闇夜の皇居と大手町

https://running-is-traveling.com

ひとり言

23時過ぎの夜半にランニングして思ったこと

2019年5月17日




危険あり気なナイトラン

先日普段とは違った時間帯にランニングした結果、新たな気付きがあったのでシェアしたいと思います。

夜のランニングはやっぱり危険

まずは何回も言いますが、暗くなってからのランニングは思っている以上に危険を伴います。

2輪、4輪問わず昼間より視界が不良にも関わらず、結構なスピードで走り抜けて行きます。

不可抗力で何とも痛ましい事故報道が後を絶ちませんが、そんな中でも己の身を守る姿勢は常に意識すべきだと思います。できる限りの自助努力は必要です。

 

LEDの一般化がさらに進んでいます

前回の記事でも言いましたが、自らの存在を主張するLEDライトを着用するランナーが最近増えたと実感します。

参考記事
夜道のランニング、LEDライトを携帯しよう

  夜のランニングは危険なもの 夜間のランニングでは昼間と違って、暗闇が事故や怪我リスクを押し上げます。明るい昼間なら容易に視界に入ってくるものが、暗い夜間では見えづらくなってしまうからです ...

続きを見る

身に付けて走ろうと思うランナーは、やっぱり事故に会いたくない意識が高い現れだと思います。そして何と言っても加害者にはなりたくありません。

ランニング向け防水LEDライトの装着場所

 

それぞれの練習

走ることが趣味となり、タイムが伸び始めると単なるジョギングでは満足が行かなくなるものです。

普段から何らかの目標を決めて走っているランナーは、空いている時間を見つけて夜な夜な練習に励んでいることが今回確認できました。

遅い時間でも何人かのランナーとすれ違いました。

 

夜半に走るランナーを見て思ったこと

夜半にジョグ(ポイント練)に出かける機会は、私の場合は多くはありません。

いや、ほとんどありませんが、今回ジョギングを終えて帰宅したのが24時近くでした。

皇居ラン、千鳥ヶ淵

こんな時間でも思いの外ランナー多いぞ

ジョギングコース(多摩湖自転車道)は綺麗にアスファルト処理され、路面コンディションが良いうえ、車が通行できないので普段から多くのランナーとすれ違います。

この時間ならきっとこの位の人数だろうとの推測は大方当たるのですが、23時台でまさか10名近くのランナーに出くわすとは思いませんでした。

きっとこの時間帯に走るのがルーティーンなのでしょう。

ジョギングペースの方、インターバル走の方、身なりが玄人で超速いペースの方まで多士済々です。

 

少ない空き時間を捻出しているから

どうしても帰宅が遅くなってしまうランナーは、こうして23時過ぎでも走る時間を捻出していることに感心します。

趣味なんだから朝とか夜とか、真冬とか真夏とか関係なく時間を見つけて走りに出掛けるものです。

こういった地道なランが大会だけではなく、日常生活でもここぞという時に生きるのだと思います。

 

夜半だから快適に走れることも

改めて不思議に思ったことは、もうすぐ日が変わる時間帯に結構なランナーとすれ違ったことです。しかも普段走っている時間帯よりも、速いランナーが多いことに気付きました。

なるほど、この時間なら自転車や歩行者が少ないジョギングコースは格好の練習場となります。

思い切って23時過ぎににポイント練習に出かけてみようと思います。今回の経験はそんな決断をするキッカケとなりました。

マイコース
多摩湖自転車道をランニング
多摩湖自転車道|おすすめランニングコース紹介〈2〉

第1回に続いて推奨するロング走向きランニングコースを紹介したいと思います。今後は全国に広げていくのが今の目標です。 ですがさっそく手前味噌で恐縮なのですが、ホームコースで近所の多摩湖自転車道が第2回目 ...

続きを見る

多摩湖自転車道でランニング多摩湖自転車道


スポンサーリンク


      注目サプリ

      ランニング良著

      ランニング良著2

アクセスが多い記事(直近3ヶ月)

あおもり桜マラソンのゴールシーン 1

2023.4.14 更新   スポンサーリンク フルマラソンでベスト記録を狙う大会はどこ   2024年1月〜5月 主要フルマラソン大会情報 2023.4.14 現在 新規更新は点 ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 2

2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマラソンにどっぷり浸かった筆者がこの8年半で出走したマラソン大会は、完走証を頼りに調べると34レース※でした。 これが多いのか少ないのか分かり ...

京都マラソン2020前日 3

この秋※多くの大会が予定通りにランナー募集を開始し始めたことは、ここ2年間コロナ禍により大会中止オンパレードを嫌が上にも経験したランナーにとって朗報となりました。 しかし蓋を開けてみると、コロナ前と比 ...

コース作成にキョリ測は最適 4

アプリ「キョリ測」はスマホで利用する前、パソコン時代からもうかれこれ10年近くお付き合いある間柄です。 「キョリ測」は自らの好奇心のなすがまま、思いついたまま自由自在にランニングコースを作りたい欲求に ...

メタスピードエッジプラスのレビュー 5

2019年から積極的に購入してきたNIKE厚底シューズ、そんな相棒に飽きが募り浮気心が芽生えたのは昨年おかやまマラソン (2022年) を走り終えた辺りからでした。 マラソン大会をいくつか走ると、長ら ...

-ひとり言
-, ,