新国立競技場のゴミ箱

https://running-is-traveling.com

 

 

役立ち話

ゴミ拾いランナー発見、プロギングって何?

突然ですがプロギングって言葉をご存知ですか?

私は知りませんでした。英語だろうなと予想はできても、それ以上の知識を持ち合わせていません。

といことでプロギングについて調べてみたのでシェアしたいと思います。


スポンサーリンク


 

事の発端は多摩川のランニングにて

今年夏たまリバー50を走破した話は以前しました。

羽村の堰から走り始め福生を通過した拝島橋付近、ここで目の前からビニール袋を持ってこちらへ走ってくるランナーがいるではありませんか。

 

雪ん子
走って買い物?
河川敷で?

 

初めは本気でそう思ったのですが、数十m手前で彼は急にしゃがんで何かを拾い上げて袋に入れました。

すれ違う時に袋の中身を凝視すると、それは明らかにゴミだったのです。そこでようやくゴミを拾いながらのランニングだと気付きました。

当ブログにてこの出来事について書こうと「ランニング」「ゴミ拾い」で検索をかけると、ネットでは「プロギング」という言葉が多くヒットします。

ニッチな事に触れようとしたらその反対、世界的にブームでとってもメジャーなフィットネススポーツだったのです。

プロギング、走ってゴミ集め

失礼ながら激写

 

プロギングとは

プロギング(Plogging)とは、拾うという意味の「plocka upp(スウェーデン語)」と、ジョギング「jogging(英語)」を掛け合わせた造語です。

 

ゴミを拾いながらジョギング
雪ん子

 

2016年エリック・アルストロム(スウェーデン人)氏がゴミ拾いランニングを提案すると、健康、エコ、交流を融合したSDGsスポーツとして注目が集まり世界中に広がります。

プロギングという言葉自体は2016年からと言いますが、それ以前からフルマラソン大会でゴミ拾いをしながら走っているランナーを見掛けています。

 

プロギングによる効果(メリット)

①フィットネス効果

②ストレス解消

③コミュニケーション力UP

④ゴミのない街へ

 

①フィットネス効果

走行から減速し腰を落としてゴミを拾い、再び加速する動作により筋肉や体幹が鍛えられるフィットネス効果が期待できます。

カロリー消費量はジョギングだけの場合と比較して、1.2倍のシェイプアップ効果があると言われます。

ランナーならばマラソンへのトレーニングの一環として取り組め、ゴミ拾いの姿勢をあえて深くし、効果性が高いスクワットやランジを取り入れることもできます。

また、あえてロング走でブロギングすることにより、高負荷がかかるトレーニングにもなるのです。

 

②ストレス解消

ランニング自体がストレス解消になることは、経験者なら誰でも知っていることです。

これにゴミを拾う環境保全という名の社会貢献が加わることで、何かの役に立っている達成感も加わります。

プロギングは環境問題を解決する一助となる行為で、我が身も街も綺麗で心地良いものに変えていけます。

 

③コミュニケーション力UP

日本各地で行われているイベントに参加すれば、普段プライベートや仕事関連で会うことがない異業種の人達と交流できます。

初対面でも同じ価値観を持つ者同士が集まれば、自然と活発なコミュニケーションが飛び交います

街を綺麗にしたという達成感の共有にもなります。

 

④ゴミのない街へ

今般では環境への負荷が特に高いと言われるプラスチックゴミ、街中だけではなく河川敷や海岸などでも捨てられている光景をよく目にします。

いつもゴミ箱に捨てている身として、ポイ捨ては理解しがたい行為ですが、気にしない方は捨てても何とも思わないものです。

元々走ることに対する敷居が低いランナーならば、ゴミ拾いを掛け合わせたプロギングには抵抗が低く、住んでいる街が魅力的で綺麗になれば最高だと思います。

渋谷の街中をジョギング

 

まずはやってみよう

プロギングはランニングしながら環境美化に努め、人的交流を通して社会貢献できる素晴らしいスポーツということは理解できました。

細かいルールなど存在せず、ただ走りながらゴミを拾うを繰り返すのみ。

 

雪ん子
ではまずはやってみよう

 

ゴミ袋、軍手を用意すれば誰でもどこでもプロギングできます。ゴミの分別を考慮すると、小さめなサイズの袋を3つくらい用意すれば良いと思います。

ランニング自体がポジティブな行動ですが、プロギングで主体的に世界を変えていくよりポジティブで楽しい人生を歩んでいきましょう。

 

 

一般社団法人プロギングジャパンではプロギングイベントを開催、調べると結構な数が開催されている模様です。興味を持ったらイベントに参加してみては。

      注目サプリ

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

ランナーズフルマラソンチャレンジin荒川河川敷 1

2022.12.2 更新   コロナ感染者が再び増加傾向ににありますが、とっくに世界では、そしていよいよ日本でも通常生活へ向けて動き始めています。 そんな中でのスポーツイベントなのですが、2 ...

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 2

2022.12.2 更新   この秋はコロナの影響を受けていた昨年とは違い、弱毒化したコロナへの対応(国も地方も)が柔軟になりほとんどの大会で開催の運びとなりました。 そして12月も残す所は ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 3

マラソンシーズンが終わり、のんびりとジョグを楽しんでいるところですが、参加してきたマラソン大会が結構増えたのでここで一旦まとめてみました。 2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマ ...

4

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

富士山マラソンでフジパン提供 5

夕飯前に意気込んで家を飛び出して走り出し、ロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めてた日に家族と食べ放題の外食へ、帰宅後30分でランニングに向かって吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 ...

-役立ち話
-, ,

© 2022  走るは旅なり