https://running-is-traveling.com

役立ち話

ランニングにはサングラスが必要だ

投稿日:2018年7月11日 更新日:




老眼が始まったくさいのですが、視力が良いためメガネをかける機会はほとんどありません。走り始めて十数年サングラスをかけて走った経験は今年(2018年)までありませんでした。

なぜなら視界が少しでも遮られるのが不快な性分だからです。

どんなに吹雪いていても、スキーやスノボ中はゴーグルを装着せずに滑るのが常でした。

それがたまたま頂いたサングラスを掛けて走った別府大分毎日マラソンを契機に、私の意識がガラッと変化しました。サングラスが単に眩しさから目を守る為だけに存在するのではないことを知ったからです。


スポンサーリンク


リバティコースをランニング

 

なぜランニング中にサングラスをかけるのか?

今年(2018年)の別大マラソン当日は、真冬とは「今でしょ」と思うのに十分な風が強い寒い日でした。

晴れの舞台でカッコつけて走ってやろうと、普段は決して身に付けないサングラスを掛けて走ってみるとあら不思議、目に風が直接当たらないので目の乾きを防ぎ、ホコリが入るわけでもなく、僅かながらですが顔の寒さ対策にもなりストレスなく走れたのです。

ネットで調べてみた結果、サングラスを掛ける目的がいくつかわかったので、その後は頻繁に掛けるようになりました。

 

疲労軽減ため

紫外線は多く浴びると肌に悪く、皮膚ガンになるイメージがまず浮かびます。それもあるのですが、目に紫外線が当たると疲労が増すのです。

目に入った紫外線により脳下垂体で疲労物質が成形され溜まっていきます。

しかしサングラスを掛けることによって、紫外線をカットし疲労物質を最小限に抑えるのです。

フルマラソンやウルトラマラソンでは、そうでなくても長時間のランで肉体的に疲れてしまいます。長時間紫外線にさらされる環境下で無駄に疲れないためにもサングラスは必携です。

 

メラニン色素沈着防止のため

紫外線により角膜が刺激を受けると、脳下垂体に伝わり、メラニンを体内で作ってしまい肌が日焼けのように黒くなったり、シミとなるとの報告があります。

日焼け止めクリームをしっかり塗ったり、服を着て肌に紫外線が直接当たらないようにしても、シミができるのはこのためです。

女性は特に気になるところですが、目を紫外線から保護しなければ肌が黒くなるリスクがあるということを知っておきましょう。

肌の日焼けを気にしている人は、目からの入る紫外線のダメージを気にするべきなのです。

 

眩しさのため

そしてサングラスと言えばやはり眩しさを防ぐためのアイテムです。

晴天でのランニングでは否応なく日差しが眩しく感じます。眩しさがストレスになり、ストレスが疲労となります。

眩しい真夏ランにはサングラス

 

風を防ぐため

特に冬季は走っていると、冷たい風が眼球に当たって涙が出てしまいます。強風の中では、目の前が涙で滲むので視界が遮られとても不快です。

しかしサングラスがあれば、冬に泣きながら走ることはなくなります。

風を遮るので目の乾き防止にもなるので、まばたきの回数が減ってさらに走りに集中できる環境が整うのです。

 

ゴミを防ぐため

ランナーなら納得してもらえると思いますが、走っていると春夏秋冬いろいろな異物が目に入り込んできます。

サングラスは砂ボコリ、花粉、虫、雨、雪などの異物を遮ってくれます

特にフラストレーションになるのが、何と言っても虫です。春から初夏にかけてが1番多いように感じます。

雨上がりの皇居は最悪です。お堀があるからなのか、大量の虫が飛び交い、目にも口の中にも入って集中できません。

お堀があって虫が多い皇居ラン

 

走りに集中するため

目に入ってくる情報をサングラスで制限できるのでランニングの集中力が増します

景色や標識、応援者などに視線を向けてばかりいると疲れが増します。

レース中はなるだけ視線を動かさず、まっすぐ前を見据えて走りに専念したい人にはサングラスが有効です。

 

表情を見せないため

たくさんの心温まる声援を沿道から受けたり(特に子供)、長い鍛錬を続けベストタイムが近づいてくると感極まってしまうことがあります。

こういうときには涼しい顔して目に涙、見られたくない表情を隠せるのがサングラスです。

いい歳した親父が号泣でゴールでは恥ずかしいものです。

 

カッコイイため

ファションのひとつとしてサングラスを掛け、ランキャップやランシャツと合わせたりと、様々なコーディネートを試してみるのは楽しいものです。

サングラス一つで見た目のシュールさはだいぶ変わってきます。

誰にアピールするわけではありません、自己満足の域は出ません。

 

サングラス選びのコツ

デザインや重さも大切ですが、まずは掛け心地が良いものを選択すべきです。

サイズ感が合わなく頭部への締め付けが強いと、痛みを伴いストレスとなって長時間の使用に耐えられなくなってしまいます。

そこでサングラス選びのコツを列挙してみました。

 

Amazonで調べる

メーカーはたくさんありますが、リーズナブルでamazonのレビュー件数が多い(100件以上)、且つ☆が多い(4つ以上)ものから選んでみてはどうでしょう。

レビュー数が多く評価が高いものには、それなりの理由があります。

 

紫外線透過率

ポイント

「紫外線透過率0.1%以下もしくは、UVカット99.9%以上」の表示のものを選んでおけば間違いありません。

 

可視光線透過率

目に見える光をどの位通すかという値です。

強い日差しの晴天の日
→レンズの色が濃く、可視光線透過率15%位のものが眩しさを防ぐのに効果大

 

曇天や雨天の薄暗い日
→レンズの色が薄く、可視光線透過率が高いものが効果的

 

全天候型
→可視光線透過率20〜40%のもの

レンズが5枚も付属するモデルがあるので、その日の天候状況によって使い分ければ良いでしょう。

 

曇り防止は重要

曇ってしまうのは、とにかく通気性が影響します。

通気性があればサングラス内の湿度が上がらず、サングラスは曇りません。

デザインにそんな工夫があるものを選択してはどうでしょう。

FERRYは付属品が多くてコスパが高い

 

おすすめブランド

さあ買おうか、と思っても1番の難点はサングラスが結構高価であることです。

いいものは高いと割り切れる人だけではないでしょう。

私自身がオークリーをスタンダードと捉えていたため、調べると意外にもお手頃価格のサングラスが多いことに驚ききました。

そのいくつかを紹介したいと思います。

 

OAKLEY:レーダーロックパス

まずは価格がお高い代名詞のオークリーです。

プロアスリートが掛ける定番中の定番モデルです。プロモーション活動で各競技のトップアスリートに掛けてもらい、スポーツサングラスと言えばオークリーと世に広まりました。

安いものではないので、使用に気を使うのがネックですが、掛けているだけで所有感を満たしてくれます。

日本人の骨格向け、アジアンフィットタイプがあり選択肢は無限です。

SWANS:SOU(双)

あの野口みずきさんが金メダル獲得時に掛けていたのが、この「双」でした。

フレーム形状にカーブが利いていて、日本人の骨格に合うように作成されています。

信頼のMade In Japanで日本人にフィットし、15gという超軽量、高耐久性モデルです。

アシクッス:タイプNV

誰もが知る日本が世界に誇るスポーツメーカーです。

可視光線透過率96%で、暗い夜道でも視界が明るく、「ナイトラン向け」のサングラスを探しているランナーにNVは向いています。

タイプNV(ナイトヴィジョン)のレンズは、可視光線透過率が高くクリアーレンズと同じく非常に明るいレンズです。ブルーライトを70%カットし、夜間のランニングでは暗い場面であっても、路面の凸凹をクッキリと浮かばせます。

FERRY

Amazonで人気NO.1になり、低価格に関わらずレンズ5枚(偏光レンズあり)、落下防止ストラップ、インナーフレーム(度が付いたレンズを装着可)、専用ポーチ、メガネ拭きも付属で2280円、とにかく尋常じゃないコスパの高さが売りです。

 

↓実際に買ってみました↓

FERRYランニング用サングラスはコスパ最強でとにかく安い!

実際に使用し、実用的なグッズだけを紹介します   基本的に実用性が高いギアを紹介するつもりなのですが、価格は高いもの安いもの問わず、その都度幅広く伝えられればお役に立てるかなぁと思っています ...

続きを見る

        マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

富士山マラソンでフジパン提供 1

夕飯前にロング走に出掛けガス欠になること数回。 食べ放題の外食30分後にランニングへ出掛け吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 そんなキツイ経験ありませんか? 今回は食前・食後のランニングについて考えて ...

2

東京マラソンは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。 東京マラソンを走りたくてランニングがマラソンへ移行し、それ以降本格的にマラソンへはまっていきました。 初めて東京マラソンへ挑戦しようと思っ ...

越後湯沢秋桜ハーフマラソンは暑い 3

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

ズームフライ3とフライニットとの比較 4

マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。 初めて買ったランニングシューズはナイキでしたが4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰 ...

江ノ島ランニング 5

目次1 ランニングにおけるダイエット効果とは?2 始めたランニングに立ちはだかる大きな壁3 私が確信を持って言えること4 永遠の減量モード突入か?5 まとめ ランニングにおけるダイエット効果とは? テ ...

-役立ち話
-

Copyright©  走るは旅なり , 2020 All Rights Reserved.