スパー銭湯までランニング

https://running-is-traveling.com

雑談

行き先はお風呂


スポンサーリンク


普段のコースではなくアウェイのロングランにはまだまだ蒸し暑過ぎます。

50キロ程の旅ラン計画はありますが、連日の30℃オーバーだと走った後の疲労度を考えると、どうも重い腰が上がりません。

そこでその半分程の走行距離で、行き先をスーパー銭湯にするミドルランに最近ハマっています。


スポンサーリンク


スーパー銭湯ランニング(ミドルラン向き)

癒しの川沿いランニング

2021年夏

昨夏は故障明けから癒しの川沿いランニングが旬でした。今年も上のような夏景色を気分良く楽しみながら好んで川沿いへ走りに行っています。

暑さにかまけてポイント練はそこそこに、今年も何かテーマを持って走りに出掛けようと思い立ったのが銭湯ランです。

 

ゴールが銭湯

別に難しいことは何もありません。何事もシンプルが一番、決めたことは次のことのみです。

 

ゴールが(スーパー)銭湯、
スタートはどこでもいい

 

 

20キロ前後のミドルラン向き

ロングランとの大きな違いは距離が短く気兼ねないことです。

家から走る普段の20キロ走などとは違い、ネット検索で良さげな銭湯を見つけたらそこから逆算してスタートを決めます

駅でもいいし、職場でもいいじゃないですか。もちろん最初は自宅スタートから始めてみます。

GPSウォッチは完全無視を決め込み、お風呂でゆったり寛ぐイメージで走ります。

 

バックパックは必須

バックパックに必要最低限の着替えと水分を詰め込みます。

下着、Tシャツ、短パン、タオルは汗で濡れないよう、ビニール袋は2重にして持って行きます。水分は500mlペットボトルを常時2本持っていれば、水場がしばらく訪れなくても平気でしょう。

帰宅用の着替えの量が最も少なくなる今が旬のランニングとなります。

ロングラン(旅ラン)の必需品バックパック

 

お風呂はできるだけ長時間滞在

遠路はるばる訪れたのですからゆっくりしましょう。銭湯の2倍の入館料がかかるスーパー銭湯なら尚更です。

最近多く見かける温めの炭酸泉に20分浸かってみます。目を閉じて何も考えない時間、副交感神経が働き身も心も深いリラックス状態を目指します。

追い討ちをかけるようにお風呂上がりには、畳敷のお休み処で無制限の仮眠タイムです。

ひまわり畑を横目にランニング

走ってきた景色が夢の中に

 

帰宅は電車かバスで

ほとんどの銭湯から公共交通機関で帰宅可能なはずです。ご立派なスーパー銭湯なら駅まで送迎バスが運行しています。

食事も済ませ寝るだけの状態で、以上の手段で帰宅の途に着くのがベストです。

乗り鉄ではありませんが、好んで特急利用で帰宅が私の数少ない贅沢の一つです。

ランニングの帰りは特急で(レッドアロー)

 

ちょっとした暇があれば計画

広い関東圏に限らず、銭湯検索すればいくらでもヒットします。

どこの銭湯へ行こうか調べ、いつものようにキョリ測で道順を決める時間も、ランニング時間に勝るとも劣らない楽しい時間です。

20キロくらい離れた行きつけの銭湯が見つけられたら本望です。

狭山茶畑を横目にジョグ

狭山茶畑を横目に銭湯へ

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 1

2022.6.22 更新 いよいよ2022年後半に向けて、各マラソン大会の公式発表がとても忙しくなってきました。 2022年後半の主要フルマラソン開催可否情報を収集して発信、 今後は週3回(月、水、金 ...

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 2

2022.6.1 最終更新 2017年開設以来最もランナーの皆様の興味を惹き付けた記事となり、ここはブログ史上最多アクセスを記録したページとなりました。 その間情報収拾が至らない場面があり、何通もご指 ...

3

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

富士山マラソンでフジパン提供 4

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 5

マラソンシーズンが終わり、のんびりとジョグを楽しんでいるところですが、参加してきたマラソン大会が結構増えたのでここで一旦まとめてみました。 2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマ ...

-雑談
-,

© 2022  走るは旅なり