多摩川季節のめぐみマラソン

https://running-is-traveling.com

 

 

マラソン大会

多摩川季節のめぐみマラソン|脚に優しい不整地コース

2022年10月28日

フルマラソン3週間前ポイント練習として、もはや定番の30キロ走としてこの大会を選び参加してきました。

東京の河川敷ローカルレースなのですが、運営は必要最低限の丁寧なサービスで迎えて下さり、練習としては十分に活用できる大会でした。

大会の特徴的な内容を取り上げてみたので、今後参加するランナーのお役に立てれば幸いです。

 

多摩川季節のめぐみマラソン公式HP>>

 


スポンサーリンク


 

家族で楽しめるローカル大会

30キロのカテゴリーに参加の私が会場に着いたのは、ちょうど親子ペアマラソンが行われている時間でした。

何とも可愛らしい子供たちが親と楽しそうに、タイムとか順位とか全く気にせず一所懸命に走っています。その走りに見ているこっちが微笑んでしまいました。

休日に親とのランニング体験、こんな経験はしたことないだけに羨ましくもあります。一生記憶に残ることでしょう。

多摩川季節のめぐみマラソンは家族で楽しめる

 

コースコンディション

河川敷の平坦5キロの周回コースとわかった上で参加したので、ある程度は覚悟ができていました。

視界が開けた代わり映えしない風景の中で、同じところを淡々と6周も走る行為は集中力と忍耐力が試されます。

フルマラソン前にその力を付けることと、レースペース並みのペースを刻む練習のために参加しましたのですが、それはコースの大半が不整地という現実を知り、方向転換を余儀なくされます。

 

スタート&ゴール地点が芝生

会場に着いて真っ先に目に着いたのが芝生のスタート&ゴール地点です。

自宅近くの公園の芝生で時折走っているので、走り方は知っている方だと思っています。

地面が柔らかいので蹴り出しで推進力を得るのが難しく、無理に前へ進もうとすると余計疲れます。

ですから5キロコースの約300mくらいの距離なら、芝生ランニングはちょっとした味付けになって面白いと思います。

多摩川季節のめぐみマラソンの会場は芝生

 

5キロ周回コースの6割が不整地

スタート時間に向けゼッケンを付けたり、シューズの靴紐調節とかしているとMCのM高史氏のこんな言葉が耳に入ってきました。

 

コースの半分以上は不整地ですから、いつものペースより10秒以上遅くなります。でもそこで焦らないで下さいね。

 

雪ん子
聞いてないんですけど・・・

 

下の写真がアスファルトからその不整地へ変わる境目で、30キロ走った後にゴールから1キロちょっと歩いて撮りに行きました。

多摩川季節のめぐみマラソンは不整地コース

 

砂地で平均ペースでは走れない

多摩川季節のめぐみマラソンは不整地コース

ご覧の通りまんま砂地です。わかりやすく路面状態を表現すると、ズバリ小中学校の校庭で、硬い路盤に砂が乗っている感じです。

地面からの反発はアスファルト並みにあるのですが、着地から蹴り出しの際にアウトソールが砂で滑ってしまうのでスピードが削がれてしまう難点があります。

 

ポイント

大会最大の特徴はコースの6割が不整地

→スピードが削がれる

 

運営

参加者は1000人に満たない大会ですから、全てにおいてコンパクトな運営がなされています。

しかしながらスタッフ数は多くはないもののサービスは十分で、適切に配置され年配の方が多いことから、落ち着いた和やかな雰囲気が会場に溢れていました。

 

手荷物預け

多摩川季節のめぐみマラソンの手荷物受け

手荷物預けは入り口でゼッケン番号のタグを荷物に付けてラックに自分で置くタイプです。

走り終えたら自分で手荷物を回収して、スタッフがタグとゼッケンを確認したらその場から離れられます。

これはローカル大会ではよく見かけるシステムで、入口だけでセキュリティを確保しているのですが、盗難の可能性は低く特に問題発生することはないと思われます。

 

素晴らしい大会進行役MC

多摩川季節のめぐみマラソンのMCはM高史

川内優輝選手のモノマネ芸人M高史氏がMCを務めていました。ほんとよく色々な大会で見かけます。

マラソン大会のMC進行役として絶妙にお上手で、物腰が柔らかく嫌味がないトークは心地良ささえ感じました。

またゲストの吉田香織さんは、ゴール地点に戻ってくるランナーにずっと声掛けを続け、私自身勇気付けて頂き心折れることなく走り終えることができました。

 

給水は必要十分

多摩川季節のめぐみマラソンの給水

給水所にはメダリスト、水、バナナが置いてあり、コース上に2ヶ所あります。

その間隔は2.5キロで毎回給水は利用したのですが、不満点はメダリストが薄いくらいしか見当たりません。

もし必要なものがあれば、ご自分で用意してランニングポーチに入れて走ればよいと思います。

 

参加賞

「季節のめぐみ」という大会タイトルにあるように、参加賞は大地の恵み秋の味覚です。数種類の野菜か果物を選べることができます。

こういった参加賞は他大会ではあまり見られないものなので、これを目当てに参加してみてはどうでしょうか。

多摩川季節のめぐみマラソンの参加賞

 

いや〜また参加したい度

草レースということなかれゴール地点にある画面には、計測タグと連動していて名前と残り周回数が画面表示されます。

自分が参加しているカテゴリーから時計を確認すればわかることなのですが、ゴール地点を過ぎる度に残り周回数が減っていくので走るモチベーションになりました。

残念ながらこの大会でベスト記録を目指すのは不整地6割ですからまず無理、フルマラソンへの脚作りやタイムにはこだわらないランナー向けの大会と言えます。

事前にコースコンディションを知っていたら、平均ペースで走りたかったので参加することはなかったでしょう。

でも芝生→アスファルト→砂地と変わる走路は他の大会では味わえなく脚が鍛えられ、スピードを落とさないフォームを探りながらの走行も楽しく感じれる大会でした。

 

これはこれでアリ
雪ん子

 

あとは開催場所が二子玉川ですから、交通の便が良く関東在住の方ならサッと電車で行って走って帰る計画が立てられます。

 

 

多摩川季節のめぐみマラソン公式HP>>

 

多摩川季節のめぐみマラソン会場

      注目サプリ

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

ランナーズフルマラソンチャレンジin荒川河川敷 1

2022.12.2 更新   コロナ感染者が再び増加傾向ににありますが、とっくに世界では、そしていよいよ日本でも通常生活へ向けて動き始めています。 そんな中でのスポーツイベントなのですが、2 ...

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 2

2022.12.2 更新   この秋はコロナの影響を受けていた昨年とは違い、弱毒化したコロナへの対応(国も地方も)が柔軟になりほとんどの大会で開催の運びとなりました。 そして12月も残す所は ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 3

マラソンシーズンが終わり、のんびりとジョグを楽しんでいるところですが、参加してきたマラソン大会が結構増えたのでここで一旦まとめてみました。 2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマ ...

4

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

富士山マラソンでフジパン提供 5

夕飯前に意気込んで家を飛び出して走り出し、ロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めてた日に家族と食べ放題の外食へ、帰宅後30分でランニングに向かって吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 ...

-マラソン大会
-,

© 2022  走るは旅なり