多摩湖自転車道起点からランニング

https://running-is-traveling.com

ひとり言

久々の閾値走がキツさよりも気持ち良さが優った話

2022年6月11日

既出の通り私ごとですが先シーズンまとめの東京マラソンフルマラソンチャレンジ以来ずっと股関節を痛めています。緩く走りながら完治を目指すとしたので、これまで長かったのですがようやく良化してきました。

ランナーズの有料会員トレーニングに参加したことで痛みの療養と同時に、最も大事な体幹トレーニングを行うことで光明が差してきた感じで速いペースで走れそうです。

時期的に7月末の富士登山競走に備えなければいけないことがあり、完走ギリの走力なため守りの練習だけでは富士山に到底太刀打ちできないと自認しております。

よって痛みが大きく引いたこの時点で、実に4ヶ月ぶりの閾値走を敢行して今の実力を測ってみました。


スポンサーリンク


ペースは最初の2キロで決めた

前提として私の閾値走は教科書通りの20分間走ではなく、ガーミンで計測が楽な5キロ走としていると以前話しました。5キロを速めのイーブンペースで走ることで乳酸性作業閾値の向上を狙います。

2年前にも故障と猛暑を経て5ヶ月ぶりに閾値走をしたことをお伝えしたのですが、あの頃よりもコロナ禍を経て走力が落ちているであろうと思います。

そんな現状なうえにフルマラソンよりも速いペースは実に4ヶ月ぶりですから、それはそれは心身ともに堪えること間違いありません。なので事前にペースは決めず身体の声を聞き、最初の2キロで残り3キロのペースを決めることにしました。

参考記事
立川、昭和記念公園内のジョギングコース
マラソン練習|きついインターバル走はダニエルズさんに聞け

ランニング練習としてはキツい部類に属するインターバル走、早くも2回目の登場となりました。 1回目の記事はこちら>> 前回、インターバル走は全速力の80%で行うことを指南している情報が多数と話しました。 ...

続きを見る

マラソンフェスティバルin昭和記念公園WINTERにてマイペース

 

2月頃と遜色なしにビックリ

最初の1km〜2kmをキロ4:21、4:09ペースを刻んだ時計を見て、東京マラソンを目標にしていた厳冬期の閾値走と何ら遜色なく走れていてまずは安心しました。

フォームを上半身主導へ意識して変えてきたことにより、4ヶ月前より躍動感あるフォームで走れたタイムであり、取り組んだ前傾姿勢の有効性を短い期間で示したことに驚きを隠せません。

長い走歴で大小のケガは数知れずなのですが、故障明けや真夏など長期間の緩ジョグを重ねた末の再始動時において、休養前と同じかそれ以上の高パフォーマンスで走れた体験を何度かしました。

そんな事実から思うところは、積み上げた走力はその後負荷が低くなったとしても、全く走らないのでなければある程度は維持されるか、もしくは走力向上が叶う場合すらあると考えられます。

要するに走ることさえ止めなければ奏功する可能性があるということです。これは個人的な体験であり、個々人によって大きく走力に開きがあるのですが、皆に適応するかは別として多くの方に伝えておきたいと思います。

高負荷で追い詰めた練習は一段上のゾーンへ移行できる可能性を秘めているかもしれませんが、故障などでしばらく高負荷の練習から疎遠になったとしても、少なくとも市民ランナーレベルでは早急にどんどんと走力低下を招くわけではないと言いたいです。

東京マラソンの計測チップを装着

 

キツさの中に楽しさあり

4ヶ月ぶりの閾値走で変わらない走力

トータル5kmを平均でサブ3ペースで走れたことは、もちろん4ヶ月前より楽ではない事実が眼前にあるのですが、久々に感じるこのスピード感がとにかく気持ち良くて股関節の痛みなんか忘れて楽しめました。

峠走や不整地ランのような自然に寄り添うランニングは、野性味があって心身の安定に有意義であることは揺るぎありません。フルマラソン練習を目的としたペース走よりずっと面白みがあって飽きがありません。

それでも久々に心肺に強い刺激を入れ、上下半身の連動が取れたフォームがハマり、想定タイム以上を刻めました。もちろん閾値走ペースはそれはそれでキツさを伴うのですが、一方でランニングの楽しさの一面を感じ取ることができました。

ここまでランニングを20年以上に渡り趣味としているということは、どんな形のランニング(トレーニングでも緩ジョグ)であっても、やっぱり単純に走る行為が好きなだけだと改めて自覚することとなりました。

多摩湖ランニングの夕日を堪能

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 1

2022.6.22 更新 いよいよ2022年後半に向けて、各マラソン大会の公式発表がとても忙しくなってきました。 2022年後半の主要フルマラソン開催可否情報を収集して発信、 今後は週3回(月、水、金 ...

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 2

2022.6.1 最終更新 2017年開設以来最もランナーの皆様の興味を惹き付けた記事となり、ここはブログ史上最多アクセスを記録したページとなりました。 その間情報収拾が至らない場面があり、何通もご指 ...

3

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

富士山マラソンでフジパン提供 4

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 5

マラソンシーズンが終わり、のんびりとジョグを楽しんでいるところですが、参加してきたマラソン大会が結構増えたのでここで一旦まとめてみました。 2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマ ...

-ひとり言
-,

© 2022  走るは旅なり