京都マラソンEXPO

https://running-is-traveling.com

ひとり言

コロナ禍の中で、マラソン大会の写真を整理していたら切なくなってきた

2020年6月17日




雪ん子
大会出てぇ〜

 

大会無ぇ〜
雪ん子

禅問答真っ只中、コロナウイルスが世界に与えた影響は計り知れません。

そんな中なんとなく、そうなんとはなしに写真の整理を始めたら、マラソン関連の写真が多いことに驚きを隠せません。このブログを始めてもうすぐ3年、スマホですがたくさんの写真を撮ってきました。

そこでブログ開始前も含め、マラソン大会を切り取ったシーンを今だからこそ振り返ってみたくなりました。コロナの影響で次のマラソン大会がいつ開催になるか分かりません。

しかし必ずあることだけは確か、写真を見ながらいつかは来たるマラソン大会へ思いを馳せて。


スポンサーリンク


コロナ禍、マラソン大会の写真で気を紛らわす

マラソン大会が当たり前に存在したあの日の日常。

そんな過去を振り返って、酒の肴にしてしまいます。

雪ん子
懐かしいのぅ

 

晴天の中で開催

青い空に浮かぶ白い雲、緑に覆われた山々を眺めながら走った爽快感は忘れられません。

都市部では味わえない風景がそこにはありました。非日常の1日を楽しみに地方遠征したものです。

アップダウンのキツさなんか吹っ飛んでしまった秋の越後湯沢が恋しい。

越後湯沢秋桜ハーフマラソン

越後湯沢秋桜マラソン

 

朝焼けの中をマラソン大会会場へ向かう

一般的なフルマラソンのスタート時間は午前9時です。マラソン大会当日は、そこから逆算して1日が始まりました。

早起きは三文の徳とはよく言ったもの、早朝の新鮮で澄んだ空気感が素晴らしい1日を予感させます。

ぐんまマラソン前の朝焼け、高崎駅前

ぐんまマラソンへ向かう高崎駅前にて

撃沈したのは内緒
雪ん子

 

会場入りして更衣室へ

いつものルーティーンは早めに会場入りして更衣室へ真っ先に向かいます。

軽く食事をとったり、テーピングを巻いたり、ゆっくり着替えて手荷物預け所へ向かいます。早目に動けば混雑は回避できたものです。

目黒シティマラソンの会場

目黒シティランのメイン会場

 

スタート前、トイレへ並ぶ

スタート整列の前に最後にすることといえば、どんなランナーでも必須のトイレでの用足しです。

なかなか進まない列にヤキモキ。

雪ん子
隣の列に並べば良かった・・・間に合うかなぁ・・・

ブロック閉鎖時間が近づいてくると焦ったものです。

奈良マラソンの仮設トイレ

奈良マラソン前日、誰も並んでない

 

マラソン会場へは送迎バス

全国各地のマラソン大会へ赴くのが趣味、移動手段として送迎バスのお世話になりました。各地の交通機関利用なしではマラソン大会は成り立ちません。

どの運転手も挨拶すると心地よい返事が返ってきます。

朝も夕方も送迎バス車内では深い眠りに落ちたものです。

奈良マラソンの早朝シャトルバス

マラソン会場へは送迎バス

 

マラソン大会のシンボル

写真は大分県で開催される別府大分毎日マラソンのスタート会場「うみたまご」です。

参加するまで自宅テレビで見ていた特徴的な建造物が目の前にあります。

サブ3.5以上のランナーしか参加できない特別な大会は、ガチランナーで溢れかえっていました。その多さにビビったものです。

別府大分毎日マラソンのスタート位置

別府大分毎日マラソンのスタート会場

新湊大橋を望む立山連峰と富山マラソン

富山マラソンと言えば新湊大橋と立山連峰
(写真は雨の大会翌日)

 

地のものを食す

マラソンを走り終わったら各地の観光を満喫します。そのためのに走っていると言っても間違いではありません。

そしてその土地の食を大いに楽しみました。

能登和倉万葉の里マラソンのレース後の楽しみは、何と言っても炭火焼き牡蠣です。会場近くのコンビニでお酒を多めに買い込んで乗り込みました。

能登和倉万葉の里マラソンのゴール後会場

炭火焼き牡蠣がマラソン後に食べられるのはここだけ

 

マラソン大会と観光

地方遠征が大好きで全国各地、色々なところに出向きました。

マラソンを趣味としなければ恐らく行かなかった場所がほとんどです。そこでしか見れないもの、体験できないことを望んで。

高知のカツオはうまかった
雪ん子

四万十ウルトラマラソンの高知

高知駅にて

京都マラソン翌日の銀閣

銀閣にて

ピントがボヤけているサロマ湖ウルトラマラソン

オホーツク流氷館にて

 

マラソンのゴールが競技場

ゴールが競技場設定だと陸上選手気取りでゴールテープを切ったものです。(1位ではないのでテープはない)

観覧席からはそこそこの人数が声援を送ってくれ、舞台の主人公は「わたし」的な雰囲気を味わったものです。

3年前の奈良マラソン

奈良マラソンのゴール会場

鶴ケ城ハーフマラソン大会の会場

会津若松市鶴ヶ城ハーフマラソン

 

EXPOでは催し物が盛り沢山

EXPOはゼッケンをもらいに行く場所、基本的には長居はしません。

そんな声が聞こえてきそうですが、イベント開始時間にバッティングすると意外と楽しめるものです。

トークショーなんかでコース戦略とか聞き入ったものです。

奈良マラソンのステージ、当たり前の光景

奈良マラソンEXPOでの催し

村上市元旦マラソンの獅子舞

村上市元旦マラソンは獅子舞でお迎え

 

大自然の洗礼

アウトドアで行われる競技は天気に大きく左右されます。

その中でも特にマラソン大会は、気象条件(気温や風)に多大なる影響を受けます。

真夏の天候から一気に気温が下がったサロマ湖ウルトラマラソンはいい体験でした。

ピントはボヤけたサロマ湖ウルトラ

震える手で撮った1枚、ピント合わず
ワッカにて

 

青色計測マット

マラソン大会のタイム計測は身に付けたチップによって行われています。

この青いマットを通過することでタイム計測がなされます。何度も何度も通過した愛しい青マットです。

雪ん子
早く踏みつけたい

マラソン大会と掲示板

西東京30K

大垣ハーフマラソン

大垣ハーフ

 

沿道にゴミ箱

マラソン大会には切っても切れないもの、それがゴミ箱です。

これだけ並んでいると捨てざるえない空気感。とてもいい運営してます。

愛媛マラソンゴール前

愛媛マラソン

 

手荷物預けトラックもマラソン大会必需品

スタート地点とゴール地点が異なるマラソン大会で必ずお見えになるのが手荷物預け用の大型トラックです。

ゴール後に何事もなく受け取る手荷物は、実にたくさんの人々によって守られています。

東京マラソンの手荷物預け

東京マラソン

京都マラソンの手荷物預けトラック

京都マラソン

 

トレランコースの道標

山深い中で神々しく光るLED、このようなコースロスがない配慮はありがたいものです。

こういった大会が愛され続いていくのです。初めてのトレラン大会にここを選んで正解でした。

トレニックワールドでは道標にLED

トレニックワールドin外秩父

 

サービス色々

普段は気にも留めないマラソン大会のマッサージサービス。

そう言えばどの大会にも必ずある記憶が蘇ります。タダなのだからもっと利用しておけば良かったと後悔しています。

アフターコロナではなくなっているかも
雪ん子

つくばマラソン会場

つくばマラソン

 

選手をサポートする補給食

各大会でスポンサーが提供してくれる飲料は多彩なものでした。

幾度となくランナーをサポートして下さり助かりました。この場を借りてお礼を申し上げます。

西東京30Kではアミノバリューが配布

西東京30Kにて

雪ん子
2つ取っちゃダメよ

 

マラソン大会のゴールはやっぱり特別

その大会に向けてコツコツと重ねてきた練習は、マラソンは決して裏切りません。そんな経験を何度もしてきたから言えます。

またいつの日か清々しい気持ちでゴールゲートをくぐりたいものです。

コロナが落ち着いた後の最初のゴールは、きっと今までにも増して特別で格別なものになるはずです。

サロマ湖ウルトラのゴールシーン

サロマ湖100Kmウルトラマラソン

      ランニング良著

      マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

富山マラソンゴール前 1

2021.7.29 更新 今秋のリアルフルマラソン先陣を切りそうなのが10月3日開催予定の松本マラソンです。 今では馴れっこになっていますが、感染状況次第では開催確定とはもちろんいきません。 先日の大 ...

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 2

2021.7.29 更新 雪ん子あの大会どうなのかなぁ 気になる2022年明けフルマラソン大会の開催可否情報を集めています。 都市型フルマラソン切望する私自身が今知りたい開催情報を集めたいという強い想 ...

富士山マラソンでフジパン提供 3

夕飯前に意気込んで家を出て、ロングランの結果ガス欠になること数回。 家族と食べ放題の外食へ赴き、今日は走る日と決めています。よって帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こ ...

東京マラソンゴール地点から東京駅を望む 4

東京マラソンは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。 東京を走りたくて続けていたジョギングがマラソンへ移行し、以降本格的にマラソンへはまっていきました。そして現在に至ります。 初めて東京マラソ ...

東京マラソンの手荷物預け 5

10月開催の東京マラソン2021要項が発表になりました。 各方面で物議を醸していますが、その内容に驚愕とした方が多いと思います。色々と発表になったのですが、ランナーにとって1番の難題が手荷物預けがない ...

-ひとり言
-,

© 2021  走るは旅なり