別府大分毎日マラソンで訪れた別府駅

https://running-is-traveling.com

雑談

マラソンを趣味にしたら、全国色々な所へ行けた

2022年4月12日

体重83キロからのダイエット目的で走り始めて22年、初マラソンから全国のマソン大会に出場して14年経ちました。

ダイエットを成功させ、フルマラソン走破タイムだって初めて走った湘南国際から43分縮めることができました。

そこで得られた達成感は何事にも変えられないものとなり、コロナ禍を経てもなお、まだまだ現在進行形でマラソンにどっぷりハマっています。

そんな中で自ら長いもので半年近く緻密に予定をたて、全国各地に遠征した体験そのものが人生の糧になっていると切に感じます。北から南から日本中には、どうしても行ってみたくなる素晴らしい場所に溢れています。


スポンサーリンク


今まで参加した県は27

まずは視覚的にわかりやすいように、白地図に色を塗れるサイトを探しました。

そしてヒットしたのが無料サイトの「白地図ジェネレイター」です。コストをかけ過ぎないことが正義でもありませんが、気軽に無料で利用できるで素材はありがたい限りです。

色付けは自由、タイトルもしっかり挿入できました。それがこちらです。

マラソンを趣味として行った県

数えたら27都道府県に訪問していたので、全国制覇まであと20となります。パッと見で住んでいる関東圏周辺は制覇済み、四国と九州は飛行機利用で順調に踏破中です。馴染みの東北も早い内になんとかなりそうです。

しかし圧倒的に土地勘のない中国地方がネックとなりそうです。離れ業として、長期休暇にてハーフ2連戦を走れば一気に塗り潰せそうですが、それは趣味を長く楽しむ趣旨に反しているのでヤメておきます。

まず次にどこへ走りに行くかは、気温の高低と美味いものがあるかどうかです。

 

地方マラソン遠征の本当の楽しみは食にあり

行った先々で美味しい地元食材を堪能してきました。走り終えた後だけに空腹感と喉の乾きが著しく、見慣れない食材に過敏に反応してしまいます。

雪ん子
結局のところ食いしん坊万歳

都市部で見かけるチェーン店にはない個性溢れるお店が地方には特に多く、マラソン後にどの店へ行くかの選択リサーチには特に時間をかけてしまいます。

これがまた楽しい時間なの
雪ん子

またロジスティックスの発達により、東京でも地方の新鮮な食材は堪能できますがそれでも尚、道の駅や直売所にはその土地でしか流通していない物販や珍味がたくさん置いてあります。

単に観光好きと言えなくもありませんが、それを眺めることが楽しく、精査発掘して持ち帰ることもまた趣味の一つになっています。

雪ん子
マラソンを口実に地方観光してるだけとも言える

越後湯沢秋桜ハーフマラソン後に地ビール最高

越後湯沢秋桜ハーフの帰りは新幹線で地ビール

大分のとり天

別府大分は定番のとり天

ハーフマラソン後に名古屋めし

大垣ハーフの帰り途中で名古屋メシを堪能

愛媛といえば蛇口からみかんジュース

愛媛では噂の蛇口ジュース

長野マラソンなら峠の釜飯

長野への道中なら峠の釜飯

富山マラソン後に白えび丼

富山マラソン翌日・帰宅前に白えび丼

京都・立ち飲みにて

京都マラソン後に立ち飲み巡り

鳥刺しは宮崎にマラソンで来たらマスト

宮崎の夜は新鮮な地鶏に舌鼓

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 1

2022.5.16 更新 スポンサーリンク どこのマラソン大会に照準を当てるか(2022年1月〜5月) 2022年1月〜5月 主要フルマラソン大会 開催可否   2022.5.16 現在   ...

富山マラソンゴール前 2

2021.12.22 更新 2021年秋冬フルマソン大会情報は残りわずかで更新終了となります。長らくアクセス頂いた皆様感謝申し上げます。 コメント下さった方、手が届かなかった情報提供ありがとうございま ...

東京マラソンの手荷物預け 3

10月開催(※2022年3月6日へ延期)の東京マラソン2021要項が発表になりました。 各方面で物議を醸していますが、その内容に驚愕とした方が多いと思います。色々と発表になった中で、ランナーにとって1 ...

富士山マラソンでフジパン提供 4

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

5

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

-雑談
-,

© 2022  走るは旅なり