マラソンフェスティバルin昭和記念公園 消毒液がある

https://running-is-traveling.com

マラソン大会

マラソンフェスティバル in 昭和記念公園 WINTER | コロナ禍でマラソン大会が開催

2020年12月5日

2020年12月コロナ禍のハーフマラソン大会、東京郊外の昭和記念公園内マラソン会場に入り、動線を辿っていくと消毒液が並んでいます。

その先ではサーモグラフィーによる検温が行われ、各自ソーシャルディスタンスを保ちながら受付を済ませていきます。

雪ん子
コロナ禍での新しいマラソン大会

昨シーズンまでは決して見られなかった会場風景に、どことなく目新しさを感じながら平常心で大会に参加してきました。


スポンサーリンク


コロナ禍でハーフマラソン開催

名の知れたマラソン大会がほぼ壊滅状態の中、この年末のしかも平日に陸連公認コースのマラソン大会が東京都下で開催されました。

家から1時間でご近所ですし、現状の走力を把握しておきたく、平日の仕事で有給を取得して参加してきました。

なんと平日にも関わらず1000人弱のランナーが参加、皆さん同じく大会に飢えている証左です。

 

色々と今までと違う

コロナ禍での開催ですから、当然感染症対策は万全を期す体制でした。

運営側によるトラメガによる適切な周知徹底が、うるさいくらいに印象的でした。

 

検温

マラソンフェスティバルin昭和記念公園 コロナ禍開催で検温

2020年年初の大会ではあり得なかった光景です。

動線に従って進んで、このような非接触の検温がなされました。モニターには顔を認識してその頭上に体温が表示されています。

 

チェックリストの提出

陸連のガイドラインに沿って、チェックリストの提出は今後のマラソン大会のスタンダードになります。※

ただ実際には用紙の『はい』か『いいえ』に○を形式的に付けるだけの作業です。正直に回答するランナーがほとんどで、実際には建前的な作業との認識となっております。

身内界隈に感染者がいても、嘘をつけば参加できないことはありません。ここはもうランナーそれぞれの倫理観に依存しています。

※2021〜2022年シーズンでもスタンダード

 

スタートまでマスク着用

スタートするまでマスク着用するよう事前にアナウンスはありました。

しかし一部のランナーは守られてなく、その都度運営側から注意を受けていました。どこにでもこのような無意識層は一定数必ずいます。

それを運営側が見逃さず注意することに意義があります。そういった意味では、この大会は評価に値する大会と思います。

 

ゴミ箱なし

マラソン大会でのゴミの分別

感染予防の観点から以前のようなゴミ箱はメイン会場には設置されていません。(コースの給水にはあり)

公式に要請があったからなのか、ポイ捨てするランナーは存在せず、皆持ち帰る覚悟で来場していました。

でも昭和記念公園内のゴミ箱は満載、帰り際そこに捨てているランナーが多かった模様です。

 

ランナーも心なしか離れて走っている

このご時世ですから集団走は歓迎されません。意識が高いランナーが多く、どのゾーンもばらけて走っている印象でした。

雪ん子
ソーシャルってやつ

平日に参加するランナーですから、総じてランの所作にレベルの高さを感じました。一言で言えばランニングの行儀がすこぶる良いということです。

 

ちなみに歩いて補給は守られていなかった

エイドステーションは、走りながらの利用はできません。必ず歩きながら自分で紙コップを取り、ドリンクを飲み干ゴミ箱に紙コップを捨てた後に走り出すようにお願いします。走りながらの給水が出来ない為、タイムロスが発生します。タイムロスが不満と感じる方は、ドリンクを各自で携行願います

公式の案内書

 

事前には上述のようなお達しがなされていました。

しかし実際のレースでは、以前の給水の体をなしていました。みなさん走りながらカミコップから給水、そしてゴミ箱にポイです。運営側も黙認を貫いていたので、給水に関しては正直者がバカを見た形です。

私を含めタイムロスを嫌って飲み物を手に持ったり、バックパックを背負って給水を準備してきたランナーが一定数いました。この辺は、ランナーも運営側も手探り状態がしばらく続きます。

サロモンのソフトフラスクで給水

走りながら給水
サロモン・ソフトフラスク2020年モデルを持ってランニング
Salomon(サロモン)ソフトフラスクの2020年モデルをランニング用に購入

トレイルやランニングで使用する道具、その携行率の高さが目立つのがサロモン製品です。 「いつかはサロモン」と願いつつ走ってきました。そして今年の8月の暑さに豪を煮やし、ついにサロモンのソフトフラスク購入 ...

続きを見る

 

当日の気象条件が素晴らし過ぎて笑えた

曇天で低気温で微風、まさにマラソンで最高のコンディションとなりました。

こんな条件でフルマラソン走らせて
雪ん子
雪ん子
フル4戦連続雨の記録更新中ですが、
何か・・・

でもでも、こんな日は言い訳できない日というやつです。外的要因はなく、この条件ではタイム差が出にくく、現状を把握するにも最適な日となりました。

ただ一つ備忘録として、レース後に2XUに塩が吹いていた点。10℃以下でも発汗が多かったという事実、ゲイターなどを身に付けるのではなく、なるだけ薄着でクールダウンできる格好がベストということです。

 

その他の大会特徴

コースの特徴

平坦でもないのですが、キツいアップダウンもないコースです。周期的に地味なアップダウンが続くコースなので、思いの外ペース維持は困難なコースと感じました。

昭和記念公園という広大で有料の特別な閉鎖的なコースでこその大会、そんな場所だから感染予防に貢献できる立地と言えます。

箱根駅伝の予選会で使用される「陸連公式記録」が残るコース設定が素晴らしいのです。

 

参加賞

このコロナ禍でこそのネックゲーターが参加賞です。ただここのネックゲーターは、欠点があってすぐにずり落ちてしまう物なのです。

サイズが大きいものが配布されたのですが、普段のランニングにおいては、サングラスで押さえなければ使える代物となります。

あとはスポドリ1本、いただけるだけで嬉しい水分補給。

 

荷物預かり

コロナ禍では大き目(冬のアウターも入ります)のビニール袋に入れ、自分で置くスタイルがデフォルト採用されています。

常に入り口には管理スタッフがおり、監視の目が行き届いている印象がありました。

もちろんゴール後はナンバーカードとの照合で受け渡しとなり、それはそれで安心を担保しています。

マラソンフェスティバル 手荷物預け

 

更衣室

参加比が結構違う男女において、同じ大きさの更衣室利用ではキャパオーバーとなります。

男性更衣室のテントを2倍にして欲しいと感じます。更衣場所がないのに慣れたランナーが多いからか、過半数は芝生の上でポンチョやバスタオル着替えが常態化していました。

私自身はタオル1枚あれば十分隠せたのですが、更衣室よりも大きめのバスタオル配布を望んでしまいます。

あとは雨が降った時だね
雪ん子

マラソンフェスティバルin昭和記念公園内の更衣室

※2021年は更衣室はありませんでした

 

豪華ゲスト

女性ランナーでは有名な吉田香織さん、木下裕美子さんがゲストランナーとして来場していました。

平日開催の関東ローカル的大会としては、参加選手層も含めて豪華な方だったのではないでしょうか。

マラソンフェスティバルのゲスト、吉田香織と木下裕美子

 

やっぱりランナーには刺激という点で大会が必要と思えた

先頭でスタートした順天堂大学駅伝部に、あっけなく周回遅れとされました。でも、えその走りを間近に見れて大いに刺激を受けました。

フォームがダイナミックでかつスピードの乗りが桁違いです。来月に箱根駅伝を控えている現役バリバリのアスリートですから、一般市民ランナーには理解できない魂が宿っています。

この大会に参加する30〜50代は平日参加ですから、走ることを趣味としているランナーには間違いありません。それ故に華やいだ雰囲気というよりも、意識高い系が多く、総じてレベルが高い大会です。

さっと走ってさっと帰る感じなのですが、普段のお一人様練習とは大違って新鮮さは抜群となりました。

こんな状況下でも開催に尽力した主催者、関係各位にはとにかく感謝しかありません。

 

いや〜また参加したい度

その閉鎖された空間ゆえ低予算で運営がしやすいからか、昭和記念公園で開催されるマラソン大会は年間で相当数に昇ります。

西東京30K、立川ハーフ、ベジタブルマラソン、そしてこのマラソンフェスティバルが開催される会場となります。同じ主催者の大会が年明けからいくつか続き、公認コースを記録狙いに徹することもできます。

関東圏にお住まいなら、ハーフスタート時間(10:55〜)が遅めなので、日帰り圏内で挑戦できる大会と言えます。これは気になる部類、ぜひともチェックしてみて下さい。

 


(5段階評価)

マラソンフェスティバルin昭和記念公園へ参加した

 

翌年も参加
マラソンフェスティバルin昭和記念公園WINTERに参加
1年ぶりのゴールはやっぱり以前と同じくキツかった

立川市昭和記念公園の最寄り西立川駅にて、ホームへ降りると大半がランニングシューズにシャカシャカ姿で同じ方向へ向かって歩き出します。 雪ん子そうそうこの感じ、懐かしい 昨年にも増して多くのランナーが参加 ...

続きを見る

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 1

2022.6.22 更新 いよいよ2022年後半に向けて、各マラソン大会の公式発表がとても忙しくなってきました。 2022年後半の主要フルマラソン開催可否情報を収集して発信、 今後は週3回(月、水、金 ...

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 2

2022.6.1 最終更新 2017年開設以来最もランナーの皆様の興味を惹き付けた記事となり、ここはブログ史上最多アクセスを記録したページとなりました。 その間情報収拾が至らない場面があり、何通もご指 ...

3

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

富士山マラソンでフジパン提供 4

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 5

マラソンシーズンが終わり、のんびりとジョグを楽しんでいるところですが、参加してきたマラソン大会が結構増えたのでここで一旦まとめてみました。 2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマ ...

-マラソン大会
-, ,

© 2022  走るは旅なり