江ノ島から見た日の出

https://running-is-traveling.com

 

 

情報

防府読売マラソン2020は開催の方向で進んでる

2020年8月14日




またも光明が差し込んできました。

年内フルマラソンが全滅な件はこの記事に起こしました。あれから約3ヶ月経ち、その中で未決定だった防府読売マラソンの開催可否が発表されました。

結果は2020年12月20日開催予定!

しかしながら要項をよく見ると・・・な内容でした。


スポンサーリンク


防府読売マラソン2020年概要

ざっと目を通しただけですが、主な内容をピックアップしてみました。

 

この大会も積極的

先日、湘南国際マラソンが来年2月の開催を目指すと高らかに宣言しました。

記者会見まで開いて「やります」と言ってのけた男気にグッときました。

開催の方向
湘南国際マラソン折り返し付近
湘南国際マラソンは・・・・やりますっ

※2020.12.10 コロナ感染拡大が依然として猛威を振るう中、湘南国際マラソン2021は残念ながら中止となりました。   光明   ランナーにとって吉報が舞い込んできました。か ...

続きを見る

一方、防府読売マラソンは7月上旬時点で、開催に向けた陸連監視のもと、コース計測を行うなど積極的な動きを見せていた大会でした。

 

苦肉の策の定員設定

エリートの部 男子若干名
実業団 男女100名程度
一般の部 300名

 

参加募集選手は合計で500名程度です。過去の規模を考えると極小で寂しい限りです。

しかし、これはウイルスを山口県へ持ち込ませないことが大前提である以上、現時点では最善の策と思われます。

仮に他の大会で開催決定の発表があったとしても、昨年と同様の参加者を募る大会はひとつもないと言えます。

 

防府読売マラソンに参加できるのは基本山口県民のみ

一般参加者が県民のみ(エリートの部はその限りではない)

これは県外ランナーにとって残念な発表となりました。でも現在のコロナ状況では致し方ありません。

当然今のコロナ事情を鑑みるにつけ、エントリー時期は未定、正式な開催宣言ではない旨が示されています。※

それでも12月開催なのに中止を宣言しなかったところは、賛否両論あると思いますが私は評価します。

運営側の試行錯誤が大変なことは百も承知です。

一方で我々ランナーがフルマラソン開催を願っていることもまた事実です。需要と供給のバランスをコロナが乱すのはいい加減にして欲しいと思えてきます。

しかも付け加えると、一般の部であってもさらに規定上に制約がありました。

 

参加条件

・山口県民でフルマラソン4時間以内

or

・山口県民でハーフ1時間33分以内

(2017年11月以降)

要するにこの記録を持つランナーしか出場資格がないということです。

※追記:エントリーは開始

 

参加制限が県内のみの理由

県内在住に参加者を絞ったのは、もともと大規模人数で大会を開催できないコロナ事情下ゆえに、少人数参加で開催時間の短縮を狙っていると思われます。

昨シーズンみたく丸一日催されるマラソン大会ではなく、ささっと短時間で終わる大会を望んんでいるのでしょう。

もちろん先述の通り、ウイルスを外から持ち込ませないこともその理由のひとつです。

 

陸連ガイドライン

健康チェックシートの提出義務化が盛り込まれているは、やはり陸連のガイドラインに沿ったものとなっていました。

陸連の発表
京都マラソンゴール前で最後の踏ん張り
マラソン大会再開へ向けて陸連がガイダンスを公表

いつになったらマラソン大会が行われるのか? ずっと、ずっと何ヶ月も気になっています。 コロナが落ち着いたらじゃない? 確かにそうなのですが、世界中で研究がなされても未だ全容が解明されず変異し、特効薬や ...

続きを見る

今後再開されるマラソン大会は全てこのガイドラインに沿って開催されます。

 

それでも開催確定とは言い難い

今後の感染拡大状況によっては、この防府も中止の可能性が大いにある状況です。

きっとこれからは感染者数増大ではなく、死者の増加が焦点となるでしょう。

開催まであと4ヶ月ちょっと、おそらく3ヶ月前の9月下旬までには正式な決定が下されると推測します。

感染に最大の配慮をして経済を回す方針を国が示している以上、この大会は開催の方向へ向かうのではないかと思います。

どのみち私を含め、参加権がない他県ランナーがほとんどです。

それでも今シーズンの展望が少しながら見えて来たことは喜ばしいことではないでしょうか。

湘南サイクリングロードで見たハートの砂絵

      注目サプリ

      ランニング良著

      ランニング良著2

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

ランナーズフルマラソンチャレンジin荒川河川敷 1

2023.2.6 更新   いよいよ今シーズンも春までの折り返しを残すのみ、そんな2023年1月〜5月の主要フルマラソン大会情報を発信しています。 少しでもお役に立てるよう月・水・金の夜 ( ...

富士山マラソンでフジパン提供 2

夕飯前に意気込んで家を飛び出して走り出し、ロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めてた日に家族と食べ放題の外食へ、帰宅後30分でランニングに向かって吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 ...

ハーフマラソン後に名古屋めし 3

フルマラソン当日に上の写真のような名古屋メシを食するランナーは殆どいないはずです。 ではフルマラソンを走る直前は何を食べるべきなのでしょうか? 人それぞれと言えばそれまでの話ですが、フルマラソンに必要 ...

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 4

2022.12.20 最終更新   昨年の秋冬は中止オンパレードが連鎖中だったのですが、2022年は下記の表においては見事に開催済みの花が咲きました。 参加者が集まらない過渡期となったマラソ ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 5

2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマラソンにどっぷり浸かった私がこの8年半で出走したマラソン大会は、完走証を頼りに調べると34レース※でした。 これが多いのか少ないのか分かりま ...

-情報
-

© 2023  走るは旅なり