マラソン練習

マラソン練習|ピッチを上げれば速く走れるようになるのか?②

2019年4月26日




 ガーミンデーターからピッチ走法を分析

今回のお題は、

GPSガーミンデータでピッチを分析し、ランニングをより良い方向に変えていこう

という内容です。


スポンサーリンク


丸一年分の練習データ

スマホやiPadに転送したデータ情報で、この1年間の練習を掘り起こしてみました。

己を知るためにデータ分析し、来シーズンはどこを着地点とするか?との壮大な考察となります。

参考としたデータはある程度の速さで走ったキロ4:00からキロ5:30までとしました。というのは、心肺機能への負荷が低すぎるランニングだと実践感が乏しくなってしまうからです。

Eペース走以下で負荷が低い緩ジョグや不整地ランは、ピッチとストライドに関して意味がない(疲労回復とかメンタル面には意味あり)と思うので今回の分析からは外しました。

 

GPSデータから分かってきたピッチとストライド(1年間の練習から)

まずは下記の表をご覧ください。

これは2018年4月3日から先日の2019年4月25日までに走った記録で、キロ当り5:30以上で走った全ての記録を抜粋したものです。

データをまとめるのに結構な時間を要しました。

ペース 平均ピッチ 平均ストライド サンプル数
キロ3:00-4:15 173.2 1.42 14
キロ4:16-4:30 171.6 1.33 12
キロ4:31-4:45 168.6 1.28 21
キロ4:46-5:00 163.6 1.24 33
キロ5:01-5:15 161.3 1.21 15
キロ5:16-5:30 159.0 1.15 34

サンプル数は実に129、1年のうちEペース以上のランを129回も行なっていた自分にまずびっくりしてしまいました。

そして一目で分かることは、結局は速く走るとピッチとストライドは伸びるということです。

当たり前と言えば当たり前の話ですが、逆説的に見れば速く走るためにはピッチかストライドを伸ばさなければならないことを自分のランニングデータが証明した形となってしまいました。

 

GPSデータから分かってきたピッチとストライド(1年間のマラソン大会から)

それでは次に、この1年間に出場したマラソン大会(2018年2月4日別大から2019年3月3日東京マラソン)と先シーズンの30キロ走のデータもまとめてみました。

大会名と練習30K 平均ピッチ 平均ストライド キロペース
2018.2.4
別府大分毎日マラソン
171 1.24 4:43
2018.9.23
一関国際ハーフ
169 1.24 4:45
2018.10.7
会津若松鶴ケ城ハーフ
172 1.28 4:32
2018.10.25
30キロ走
165 1.23 4:56
2018.11.4
天童ラ・フランスマラソン
173 1.31 4:24
2018.11.12
30キロ走
169 1.24 4:45
2018.12.19
30キロ走
172 1.26 4:37
2019.210
愛媛マラソン
171 1.24 4:43
2019.3.3
東京マラソン
170 1.28 4:40

普段からの練習の集大成である大会データです。まさに今の自分の実力を反映したものとなっています。

そしてこの1年間に出場したマラソン大会(ハーフ以上)と昨秋からの30キロ走の平均は、

平均(Av.)
ピッチ数170
ストライド1.26
ペースはキロ4:41

でした。

現在の私の走力はココだという位置をこのデータから真摯に理解し、そこから来シーズンのピッチ数UPにつなげていこうというのが今回の試みです。

※2018年11月25日の富士山マラソンは撃沈の末、徒歩を混じえたのでデータに入れません

 

ではどんなピッチを刻もうか?

ストライドの平均値はだいたい身長の約0.7倍と言われています。

私の場合は身長177cm×0.7=1.24がストライドの平均です。上記のストライド平均が1.26ですから平均値から離れておらず、私自身のストライドは極々一般的であることを示しています。

ではストライド1.26を変えずにピッチ数をどのくらい上げれば目指すべき記録を達成できるのかを計算してみました。

ピッチ ストライド キロペース 時速 フルのタイム
170 1.26 4:41 12.9km/h 3時間17分
175 1.26 4:32 13.2km/h 3時間11分47秒
180 1.26 4:24 13.6km/h 3時間6分9秒
185 1.26 4:17 14.0km/h 3時間0分50秒
190 1.26 4:09 14.4km/h 2時間55分48秒

 

私、サブ3を狙えるの?

机上の空論ですが、上の表の通り185ピッチを刻めれば、私も晴れてサブ3ランナーの仲間入りです。

いやいやいや、フルマラソン3:00:50ですけど・・・

サブ3に50秒足りないのですが、42キロもあるなら50秒くらいはどうにでもなるだろうと思っています。いや・・その時は何とかします。

 

実はまだない

気になるのことがあります。ピッチ数のアップを狙ってからすでに1ヶ月、5キロ以上のポイント練習でピッチ180以上を刻んだことが1度もないこと(汗)です。

やはりピッチを上げていくと心肺機能が追いつかない感じになります。

ここは閾値走とインターバルで心肺機能、そしてシザーズとウインドスプリントで速いピッチの動きを地道に身に付けていくしかないかと思います。

参考記事
おおがきハーフマラソンのゴール前の一コマ
マラソン練習|ピッチを上げれば速く走れるようになるのか?①

記事タイトルのごとくす。 ピッチ数を上げれば本当に速く走れ、タイムを縮めることはできるのか? というのが今回のテーマとなります。オフシーズン中だからこその考察で、今は絶賛ピッチ数UP計画を試行錯誤で実 ...

続きを見る

 

まとめ

データから導き出された数字は、私の実力の全てと言っても過言ではありません。

アップダウンがあるコースも平坦なコースも込みの記録を基にしていますから言い訳できない数字です。

ピッチ数を185に上げればサブ3が達成できる計算ですが、現状で180さえ記録してないのでストライドを少し伸ばして、

来シーズンはピッチ180、
ストライド1.3を目標にサブ3を目指します

これから気温が上がって走りづらい季節到来となりますが、(イチロー選手ばりに)地道に一つ一つ積み重ねて行けば自分を超えられると信じて精進したい所存です。

大濠公園のコース

その後
雨の京都マラソン2020、ゴール直前
ピッチ数は一筋縄ではいかない

少しでも自分のランニングフォームを分析し始めると、ピッチ数やストライド幅の大きさに結論を求める傾向があります。 以前の記事でピッチ数について探求し、走力アップを図ろうとしました。 あれから1年以上が過 ...

続きを見る

      注目サプリ

      ランニング良著

      ランニング良著2

アクセスが多い記事(直近3ヶ月)

四万十ウルトラマラソンの絶景 1

2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマラソンにどっぷり浸かった筆者がこの8年半で出走したマラソン大会は、完走証を頼りに調べると34レース※でした。 これが多いのか少ないのか分かり ...

コース作成にキョリ測は最適 2

アプリ「キョリ測」はスマホで利用する前、パソコン時代からもうかれこれ10年近くお付き合いある間柄です。 「キョリ測」は自らの好奇心のなすがまま、思いついたまま自由自在にランニングコースを作りたい欲求に ...

京都マラソン2020前日 3

この秋※多くの大会が予定通りにランナー募集を開始し始めたことは、ここ2年間コロナ禍により大会中止オンパレードを嫌が上にも経験したランナーにとって朗報となりました。 しかし蓋を開けてみると、コロナ前と比 ...

破れたランニングシューズのメッシュを補強 4

愛用していたランニングシューズのアッパー生地が破れてしまい、長い間慣れ親しんだシューズとの別れの時が近づいてきました。 あの真夏の灼熱下でも、あの真冬の吹雪の中で走った時でも共に頑張った盟友、アッパー ...

昭和記念公園外周ランニング 5

東京西部に位置するターミナルの立川駅、そこからほど近くに鎮座するのが、マラソンのローカル大会が多く開催される広大な昭和記念公園となります。 西東京30Kなどが開催されますがそれは置いておいて、昭和記念 ...

-マラソン練習
-, ,