真夏はシーズンオフ、緩ジョグに徹する

https://running-is-traveling.com

ひとり言

夏は緩〜いランニング

目標としていた富士登山競走が終わり、今年も本格的な夏ランの時期がやってきました。

といってもガムシャラに走り込むランニングはしばらくはオサラバです。

昨秋のシーズンインからずっと気にしていたキロペースは、1キロ毎に腕がブルっても時計を見ることは夏はほとんどなくなります。

そんなのどうでも良いのがオフシーズンであり私にとって短い夏は、どこにでも行ける気ままなランニングを楽しむ季節でもあります。

夏のランニングは川沿いがベスト

 

富士登山競走翌日からは昨年同様に緊張の糸がプッツリと切れた状態、張り詰めていた空気が一気に弛緩する様は自分でも驚きです。

あんなクソ暑い中だって己に課した練習を消化できたのに、大会10日後の今は暑〜んだよと愚痴りながら緩いジョギングで滝汗を楽しんでいます。

真夏のランニングはソフトフラスク持参

 

ここ数ヶ月の疲労も重なってレース翌日から定番の股関節痛、脚全体の筋肉痛、そしてふくらはぎの痛みがひどく自分の身体のような気がしませんでした。

怪我した時お決まりのウォーキングから始めて、いかにも静養中らしい芝生上のジョギング、そしてようやくロードに出て癒しの川沿いを長めに走っています。

夏は癒しの川沿いランニング

 

そして脚のダメージが酷く先月までの負荷とは比べようがない低さなのに、なぜだか驚くくらいに食欲が凄いのです。

登山競走までの摂生の反動なのか知りませんが、気が緩むとすぐに3キロくらい太ってしまう体質なので、この夏の緩ランはペース知らずの長距離にしようと決めました。

負荷が高いスピード練習は涼しくなってから、その代わり向こう一月はとにかく長時間ゆっくり走ります。

これが走力アップになるかは未知ですが、今まで避けていたランニングを実践しようと思います。

夏のランニング

 

先月までの名残で階段や坂道が訪れるとつい小走りしてしまう無情さはありますが、ゆっくりランニングは普段は気付かない景色や自然の息吹を感じることとなります。

夏の景色はビビットなカラーで彩られ、キロ7分以下で走っていると目に優しい色調がどんどん飛び込んできます。それでいて周りは生命感に溢れているのですから自然と一体化できます。

夏ランニング

 

48年目の夏まで知りませんでした。

セミって暑すぎると鳴かずに亡骸になってしまうことを。今年は地面に落ちている時期がやたら早い気がしていました。

そしてシオカラトンボはあり得ないくらい長時間一緒に走って (飛んで) くれることを。トンボは前進しかできないので、それは並走ではなくただ私から逃げているだけなのですが。

夏ラン

 

元々性格的に自然に溶け込むことを望み、ランニングではそれが叶う場面が多くあり心地良いから何年もずっと続けられています。

ですからこの夏も海に山に川に、色々場所を変えていっぱい走りに出かける予定です。

夏のランニング

 

      注目サプリ

      ランニング良著

      ランニング良著2

アクセスが多い記事(直近3ヶ月)

あおもり桜マラソンのゴールシーン 1

2023.4.14 更新   スポンサーリンク フルマラソンでベスト記録を狙う大会はどこ   2024年1月〜5月 主要フルマラソン大会情報 2023.4.14 現在 新規更新は点 ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 2

2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマラソンにどっぷり浸かった筆者がこの8年半で出走したマラソン大会は、完走証を頼りに調べると34レース※でした。 これが多いのか少ないのか分かり ...

京都マラソン2020前日 3

この秋※多くの大会が予定通りにランナー募集を開始し始めたことは、ここ2年間コロナ禍により大会中止オンパレードを嫌が上にも経験したランナーにとって朗報となりました。 しかし蓋を開けてみると、コロナ前と比 ...

コース作成にキョリ測は最適 4

アプリ「キョリ測」はスマホで利用する前、パソコン時代からもうかれこれ10年近くお付き合いある間柄です。 「キョリ測」は自らの好奇心のなすがまま、思いついたまま自由自在にランニングコースを作りたい欲求に ...

メタスピードエッジプラスのレビュー 5

2019年から積極的に購入してきたNIKE厚底シューズ、そんな相棒に飽きが募り浮気心が芽生えたのは昨年おかやまマラソン (2022年) を走り終えた辺りからでした。 マラソン大会をいくつか走ると、長ら ...

-ひとり言
-, ,