してきたはずです。

愛媛マラソンのリストバンド

いい感じの口コミ

 

  • ゴール後、長い動線にボランティアの中高生たちがハイタッチで迎えてくれる
  • 10時スタートでホテルの朝食をゆっくりいただける
  • 沿道のずっと途切れない応援や中高生の元気なサポートには頭が下がる
  • トンネル内の学生の歌声に勇気をもらった
  • 高橋尚子さんに会えて感動
  • 私設エイドが多数、お接待はここでも
  • 私設の苺、みかんのエイドもあり助かる
  • 給水はヴァームウォーターが必ずある
  • ゴール後に足湯でのんびり
  • 近隣の住民の方、高校生ボランティアの声援なしではこの雰囲気は出ない
  • 手荷物の受取所が完璧に効率化されており、預けも受け取りも爆速
  • エイド、審判、警備の人まで声をかけてくれて、ほんとうにあったかい
  • ゴール後のおもてなし(無料飲食)は他の大会ではまずない
  • 会場のDJが面白い人で聞いていて飽きない
  • Qちゃんとハイタッチできる
  • 更衣室と貴重品預かりのセキュリティーの徹底がなされている
  • やみつきになりそう、愛媛マラソン
  • 南海テレビでの6時間特番は秀逸、市民ランナーの様子がわかって楽しい
  • 大会の趣旨と信念が伝わる非常によい大会
  • トンネル内の高校生合唱に思わず泣きそう
  • ゴール後のハイタッチで半端ない一体感を味わえる
  • 会場ブースも沢山
  • 松山城発着のコース(ラストはお城からも元気貰える)
  • 道後温泉無料券(タオルも)
  • スタッフボランティアの教育が行き届いている
  • 現役キャビンアテンダントがJALブース周辺でスープを配ってたのがツボ

愛媛マラソン会場

 

悪い感じの口コミ

 

  • 参加賞の帽子はデザインが・・
  • 完走メダルが欲しい
  • 不満点は給水ポイントが分かりにくい
  • スタート直後の道幅が狭く渋滞必須
  • エントリー受付時間と参加賞受け取り時間の最終が違う
  • 受付時に身分証明書で確認すればよく、リストバンドの装着までは過剰
  • ランナーと応援者が入り乱れ、メイン会場の出入り口が小さいため混雑
  • 給水所のテーブルが短く、何度か取り損ねた
  • リストバンドがお風呂で濡れて気持ち悪かった
  • 参加者の割にトイレが少ない
  • つまらないコース
  • ウェーブスタート方式を採用すべき
  • 会場でビールが売ってない
  • ゴミ箱が小さいく、走りながら投げると外れる
  • ゴミ箱も「最後のごみ箱」って表示があれば
  • スタート直前、先頭のブロックで県庁のトイレを利用するのはフェアではない

RUNNETの大会レポより
2019.2.16現在

愛媛マラソン、スタート前ブロック整列跡

 

まとめ

愛媛マラソンが評価が高いのは、熱い思いを持つ運営トップの方達が「おもてなし」精神でランナーをどう迎えるかを真剣に考え、毎年毎年ブラッシュアップしている証しだと確信しました。

そして運営を支えるボランティアの方々の協力があっての運営です。

あの強風の中で給水ボランティアの高校生がゴミ箱が飛ばされないよう、1人一つのゴミ箱を手で抑えていたのが印象的でした。

きっと誰が飲んだがわからないスポドリや補給ジェルとかをたくさん被ってベトついたはずです。

嫌な顔一つ見せないボランティアにはご苦労様と頭が下がる思いでした。

 

いや〜また参加したい度

昨年末の故障がようやく完治、それでも病み上がりで再発を繰り返すのが肉離れです。

正直言って今回の愛媛マラソンは3週間後の本命である東京マラソンへのステップレースという位置付けでした。

しかし当日スタートブロックに整列してセレモニーを経て走り出し、すぐにそれは間違いだと気付きました。

とにかく大会の雰囲気が心地よいのです。

ステップレースだなんて失礼極まりないと思い直し、東京マラソンの事は忘れて愛媛を頑張ろうという気持ちになりました。

そう思わせた最大の要因は、沿道の大きな声援が途切れなく続いたことです。

愛媛の県民性は優しく人柄に癒されます。行った先々で肌で感じたので間違いないと思います。

愛媛マラソンはマラソンと食、観光、運営、人柄と全てが高次元で融合した大会です。

もちろん全国の遠征ランナーに真っ先におすすめしたい大会の1つです。

山形・天童の時は「ずっとここにいたいなぁ」と思わせる何かがありましたが、愛媛・松山には「また帰ってきたい」と思わせる魅力が詰まっていました。

そして、もう十分おもてなしを堪能した帰路、締めくくりは松山空港の保安検査所入口の頭上に現れました。


(5段階評価)

愛媛マラソンの粋な計らい

        マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

富士山マラソンでフジパン提供 1

夕飯前にロングランに出掛けガス欠になること数回。 食べ放題の外食30分後にランニングへ出掛け吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 そんなキツイ経験ありませんか? 食前でも食後でもたくさん失敗してきました ...

2

東京マラソンは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。 東京マラソンを走りたくてランニングがマラソンへ移行し、それ以降本格的にマラソンへはまっていきました。 初めて東京マラソンへ挑戦しようと思っ ...

越後湯沢秋桜ハーフマラソンは暑い 3

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

ズームフライ3とフライニットとの比較 4

マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。 初めて買ったランニングシューズはナイキでしたが4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰 ...

江ノ島ランニング 5

目次1 ランニングにおけるダイエット効果とは?2 始めたランニングに立ちはだかる大きな壁3 私が確信を持って言えること4 永遠の減量モード突入か?5 まとめ ランニングにおけるダイエット効果とは? テ ...

-マラソン大会
-, , ,

Copyright©  走るは旅なり , 2020 All Rights Reserved.