ズームフライ3とフライニットとの比較

https://running-is-traveling.com

ラングッズ

ズームフライ3レビュー|2代目フライニットと3代目を比較

投稿日:2020年1月24日 更新日:




マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。

初めて買ったランニングシューズはナイキでしたが4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰でした。

しかし昨年ズームフライ・フライニットを履き衝撃を受け、固定観念は完全になくなりました。

そして今シーズンの勝負シューズとして進化版のズームフライ3購入の運びとなったのです。

多くのサイトでズームフライ3のレビューはされていますので、私は特に前作ズームフライフライニットとの比較を中心に話を進めて行きたいと思います。


スポンサーリンク


「あの靴のおかげで速く走れる」

のではなく

「あの靴のおかげで楽に速く走れる」

 

ズームフライフライニットとズームフライ3の比較

シリーズ第3弾「ズームフライ 3」は、アッパーやソールを含め前作からのフルモデルチェンジ版となります。

2作目「ズームフライフライニット」とはナイキリアクト、カーボンファイバープレート以外の共通点が容姿含めほとんどありません。

そこで、ぱっと見わかりやすい簡易的な比較表で話を進めていこうと思います。以降箇条書きとなります。

ズームフライ3開封

 

ズームフライフライニット ズームフライ3
1. 定価 17280円(税込) 17280円(税込)
2. 重さ(28.5cm) 271g 292g
3. クッション性 柔らかめ 硬め
4. 反発性 スゴイ スゴイ
5. ソールの厚み 3より薄め 厚い
6. アウトソール フラットな面にわずかなくぼみ 大きな縦溝が足裏全体に
7. 走行安定性 グニャッと感 前進方向に高い安定感
8. アッパー素材 ニットが足に密着 Viparweaveで硬め
9. サイズ感 足の形にフィット Viparweaveでゆとり
10. 履き心地 ニットが足全体を包み込む Viparweaveで余裕あり
11. グリップ感(雨天時) スリップする スリップしない

 

1. 定価は?

どちらも低下は同じ、新しくなっても価格は据え置きです。

どのみち定価では高くて手が出せない懐事情なので、ズームフライ3はネットで安くなった今が買い頃だと思います。

ヴェイパーにせよ、ズームにせよ安い買い物ではありません。路面店で試し履きや、ランステでレンタル試走を経てからネット購入が今や一般的ではないでしょうか。

大体12000円前後で購入可能なのが2020年4月の相場となっております。

 

2. 重さは?

ズームフライ3となり、見た目も装着感も重厚感が増しました。

ズームフライフライニットより20g(自分サイズ比)重量増加、こんな少しの差なのに走っている最中は確かな重みを感じます

これをデメリットとして受け止めるかは別として、28.5cmサイズを購入した私には控えめに言って重い靴です。

フライニットズームフライ・フライニットの重さ
271g

ズームフライ3ズームフライ3重さ28.5cm
292g

 

3. クッション性について

ファーストインプレッションはズバリ、クッション硬くなったなぁ・・でした。

両方共に素材はナイキリアクトなのでクッション性の高さは十分感じられるのですが、接地感の変化は顕著で「硬い」と感じます。

何回かポイント練習で履いてみると、フライニットの方が自分には合っていたかも・・との想いが募ります。

真新しいズームフライフライニット

1年前購入時の真新しいフライニット、今でも現役バリバリです。

いいものはいい
ズームフライフライニット使用感
ズームフライ・フライニットレビュー|クッション性と反発力を併せ持つ武器

年末の故障から再起を賭けるべく調子が上がってきたので、今シーズンのレースシューズを模索してました。 故障直前のロング走後に痛めたふくらはぎ下部をさすりながら、薄底シューズのダメージに甚だ嫌気が差してい ...

続きを見る

2019年つくばマラソンで泥だらけ

2019年つくばマラソンの会場で泥だらけ

 

4. 反発性について

ズームフライはミッドソール素材「ナイキリアクト」にカーボンファイバー製のプレートが内蔵され、その圧倒的な反発力が推進力を生む仕様となっています。

もちろんそうなのですが、実はカーボンの硬さでシューズに安定感をもたらしているとの実感があります。リアクトフォームの不安定なふにゅふにゅ感をカーボンで抑えるイメージです。

カーボンプレートの反発とリアクトのクッション性で、体幹を軸に腕と脚を振り子のようにトントンと置いていくと、自然と楽にスピードに乗る事ができます。

メーカー側の緻密に計算されたバランスを体感できるのがズームフライシリーズです。

 

5. ソールの厚み

ソールの厚みにより前のめりとなり、その前傾姿勢で前に脚が勝手に運ばれていきます。

オフセット(つま先とかかとのソールの厚さの差)が前モデルフライニットの11mmから8mmへ変更され、傾斜がゆるくなったことでシューズ全体の独特なクセが少なくなったのは個人的には残念と思えます。

好き嫌いの差が大きいシューズというより、万人受けを狙った扱いやすいシューズに変えてきたと言えます。

また、ミッドッソールが見た目ボリューミーになり傾斜が減ったことで、アキレス腱やふくらはぎへの負担軽減に寄与しています。

ズームフライ3のミッドソールは厚くなった

確かに厚いわ・・・

 

6. 7.  アウトソールで走行が安定

もともとリアクトのミッドソール素材は柔らかくクッション性が高いものです。

なのに接地が柔らかく感じたフライニットより、ズームフライ3は明らかに安定感が高いのはこのアウトソールの硬さが原因だと思います。

アウトソールは前作とは全く異なる形状で溝を切った仕様に大幅変更となり、直進安定性とグリップ力向上に役立っています。

確かに前足部と踵部分に装着されたラバーは見るからにフライニットよりグリップ力がありそうです。

実際に走ってみるとこの南北の縦線の刻みが走行時の安定性に大きく貢献、この変更点は大いに気に入ってます。

また耐久性に関してフライニットは購入して1年、レースやポイント練習で積極的に履いた割にまだまだ使える状態です。おそらくズームフライ3はそれ以上の耐久性を備えているので練習シューズ向きとも言えるかもしれません。

ズームフライ3のアウトソール

しっかりとした溝あり

 

8. アッパーについて

フライニットはその素材上どうしても雨で濡れると重くなる弱点がありました。

2019年雨の東京マラソンでアッパー素材が水分を吸収し、シューズ全体が重い感覚がレース中ずっとにありました。

これで42キロ走ったらロスは如何ほどだったのでしょう?晴れていればもう3分くらい早くサブ3.15だったかもしれません。

しかしズームフライ3ではこれが解消されています。

アッパー素材にヴェイパーフライネクスト%と同じViparweave(ヴェイパーウェーブ)というビニール素材を使用、水分を通さない仕様でフライニットの弱点を克服しました。

実際に先日、雨の皇居でその効果を実証体験済みです。普通の降雨では濡れてる感がなく、フライニットではこうはいかない、と感じたものです。

ズームフライ3のアッパー素材

水分をはじく感じ

 

9. サイズ感はどう?

フライニットよりワンサイズダウン(0,5cm)がおすすめです。

私自身はフライニットと同サイズを購入して不満なく使えています。

しかしフライニットがズームフライ3より締めつけてフィットすることを考えると、締め付けが減った分もうワンサイズダウンで注文して丁度いいかもしれません。

 

10.  履き心地って?

個人的には伸縮性が高く、足へのホールド感(密着感)が強いフライニットの方が好みです。

フライニットはこのニット感が最大の武器で、雨さえ降らなければホント扱いやすいシューズです。ニットが足を包む強さが絶妙で、シューズを履いた時の足の自由度が高いと感じてます。

対してズームフライ3は、厚手のソックスのような生地なので優しく足を包んでくれます。

シューズのかかと感触って意外と重要で足を入れた瞬間に「いい」「わるい」が分かるものです。

このゆとり感を伴ったフィットだと速く走った時に脱げそうになって気になってしまうのですが、脱げることはありません。

 

11. 雨天時のグリップ力について

ウェット状態の路面でフライニットでは、アウトソールのグリップ感が不十分なのは常に感じていました。

富士登山競争五合目コースで使用した際は馬返し以降のウェットな路面で滑る滑る・・

また雨天時のポイント練習で滑る滑る・・

しかしズームフライ3ではフライニットで不満だったウェット路面時のグリップ力の低さが解消されています。特にアップダウンで感じた蹴り出し時のスリップ感がなくなりました。

車に例えるとトルクフルな感覚と言いましょうか、これは履いてみないとわからない感覚です。

ズームフライ3はグリップ感が強い

雨でもこの溝でしっかりグリップ

 

結局ズームフライ3ってどうなの?

世間を騒がせた話題の「ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%」ですが、ズームフライ3は上位版の廉価版的な位置付けなのは否めません。

しかしこのシューズでゆっくり目のジョギングからポイント練習のインターバルまで試してみたところ(キロ7分〜3分40秒)、どの速度帯でも走れると感じました。

あくまでも主観ですが、このシューズの触込みはエリートモデルなのでキロ3分台で走らなければポテンシャルを発揮できない、とは全く感じません。

サブ3以下レベルのランナーのレース用、またはトレーニング用に適したシューズだと思っています。そのレベルの私が感じたのだからそうなんです、多分。この点ではズームフライフライニットも同じでした。

最後に端的に新旧ズームフライの違いを感覚的な表現でまとめると、

ズームフライフライニットが軟派ならズームフライ3は硬派なシューズ

となります。

        マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

富士山マラソンでフジパン提供 1

夕飯前にロング走に出掛けガス欠になること数回。 食べ放題の外食30分後にランニングへ出掛け吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 そんなキツイ経験ありませんか? 今回は食前・食後のランニングについて考えて ...

2

東京マラソンは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。 東京マラソンを走りたくてランニングがマラソンへ移行し、それ以降本格的にマラソンへはまっていきました。 初めて東京マラソンへ挑戦しようと思っ ...

越後湯沢秋桜ハーフマラソンは暑い 3

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

ズームフライ3とフライニットとの比較 4

マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。 初めて買ったランニングシューズはナイキでしたが4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰 ...

江ノ島ランニング 5

目次1 ランニングにおけるダイエット効果とは?2 始めたランニングに立ちはだかる大きな壁3 私が確信を持って言えること4 永遠の減量モード突入か?5 まとめ ランニングにおけるダイエット効果とは? テ ...

-ラングッズ
-

Copyright©  走るは旅なり , 2020 All Rights Reserved.