https://running-is-traveling.com

ひとり言

初マラソン挑戦へのススメ

投稿日:2017年11月23日 更新日:


スポンサーリンク





人生に1度くらいはマラソンに挑戦しませんか?

朝の気温がぐっと下がってきた今日この頃、マラソンシーズンが今年も本格的に始まりました。

ランニングを趣味に持つ多くのランナーが日本各地の大会に参加している姿を見て、このスポーツは完全に市民権を得たな、と思えてきます。

初挑戦してる人々は結構多い

ここ最近ランネットの大会レポを読んでいて特に気づいたこと、それは初マラソンに挑戦している人が今でも実に多いことです。

マラソンブームがひと段落した今、ランナー増加により大会参加への抽選や先着クリック合戦が熾烈極まりない現状を踏まえると、今現在でも多くの方が新たにマラソンに挑戦していることに少し驚いてしまいました。

生きている間に1度は富士山に登りたいと思う人が多い様に、人生で1回くらいはフルマラソンに挑戦してみたいって人が増えているのかもしれません。

それがどんな理由にしろ何かに挑戦し、自分でも出来るかもしれないと思うことから新たな世界が広がっていくものだと信じています。富士登山競走、馬返し

「初マラソン」は特別です、思っている以上に

長い人生は実に多くの初体験に満ち溢れています。

マラソンを走ってみるか、と思った誰もが経験する初体験、それは初マラソン」です。

この先々もフルマラソンを走るにせよ走らないにせよ、初マラソンを経験できるのは誰でも人生で1回コッキリです。

結果はともかく、参加するだけで一生の思い出になるのが初マラソンです。

私自身もフルマラソンに数多く参加してきて、印象が薄くすぐには思い出せない大会が結構多くなってきました。

しかし、人生で初めて42.195Km走ったあの日のことは深く記憶に刻まれてします。

私にとっては大げさですが、人生が変わった日の一つです。

 

初マラソンに向けてのトレーニングは何するの?

42.195Kmなんていう途方も無い距離を初めて走るに当たって、どんなトレーニングに取り組むべきか?

残念ながら私は専門的な知識があるわけではないので、週に何キロ走ってとか、直前はこんな練習してといった内容は、ラン系の他サイト情報や専門書籍に譲るとして、私が経験して伝えられることは次のことです。

今ならこれが必要だと言えます

フルマラソン完走を目標にしたならば、最低限ゴールまで長い時間体を動かし続けなければなりません。

42Kという距離にこだわり、時間を考慮せずに走る距離だけを伸ばす練習に取り組んでしまうと本当の意味で完走するスタミナがつきません。

私は、動き続ける時間が大事だと思います。

完走を目指す多くの人が4時間から6時間もの長時間、体を動かし続けることになります。

果たして練習段階でそれ程の長時間、運動を続ける人はいるでしょうか?

もし、初フルマラソンに不安を抱えていたり、思った程練習に時間を割けなかった人は、1回でいいので5、6時間体を動かし続ける練習を取り入れてみて下さい。

これは私が初めて100Kウルトラマラソンを走り、残り30Kもの距離を全く脚が動かなくなって大撃沈した経験を糧にしています。

続く2回目のウルトラマラソンでは長時間体を動かし続ける練習を数回取り入れ、1時間以上タイムを縮められたのです。

初マラソン完走を目指す方で初めから歩きを前提にマラソンに挑む人はいないでしょう。

しかし実際には終盤には脚が動かなくなり歩き出す人が大半です。

できれば完歩ではなく完走したいと思って初マラソンに挑むなら、ぜひとも1回でいいので長時間動き続ける練習を取り入れてみて下さい。

 

人生で初めて42Kを走るあなたにぜひ伝えたいこと

おそらく初マラソンを迎えるに人の中で、事前に42Kも練習で走しる人は皆無でしょう。

きっと30Kくらいまでの練習が現実的かと思います。

大会当日、生まれて初めてフルマラソンの距離に挑戦するあなたに伝えたいことは

 

決してあきらめないで欲しいです

 

練習してきた自分をあきらめないで欲しいです。

人間の体の順応力はとにかく凄いんです。

たとえ歩いたっていいからゴールを目指して欲しいのです。

コース上に他人がいても、一般ランナーにとってマラソンは他の誰かとの競争では無いのですから。

いつだって対戦相手は自分自身の心の中にいます。

終盤から途方もなくゴールが遠く感じても、体を動かし続ければ、ゴールは必ず来ます。

決してあきらめないで歩んで欲しいです。

なぜならゴール地点には、他では味わえない圧倒的達成感があるからです。

        マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

富士山マラソンでフジパン提供 1

夕飯前にロング走に出掛けガス欠になること数回。 食べ放題の外食30分後にランニングへ出掛け吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 そんなキツイ経験ありませんか? 今回は食前・食後のランニングについて考えて ...

2

東京マラソンは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。 東京マラソンを走りたくてランニングがマラソンへ移行し、それ以降本格的にマラソンへはまっていきました。 初めて東京マラソンへ挑戦しようと思っ ...

越後湯沢秋桜ハーフマラソンは暑い 3

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

ズームフライ3とフライニットとの比較 4

マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。 初めて買ったランニングシューズはナイキでしたが4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰 ...

江ノ島ランニング 5

目次1 ランニングにおけるダイエット効果とは?2 始めたランニングに立ちはだかる大きな壁3 私が確信を持って言えること4 永遠の減量モード突入か?5 まとめ ランニングにおけるダイエット効果とは? テ ...

-ひとり言
-,

Copyright©  走るは旅なり , 2020 All Rights Reserved.