新発田市へ帰郷、真夏のランニングへ

https://running-is-traveling.com

雑談

帰省してもランニングとか

2023年8月30日

いつものようにランニング用具を持ち込んで帰郷、それは距離を稼ぎたいとかルーティーンだからの心理ではなく、ただ普段の環境を変えて新鮮な気持ちでランニングしたいからです。

もしかしたら武蔵の国から谷川岳を越えて越後の国へ移動したら、曇っていたり雨のお湿りがあったりと少しは気候だって変わるだろうと見当をつけていました。

 

この夏この国に避暑地は存在するのか?

 

そんな想いが強くなるくらいどうしようもない暑さの新潟でした。クソ暑い2023年夏、一体いつまでこの猛暑は続くのでしょうか。


スポンサーリンク


 

どこへ行っても酷暑

新発田市の夏をランニング

 

新潟県では山間部では頻繁に雷雨が襲来していますが、平野部ではここひと月以上まともな雨は降ってなく渇水状況となっています。

しかも海が近いからか湿度が異常に高く、なぜだか太陽が関東地区よりも近く感じるのは私だけでしょうか?

連日の35℃以上の猛暑日ではランニングしなくても、どこへ行くにも屋外ではもれなく滝汗が付いてきました。

 

墓参りへ

赤谷サイクリングロードへ

赤谷線サイクリングロード起点
2023.8

 

当初は以前ご紹介したマイナー過ぎるサイクリングロードを30キロほどゆっくりと走るつもりだったのですが、こんな猛暑ですから暑熱順化は進んでいても危険なので考え直してあっさりやめました。

あとはここは給水に若干難があること、また身体を冷却できるようなコンビニが求めるくらいには存在はしません。

雪ん子
山間部で猿が現れるのがトラウマなのも

 

よっていつものランニングとさして差異ないものとなったのですが、何よりもお盆ですからまずはご先祖様に手を合わせにお寺に向かいました。

2022年年明けに訪れた冬には、積雪があったこともあり寺全体が静寂に包まれていたのですが、真夏は蝉の合唱がすごく騒々しいことこの上ありませんでした。

じっとしてお参りすると蚊の餌食
雪ん子

 

お盆には墓参りランニング

 

地元の歴史を学びながら

酷暑の中をランニング、蝉の死骸がやけに多い

やっぱり今年は蝉の死骸がやたらと目に付くなぁと思いながら歩を進めました。

今回はお墓参りの他にも、地元の観光地を巡ってみたく脚を伸ばしました。

 

新発田市の足軽長屋へランニング

足軽長屋

 

足軽長屋

国の重要文化財指定、新発田藩 (しばたはん) 足軽の1842 (天保13) 年築の居住地、茅葺き平屋建ての長屋。 幕末の下級武士の日常生活を伝える全国的にも珍しい遺構。

Wikipedia 参照

 

歴史に触れて先人を知る。悠久の歴史があって今のわたしがあると同時に、これからの子供達の未来があって欲しいと願うと、歴史遺構を目の前に感謝の念が自然と湧いてくるから不思議です。

新発田市にD51を見にランニング

昭和47年廃車、地球を51周分走った

 

らしい景色を楽しみながら

新潟の田んぼのあぜ道をランニング

都市部にはないあぜ道をとぼとぼと

 

今般これだけ熱中症の危険が指摘されている中、猛暑日に走る行為は自殺行為に等しいと全くランニングをしない妻はよく言います。

雪ん子
正論

 

ランナーなんてほとんど (全く?) 見かけない新潟の片田舎で、しかもこの酷暑の昼過ぎに走っている人間はさぞかし不思議な存在のようです。

車の中から (後ろ) 指を指されたり、目が合って首を傾げられたりが頻発します。それは何回も確認できました。

こちらも35℃を超える気温の危険性は承知しているので、満水に満たしたソフトフラスク (経口補水液) と緊急用の小銭やICカードを持参してのランニングとなります。

そして全身を冷却してくれる施設を予め確認してから出発しています。例えばコンビニとかスーパー、ドラックストアとかホームセンターは田舎でも点在しますし、大きめの公園ならば確実に水飲み場があります。

そして幼少期から馴染みある稲の匂い漂う中をランニングで満喫、収穫の秋へ向けて黄金色の田んぼが視界一杯に広がっていました。

新潟の米どころをランニング

 

      注目サプリ

      ランニング良著

      ランニング良著2

アクセスが多い記事(直近3ヶ月)

あおもり桜マラソンのゴールシーン 1

2023.2.23 更新 スポンサーリンク フルマラソンでベスト記録を狙う大会はどこ   2024年1月〜5月 主要フルマラソン大会情報 2023.2.23 現在 新規更新は点滅 &nbsp ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 2

2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマラソンにどっぷり浸かった筆者がこの8年半で出走したマラソン大会は、完走証を頼りに調べると34レース※でした。 これが多いのか少ないのか分かり ...

京都マラソン2020前日 3

この秋※多くの大会が予定通りにランナー募集を開始し始めたことは、ここ2年間コロナ禍により大会中止オンパレードを嫌が上にも経験したランナーにとって朗報となりました。 しかし蓋を開けてみると、コロナ前と比 ...

コース作成にキョリ測は最適 4

アプリ「キョリ測」はスマホで利用する前、パソコン時代からもうかれこれ10年近くお付き合いある間柄です。 「キョリ測」は自らの好奇心のなすがまま、思いついたまま自由自在にランニングコースを作りたい欲求に ...

メタスピードエッジプラスのレビュー 5

2019年から積極的に購入してきたNIKE厚底シューズ、そんな相棒に飽きが募り浮気心が芽生えたのは昨年おかやまマラソン (2022年) を走り終えた辺りからでした。 マラソン大会をいくつか走ると、長ら ...

-雑談
-, ,