越後湯沢秋桜ハーフマラソンは暑い

https://running-is-traveling.com

役立ち話

マラソン(走ること)と気温|パフォーマンスへの影響大

投稿日:2017年12月14日 更新日:




『あぢぃーー』

勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか?

個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚しています。そのくせ夏のランニングは大好きと言う変わり者なのです。

ラン歴を振り返ってみると、走っている途中から体が動かなくなり撃沈した練習やレースは気温が高い日がほとんどでした。


スポンサーリンク


撃沈したレース日の気温を調べてみました

今まで漠然と気温が高いとレース後半に失速するなぁ、との認識はありました。もちろん気温だけが原因ではなく、準備不足や突っ込み過ぎなどが理由の場合もありました。

そこで、撃沈時の過去のレース開催日の気温を紐解くと、興味深いことにその大会は気温20℃以上で行われた大会でした。

 

21℃   2009.11.8 湘南国際マラソン
(忘れることはない初マラソンでこの洗礼)

20℃   2011.11.3 湘南国際マラソン
(大撃沈の諦めモードでフルワースト記録)

24℃   2011.11.20 ふじの国新東名マラソン
(運営面ではもはや伝説の大会)

24℃    2015.4.5 さが桜マラソン
(シーズンラストに九州まで行ってこの仕打ち)

22℃   2017.11.3 ぐんまマラソン
(30Kでノックアウトでエイド巡り)

26℃  2018.9.23 一関国際ハーフマラソン
(ゴール後のアイスがオアシス、初秋を侮ってはいけません)

31℃   2019.8.5 こりゃ多摩ラン
(灼熱の炎天下で失速)

 

気温が高い中で長時間に渡り体を動かすことで、発汗量が増え体温調節がうまくいかなくなります。体の水分やら電解質であるミネラル分やらが汗とともに排出され、心拍数が上がった結果、パフォーマンスが大きく低下するのです。

真夏の風物詩

 

走る際のベスト気温は?・・・ (主観的考察)

気温なんて気にせず、メジャー大会ばかりに参加していた時期がありました。

せっかく遠征までして迎えた1万人規模の大会でも、暑過ぎて後半に大失速すること多数。

振り返ってみると、ランナーにとって11月は鬼門月です。

なので今後11月のフルを走ることは高地以外は、私はないでしょう。

追記:暑いからと言って記録が狙えないだけ、純粋に走ることを楽しむようになっています。そこで2019年は富山マラソン(10月)、つくばマラソン(11月)に出場します。

 

レース前に気になる重要事項

私がレース1週間前からヤキモキすることは、雨風などの天候よりもまずはレース当日の気温についてです。

晴れていても寒けりゃOK、風の強さよりもコースの高低差よりも、まずはレース当日の気温が1番の懸念材料です。

 

パフォーマンス発揮の気温上限は?

私はここ2年、練習時の気温も記録してみた結果、しっかりとパフォーマンスを発揮できる気温の上限は15℃だと分かりました。

これ以上高いと、つまり気温が16℃以上になるとどんどんパフォーマンスが落ちていくのです。

季節で言えば4月頃からオフシーズン到来となりジョグがメイン、ポイント練習も短い距離主体のスピード系に偏ります。

なぜなら発汗が多くなって真冬のようなロング走が思い通りにいかなくなるので、どうしたってスタミナ系よりもスピード系の練習に偏ってしまいます。

 

では自己新が出た時の気温は何度なの?

ベストパフォーマンスを発揮して、フルマラソンでベストタイムを出したレースは気温10℃を超えない寒い日でした。

下の表は私がマラソン大会でベスト記録を更新した日の最高・最低気温、スタート時・正午・午後3時の気温を気象庁のHPでさかのぼって調べてみました。

 

最高気温 最低気温 スタート時 正午 午後3時
佐倉マラソン2010.3.28 6.8 3.3 5.6 5.4 4.6
京都マラソン
2012.3.11
11.7 1.2 5.4 9.2 9.6
長野マラソン
2013.4.21
6.1 -0.5 0.5 2.8 5.3
静岡マラソン
2015.3.1
10.7 8.0 8.7 8.4 8.1
東京マラソン
2016.2.28
15.0 3.7 9.8 13.8 12.6
和倉万葉の里マラソン
2016.3.13
9.4 -0.8 4.5 8.5 9.1
奈良マラソン
2017.12.10
13.1 2.5 4.0 8.7 12.0
東京マラソン
2019.3.3
10.4 4.4 4.4 5.7 6.2
平均(℃) 10.4 2.7 5.4 7.8 8.4

 

大体のマラソン大会が9時スタートです。私が3時間40分〜17分で更新してきたので、ご覧のように走っていた時間は正午過ぎくらいまでで10℃以下だとわかります。

寒い日の方が汗をかきづらく水分や電解質不足にならず、心拍数だって上がり過ぎず実力を存分に発揮できるのだと思います。

個人差はもちろんありますが、それでも10℃以下の寒い日にベストタイムを出す人が圧倒的に多いと思われます。

マイベストが出た奈良マラソン




 

マラソンのベスト気温は?・・・(客観的考察)

では私個人のことではなく一般的にはどうなのでしょうか?

科学的な研究はないのか?

とネットサーフィンしていると次のような論文を見つけました。

 

フランスの研究結果より

2012年に「フルマラソンの記録に影響する環境要因は何か?」というテーマの学術論文が発表されました。(フランス研究から引用)

研究結果は走力に関わらず最も影響が大きい環境要因は気温であるという結論となっています。

この論文の中で10℃以下(6℃〜8℃)が最もパフォーマンスが向上すると言われています。

走行中に体から出る熱を、冷たい空気が冷却してくれる10℃以下が丁度良いという事なのでしょう。11℃〜13℃ならば気温面では実力を発揮できると書かれています。

しかし15℃をオーバーするとパフォーマンスが低下し始めるとあります。16℃〜18℃まで気温が上昇すると、ゴールタイムが5%程悪化すると発表されています。

4時間で走るランナーの記録が4時間12分になってしまう計算です。

 

研究通りの私の体

私の場合、まさにこの論文の結果がズバリ当てはまります。

これには驚かされました。

絶対に他人よりも暑さに弱いと思っていたのですが、ごくごく平均的なランナーだと分かりちょっぴり安心してしまいました。

晴れ渡る奈良マラソン

 

気温を考えるなら対策はこれ

もしもフルマラソンで本気で記録更新を狙うなら、シーズン(10月〜4月)最後の大会は2月に照準を合わせた方がいいかもしれません。

 

20℃前後になる可能性がある時期の大会は避ける

気温の影響を受けにくい12月〜2月の大会を選ぶことが、満足いく結果を得る近道と言えるでしょう。

誰でもシーズンのオーラスはベスト記録を出して終わりたいと意気込むものです。それはそうです、地道に練習してきた集大成なのですから、ベストタイムを出して締めくくりたいと思うのは当然です。

それなのにオーラスを飾るレース当日が最高気温24℃とかだと、暑さに慣れていない体は一気に消耗し脚が止まってしまいます。ですから最高気温が10℃前後の大会を狙い撃ちするのなら、遅くても3月中旬までの大会に出場した方が無難でしょう。

 

身に付けるウェアで体温調整

気温が同じであっても、晴れている、雨が降っている、風が吹いているといった気象条件によって体感温度は大きく異なります。

体感温度を下げるためにウェアだって工夫した方が良いでしょう。気温上昇が見込めるのなら、スタート時は寒くても我慢し、極端なくらいの薄着の方がレース中は走りやすいものです。

参考になるか分かりませんが、私は半袖シャツで胸元がジッパーになっているものを好んで着用しています。

ジッパータイプのランシャツは、体感温度が高い時はジッパーを下げて開襟にし、冷えてきたら閉めるなどし、体感温度を自在に調節できるメリットがあります。暑くなった時に胸元全開で走るのは気持ちがいいもので、体感温度を下げたおかげで発汗を抑え、後半まで失速せずに済んだレースは沢山あります。

また先日の奈良マラソンでは、日中の気温が10℃以下でも太陽が出ていたので意外に暑く感じる区間があり、腕に装着したゲイターを上げたり下げたりして体温調節をしました。

この行為はベスト更新へ貢献しました。

 

補給食、給水でも対策

気温が16℃以上に上る大会なら、熱中症対策は勿論、レース前レース中の補給食や給水の摂り方において事前に作戦を練る必要があります。

例えば、レース中の脱水症状を防止するためにレースの2、3日前から小まめに水分を摂取して水分を体に溜め込むウォーターローディングがあります。

またミネラル分を多く含むジェルやタブレットをレース中に多めに携帯するといった対策が考えられます。

塩熱サプリはジョギングからウルトラマラソン、トレイルランまで携帯するランナーが多く高い支持を得ています。私自身も何回も救われています。

 

まとめ

10月、11月、3月、4月のフルマラソン大会では16℃以上になる機会が少なくありません。この場合、実力を発揮できない可能性があります。

もし気温上昇が予報されているのならば、「明日のフルマラソンは厳しい戦いになるな」との覚悟はしておいた方が身のためです。

フルマラソンでベストタイムを狙うなら、気温10℃前後でベストパフォーマンスが望める12月上旬〜3月中旬までの大会に絞るのが得策です。

統計的に学術論文で証明されている10℃以下の環境下でマラソンを走り、ベスト記録を狙いましょうということです。

しかし忘れてはならないのは、走ることは決して記録狙いだけではないことです。

あえて暑い時期の大会(北海道マラソンとか)を選択し、旅行がてらに走るのもラニングの楽しみ方の一つだと思います。その方が長期に渡って趣味のランニングを楽しめる気がするのは私だけではないでしょう。

大井川リバティコースは開放感が最高

大井川リバティコースにて

 

        マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

富士山マラソンでフジパン提供 1

夕飯前にロング走に出掛けガス欠になること数回。 食べ放題の外食30分後にランニングへ出掛け吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 そんなキツイ経験ありませんか? 今回は食前・食後のランニングについて考えて ...

2

東京マラソンは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。 東京マラソンを走りたくてランニングがマラソンへ移行し、それ以降本格的にマラソンへはまっていきました。 初めて東京マラソンへ挑戦しようと思っ ...

越後湯沢秋桜ハーフマラソンは暑い 3

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

ズームフライ3とフライニットとの比較 4

マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。 初めて買ったランニングシューズはナイキでしたが4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰 ...

江ノ島ランニング 5

目次1 ランニングにおけるダイエット効果とは?2 始めたランニングに立ちはだかる大きな壁3 私が確信を持って言えること4 永遠の減量モード突入か?5 まとめ ランニングにおけるダイエット効果とは? テ ...

-役立ち話
-, ,

Copyright©  走るは旅なり , 2020 All Rights Reserved.