サロモン・ソフトフラスク2020年モデルを持ってランニング

https://running-is-traveling.com

ラングッズ

Salomon(サロモン)ソフトフラスクの2020年モデルをランニング用に購入

2020年9月16日

トレイルやランニングで使用する道具、その携行率の高さが目立つのがサロモン製品です。

「いつかはサロモン」と願いつつ走ってきました。そして今年の8月の暑さに豪を煮やし、ついにサロモンのソフトフラスク購入に至りました。

30℃オーバーが当たり前だった8月、氷を沢山入れて家を出発したものです。

雪ん子
水分は手に持って補給が楽

真夏に空掘川沿いをランニング


スポンサーリンク


まずはソフトフラスク自体を気に入った経緯についてはこちらです。

真夏のアイテム
酷暑ランニング中に見たひまわり
真夏は水分を手に持ってランニングへ|ソフトフラスクが超絶使えるのだ

かなり使えるアイテムと確信、そんなソフトフラスクとの出会いは2年前のサロマ湖ウルトラマラソンの受付会場でした。 今では知名度が上がったjaybird(スポーツ向け米イヤホンメーカー)の販促会場にて、無 ...

続きを見る

 

SALOMON(サロモン)について

サロモンは言うに及ばず、トレイルランニング業界のリードカンパニーです。1947年フランスにて創業、トレイル、ハイキング、ウィンタースポーツ用品やアパレル関連の製造、販売がメインです。

小さい頃からスキー関連の商品でお世話になりました。学生の頃、貯めたバイト代で6万円以上もするえスキーウェアを購入、越後湯沢で颯爽と滑走したのはいい思い出です。

サロモンといえばスキー、それ昭和だね
雪ん子

全身パープルを基調としたウェア、時代というか今ではお目にかかれないデザインでした・・・

その後はスノボに転身し、以来サロモンとは疎遠となります。そして20年が経ちランニングを通して再会を果たしたのです。

サロモンのソフトフラスクはランニング用

SaLomonの「L」が大文字なのはナゼ?

 

サロモン2020年モデルのソフトフラスクあれこれ

トレイル製品として定番のソフトフラスクは、2020年の今年アップデートされました。

いわゆる正常進化なのですが、今までサロモン製のソフトフラスクを使用したことがありません。ですから残念ながらリニューアル前との比較は出来かねます。

 

容量タイプは3種類

容量は150ml、250ml、500mlの3サイズのラインナップです。

以前使用していたソフトフラスクが500mlで不便はなかったので、今回も500mlを迷わず選択しました。

サロモンのソフトフラスクはメモリ付き

目盛りが付いているので必要な量を細かく充填することができます。

秋めいて涼しくなれば満タンの500mlはもういりません。その際は350でOK、などと細かい補給量を設定できます。

 

飲み方

飲む時はソフトフラスクを強く握り圧を掛け、ゴム製のバルブ(飲み口)を噛むことで口の中に飲料が入ってきます。もしくは噛んで吸えば簡単に飲むことができます。

ソフトフラスクは水道やコンビニ、自販機で立ち止まらなくても、飲みたい時に容易に補給できることがメリットの一つです。

サロモン・ソフトフラスクのバルブ

雪ん子
ピンボケしてる

 

手に馴染む

ソフトフラスク内に空気が入らないため、飲んでいくとソフトフラスク自身が圧縮され、一歩一歩走るたびに水やスポドリがバシャバシャと上下しません

これは結構大事な要素で、ウエストポーチにボトルを固定するタイプでも、内容物が動くとそれだけで走りのリズムが崩れてしまうものです。

サロモンのソフトフラスクは手に馴染む

兎にも角にも手で握った時のフィッティングは最高です。

耐久性に優れた柔らかい素材でできているので手に馴染むと言いますか、手との一体感があって走りを邪魔しません。

サロモンのソフトフラスクは手に馴染む

胴長でも飲みながら折りたたんでいけば問題ありません。

サロモンのソフトフラスクは手に馴染む

給水すればするほど段々と小さくコンパクトになっていきます。

サロモンのソフトフラスクは手に馴染む

最終的に飲み干した後は、手の平かポケットの中へコンパクトに収納できます。ポケットに入れてしまえば、ランニング終盤はハンズフリーとなります。

 

500mlは実際は長い

初めて満水にした時、「え!長っ」とひと言出ました。500mlは見た目で胴長、満水にしたら持った部分から折れてしまいます

サロモンのソフトフラスク500mlは長い

細長い形状なので500mlだと正直大き過ぎ感は否めません。きっと150mlや250ml方が携帯性はより優れているはずです。

しかし私の場合、ソフトフラスクの利用頻度が高いのが暑い時期なので、迷わず容量が大きい500mlを選びました。

大は小を兼ねる
雪ん子

手に馴染むソフトフラスク

先代のソフトフラスクは同じ500mlでも短いものでした。晩年には上部からの水漏れが頻発、しかしサロモン製の同じ部分は強固な作りとなっていて漏れそうにありません。

サロモン・ソフトフラスク2020年モデルを持ってランニング

未だ漏れず

 

洗った後は

サロモンのソフトフラスクの乾かし方

洗った後は膨らまし気味に立てておけば乾きやすくなります。

膨らまさないと素材が水滴でくっついたままとなり乾きにくいです。濡れるものですから衛生的にも早めに乾かしてしまいたいものです。

 

実はバックパックの付属品を狙った

サロモンのソフトフラスク500mlを探していたところ、2個付属するバックパックが発売されているではありませんか。

2020年モデル「SALOMON AGILE 6」(サロモン アジャイル 6)というバックパックです。これにソフトフラスク2020年モデル500mlが最初から2本付属します。

1本で¥2,500(税抜き)、2本で¥5,000(税抜き)もするソフトフラスクが、初めから付属しているdバックパックが1万円ですから迷わずポチってしまいました。

 

今後の用途は湘南国際マラソン

夏のランニングに手に持って走るのが私のスタンダードですが、言うまでもなくロングランやトレイルランとの相性が良いです。

そして、これは来年の湘南国際マラソン※でも使用できそうです。マイボトル、マイカップの携帯が義務付けられる新しい形のマラソン大会との親和性が高いと思われます。

ただ、500mlでは胴長なのでフルマラソンで携帯するなら150mlか250mlがより実用的と今は思っています。

※2021年湘南国際マラソンはコロナウイルス感染拡大のため中止

 

2020年モデル500ml

2020年モデル250ml

2020年モデル150ml

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 1

2022.6.22 更新 いよいよ2022年後半に向けて、各マラソン大会の公式発表がとても忙しくなってきました。 2022年後半の主要フルマラソン開催可否情報を収集して発信、 今後は週3回(月、水、金 ...

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 2

2022.6.1 最終更新 2017年開設以来最もランナーの皆様の興味を惹き付けた記事となり、ここはブログ史上最多アクセスを記録したページとなりました。 その間情報収拾が至らない場面があり、何通もご指 ...

3

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

富士山マラソンでフジパン提供 4

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 5

マラソンシーズンが終わり、のんびりとジョグを楽しんでいるところですが、参加してきたマラソン大会が結構増えたのでここで一旦まとめてみました。 2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマ ...

-ラングッズ
-, ,

© 2022  走るは旅なり