多摩湖自転車道から望む富士山

https://running-is-traveling.com

ひとり言

ランナー的コロナウイルス感染からの復帰ロードマップ(体験から)

2023年1月15日

ほんのちょっとコロナ星での期間限定隔離から、ようやく無事に地球へ帰還しました。(不謹慎ですみません)

 

大晦日から2023年元旦にかけて、いつもの年越しの様に過ぎ行く年の瀬を思い出し、来たるべき年へ願いを込める年末年始はそこにはありませんでした。

2023年開幕は1月1日初日にして、今年最大のニュースが提供されるまさかの事態となりました。

雪ん子
コロナウイルス感染

 

世界中に流行り出してから3年の月日を経て、例のウイルスが我が身に侵入して年末年始からヒドい目に遭ってきました。

コロナ発症から回復期を経て通常のランニング生活に戻るまでの過程を、1ランナーとしてこんな貴重な体験を回復までの一例としてここに記してみました。


スポンサーリンク


 

我が家についにヤツがやってきた

年の瀬もいよいよ大詰めの大晦日、朝から溜まったホコリの大掃除に精を出していたのですが、どうも普段より熱ぽいと感じていたあの体調が今思えば全ての始まりでした。

みえ松阪マラソンにて極寒強風によりズタボロになり、その後鼻水を常時垂らして優れない日々を10日以上過ごしていたので弱っていたのは事実です。

その大晦日午前中は風邪をこじらせたとしか思ってなくそのまま夜の宴の準備に取り掛かったのですが、これはもしかして何か違うぞと確信したのが年が明ける直前の22時を過ぎた頃でした。

体温38.5度を超えてーら (酔い)
雪ん子

 

この時点で冷静に紅白とオサラバして酒宴から退席して一人寝室に移動、こいつはマズいやつと自主隔離に入ったのですが時はすでに遅かったのです。

大晦日の宴その場にいた他4人の家族が、結果として全員罹患する事態となりました。

 

コロナになったら注意しておきたいこと

私一人だけなら回復まで自主隔離で治してしまえばOKと思っていたのですが、翌日 (元旦) には妻の体調が悪化、さらに翌日には娘が38度オーバーの高熱を出したことでthe end それを断念しました。

予約が全く取れない発熱外来を、スマホ2台で1000回以上にも及ぶ執念の発信にて予約に成功。近場の医療機関にて受診し判定検査後はあっさりコロナ陽性と確定し、ここから家族全員による自宅療養が始まりました。

そして年末に我が家に来訪していた兄と母親が陽性と確認、宴というダメな環境下とはいえコロナの感染力の強さをまざまざと見せつけられた格好となりました。

以下これは万人に当てはまりるとは言い難いものですが、我が家の体験から注意を払う必要性がある項目を結論的にまとめてみました。

 

注意ポイント

1. ウイルスと闘うと全身色々と疲弊する

2. インフルには処方薬があった

3. 解熱剤は効くけど、それ一過性

4. ランニングの復帰手順は怪我からの復帰同様に慎重に

5. 酒は控えめにね

 

1. ウイルスと闘うと全身色々と疲弊する

風邪やインフルエンザ等のウイルス性の発熱を伴う疾患は、本人が感じている以上にとにかく体力諸々を消耗すると言われています。

数年前インフルエンザを患った時は処方箋のおかげですぐに平熱に回復、もったいない気持ちもあってその週末のフルマラソンを走りに行きました。

でも当然走れる身体ではなくハーフ過ぎでジ・エンドとなりファンランに切り替えた覚えがあります。

身体が全力でウイルスという異物と向き合うことは、全身で有害物質と闘うことと同意です。その結果体力が全回復するまでに相当な時間を要することを今回の件で再確認しました。

 

2. インフルには処方薬があった

医学の進歩によってインフルエンザには即効性があるタミフルやリレンザ、イナビルなどの処方薬が存在します。

発症してから適切な時期に処方すれば、薬が効力を発揮し熱が下がり一気に快方に向かいます。

それをここ10年で2回発症して体験、その2回とも薬のありがたみを実感した経験でわかっています。

薬を服用することでインフルエンザは本当に辛い高熱期間はわずか数時間、でもコロナウイルスの処方薬は今の所はありません。陽性判定を受けた医療機関で頓服(とんぷく)を処方されるのみ、それ自体は対処療法でしかありません。

 

3. 解熱剤は効くけど、それ一過性

コロナウィルスに対する市販や医療機関提供の解熱剤は、確実にある一定の効果を示すことは今回の一件で知りました。

これは私と同じ症状だった家族の例を持ち出すまでもなく事実であり、ワクチン接種後の副反応への処方が解熱剤で一定の効果を示すことと一致します。

でも正直言ってコロナの解熱は一過性のものでしかありません。

体温が38.5度を超えてくると意識が朦朧として、しょうがなく解熱剤を飲むこととなります。

その効果として体温が37度の低いところまで下がりぐっすり眠れるのですが、解熱剤が切れてくる (5,6時間後) と再び38度を優に超えて耐え難き体調を繰り返すことになります。

私はこれを4回繰り返した結果、最高の38.9度を超えたところで本気でコロナと闘う決意をしました。対処療法の解熱剤はここまで、これ以降はもう飲まない意思を固めました。

昭和のアナログですがウイルスに勝つ (殺す) にはやはり発熱が絶対で、厚着して着込み無理くし布団を被って体温を上げてウイルス撃退に対峙しました。

雪ん子
ぜってぇオメェには負けねぇ

 

今体内で暴れているこのウイルスがここ3年間のマラソン大会を根こそぎ奪っていったと思うと、フル最終盤と同じアドレナリンがドバッと止められない程出てきます。

結局その後は再び高熱になることはなく、正味3日間のコロナ戦争はここで終焉を迎えました。

雪ん子
病は気からかなのか?

 

※これは医学的な根拠は全くありません

 

4. ランニングの復帰手順は怪我からの復帰同様に慎重に

コロナから復帰して普段のランニング生活が戻って来たのですが、罹患する前に早めEペースを走った年末の走り納めとは何かが違っています。

でも再びランニング生活の軌道に乗せた一因は、以前発症した肉離れ後と同じようにコロナからの復帰を慎重に始めたことが奏功したと確信しています。

ウイルスと闘った内臓やメンタル面を考慮し、ゆっくりと時間を掛けて復帰ステップを踏んでいく決意を固めた自分を今は褒めたいと思います。

 

5. 酒は控えめにね

普段から毎日のように晩酌する (私の様な)方に限る内容になるのですが、コロナになって年始からお酒をほとんど飲まないイレギュラー状態が続いています。

反動でついたくさん飲んでしまはないよう、今は回復を優先する大人っぷりを発揮して摂生しています。

ようやく大人になった
雪ん子

 

治ればいくらでも飲めますから、回復基調の期間は最優先で身体を大切にしましょうと言いたいです。常日頃から飲酒していた私にとってはコロナ期間は肝臓が休まりました。

 

ランナー的回復へのロードマップ (私的体験から)

私がランナーとしてコロナ感染前の状態に戻すまでのタイムフローをここに記すことで、同じコロナ感染に陥ったランナーの一助になれば幸いと思い書いています。

 

通常のラン生活に戻るまでの流れ

1. 発症から3~4日間、まずはウイルスと闘う

2. 回復期は筋トレとストレッチでお茶を濁す

3. 療養期間明けはウォーキング

4. 急ピッチだけは避ける

5. レースペースで8キロくらい走ることができれば復活宣言

 

1. 発症から3~4日間、まずはウイルスと闘う

もしもコロナになってしまったら個人によっては重症化リスクを伴う訳ですから、しっかりと症状を見定めてダメな時は迷わず救急車を呼ぶ意思が必要となります。

幸いにして我が家は全員高熱止まりの症状に収まり、年明けから正月にかけ静かに病床に伏すだけで復帰へと至ったことは運が良かったと思っています。

雪ん子
でも華やかな正月とは対照的だった

 

2. 回復期は筋トレとストレッチでお茶を濁す

4日目にはウイルスに勝ち体温は37度台に下がりました。それでも平熱が低い私は普段でも床に伏す体温なので、39度近くを経験した後だと感覚がバグっているのか37度台でさえ楽に感じるから不思議でした。

都が定める自宅療養期間は、熱の発症から1週間 (計8日間) が定めとなっています。

現実的に療養期間後半は快方に向かい、力がみなぎっていてエネルギッシュな状況だったのですが、これ以上他所様にうつさないために自宅でじっと我慢して筋トレと全身スチレッチに注力していました。

ここは外出せずに我慢の時
雪ん子

 

3. 療養期間明けはウォーキング

私の場合コロナ感染で実に計9日間も走らない日があったのですが、今がマラソンシーズン佳境の冬期でしたが焦りはありませんでした。

このくらいの期間走らなくても走力は大して落ちないことを過去の経験で知っていたからです。

なのでコロナの禊が開けた直後はコロナ復帰直後のオーバーワークだけは避けようと、このフルマラソン鍛練期に絶対にやらないあろうウォーキングを敢えてしてコロナからの始動としました。

雪ん子
キロ10分台のウォーキングが気持ち良い

 

4. 急ピッチだけは避ける

今シーズン最終戦の大阪マラソンまであと2ヶ月を切った現在でも、焦りなんてものは全くなくウォーキング始動としたことは、知識が多少なりとも蓄積された必然の流れと汲んでいます。

実際に12月中旬のみえ松阪マラソンから疲労が抜けず一旦ペースを落とし、秋の疲労回復を重点にした12月下旬から年末にかけては物足りないと感じる練習強度まで落としました。。

こういった側面は歳を重ねてその経験を頼りに行動に移し、結果として最良の選択を積み重ねた結果が財産となっていると感じています。

 

コロナからの復帰フローチャート

歩くだけ、それすなはちウォーキング

→ペースは考えないスローランニング

→Eペース走 (遅いのから速いのまで)

→ダッシュを織り交ぜて

→マラソンレースペース走

閾値走やインターバルへ

参考記事
立川、昭和記念公園内のジョギングコース
マラソン練習|きついインターバル走はダニエルズさんに聞け

ランニング練習としてはキツい部類に属するインターバル走、当ブログでは早くも2回目の登場となりました。1回目の記事はこちら>> 前回の記事では、インターバル走は全速力比80%で行うことを指南する情報が多 ...

続きを見る

 

5. レースペースで8キロくらい走ることができれば復活宣言

上手のフローに従えばコロナ感染前の状態へ階段を登っていると言えます。でもひとつ問題があってそこには走行距離が明示されていません。

こればかりは走力と向き合って御自分でお考え下さいとしか言えません。

ただしこのブログに辿り着いている方ならば、きっと主体的に結論を導くことができるランナーだと思っています。

私の場合はE (eazy) ペース走の速い方にて10キロ走った後に、R (race) ペースで8キロ走れたことで今回のコロナ惨事からの復活としました。

ただし万全とは言えない部分があって、感染前との違いとして心肺機能の低下が甚だしく未だに咳が出ます。これはおそらく焦っても何もいいことがなく、向こう2週間は様子を見ながら完全復帰へ向かいたいと思います。※

ゼェハァが以前よりキツイぞ
雪ん子

 

※その後改善、後遺症なし

 

まとめ

雪ん子
年が明けたばで濃い時間を過ごしてしまった

 

とうとうコロナにかかってしまい気分的にネガティブになってしまった上に、同じ空間で過ごした身内全員を罹患させてしまったことに罪悪感を感じました。

幸いにも高齢の母親だけがピンピンしている無症状 (後に抗原検査にて陽性判明)にまずは安堵、そして高熱により最も症状が重かった妻がなぜか医療機関で陰性判定 (抗原検査は万能ではないと医師も言う) 、という何とも言い難いオチを伴って一件は終焉しました。

今では皆通常生活に戻ったことに溜飲が下がる想いです。

もちろん出来れば誰だって感染なんてしたくはないのですが、もしもそうなった時の覚悟はある程度必要となります。そのためにこの記事が少しでも同じ境遇のランナーの参考になれば幸いと思います。

夕方多摩湖から見える富士山

健康でこそのランニング、奥に富士山

      注目サプリ

      ランニング良著

      ランニング良著2

アクセスが多い記事(直近3ヶ月)

あおもり桜マラソンのゴールシーン 1

2023.5.20 更新   スポンサーリンク フルマラソンでベスト記録を狙う大会はどこ   2024年1月〜5月 主要フルマラソン大会情報 2023.5.20 現在 新規更新は点 ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 2

2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマラソンにどっぷり浸かった筆者がこの8年半で出走したマラソン大会は、完走証を頼りに調べると34レース※でした。 これが多いのか少ないのか分かり ...

京都マラソン2020前日 3

この秋※多くの大会が予定通りにランナー募集を開始し始めたことは、ここ2年間コロナ禍により大会中止オンパレードを嫌が上にも経験したランナーにとって朗報となりました。 しかし蓋を開けてみると、コロナ前と比 ...

コース作成にキョリ測は最適 4

アプリ「キョリ測」はスマホで利用する前、パソコン時代からもうかれこれ10年近くお付き合いある間柄です。 「キョリ測」は自らの好奇心のなすがまま、思いついたまま自由自在にランニングコースを作りたい欲求に ...

メタスピードエッジプラスのレビュー 5

2019年から積極的に購入してきたNIKE厚底シューズ、そんな相棒に飽きが募り浮気心が芽生えたのは昨年おかやまマラソン (2022年) を走り終えた辺りからでした。 マラソン大会をいくつか走ると、長ら ...

-ひとり言
-,