冬の車中から見えた朝日岳

https://running-is-traveling.com

ひとり言

北の国から2022

2022年1月4日




谷川連峰の朝日岳をこれほど綺麗に拝めたのは、Uターン帰省は数知れど夏も含めて初めてでした。年末から大荒れだった降雪地帯も、関東に再び帰ってきた1月3日はとても穏やかでした。

年末から年始にかけてコロナ前と同等とは行かないまでも、2年ぶりの帰郷では以前と似てゆっくり過ごせました。ただ雪降る地方ですから走り初めはアスファルトの上というわけにはいきませんでした。

雪の階段は危険が一杯

どうやって登ろうか


スポンサーリンク


白銀の中で心洗われる

 

ギュッギュッギュッギュッ

 

久しぶりの足裏の感覚、基本脚に優しい雪道でのランニングは嫌いではありません。子供の頃の原体験から、大人になっても雪には心踊ります。ただこれが毎日となると嫌気が差すことはわかっています。

雪上ランは不整地ランの一種で、翌日の筋肉痛から改めてこれは体幹を強要されるランニングと認識できました。

赤谷線サイクリングコースの冬

 

走り初めは雪の中

北日本を襲った年末寒波によりどこもかしこも積雪が多く、それでも当然のごとく持参したランニング用具を使用しないはずはありません。えっ行くの⁉︎と言う母親の言葉に耳を貸さず、走り初めが雪上となった2022年元旦でした。

僅か3週間前に気温20℃のフルマラソンを宮崎で体験してきたばかりなのに、今走っている場所は真っ白な世界で閉ざされ、気温はわずか1℃ちょっとです。身体から吹き出た汗の塩と防寒してもガクブルな身体、この格差がもの凄く不思議な感覚なのです。

雪ん子
この中間の気温でフルを走らせてと初詣

トロピカルで暑かった青太2021

トロピカルで暑い宮崎

極寒の新潟

極寒の新潟

 

コースはここ

私が年始から走ったコースなんざぁ誰も興味がないことはわかっています。でも何かの間違いで近くにお立ち寄りの際はぜひ走ってみてください。

獣に注意
廃線跡を走る(赤谷線サイクリングコース)|おすすめランニングコース紹介<7>

おすすめランニングコース紹介シリーズは今回で7回目を迎えました。それを踏まえ勝手に趣向を少し変えてみました。 どれくらいの需要があるか甚だ疑問ですが、思いっきりマイナー路線で攻めてみます。 その場所と ...

続きを見る

真冬に「うーるるるる」と呟いても、やってくるのは猿か熊であろうこのコースは鈴が必携となります。数年前には猿に威嚇されて怖気付き、志半ばで撤退しました。

でもここなら長く走れるし、真冬なら散歩しているご老人くらいしかすれ違うことがありません。東京みたくサイクリストや俊足ランナーに抜かれることもありませんから、雪景色に溶け込んで自然と一体化した雪中ランを楽しめます。

赤谷線サイクリングコースは雪で冬は走れない

実際のところは足首が埋まり始めたこの辺で引き返しました。往復で20キロ以上トレランシューズで走る気はなかったので、猿との再戦は積雪が少ない年までお預けです。

 

お墓参り

積雪後の元日だったので境内には誰かが歩いた形跡はありません。そのため先へ進むか一瞬だけ躊躇します。

でもお墓参りは必須と決めて家を出発しました。よって靴下はもうとっくに濡れているのだから、ラッセル車のごとく猛進しました。

お墓参りラン

2年ぶりにご先祖様に近況報告と、お参りで手を合わせて時間を掛けます。雪ちらつく広い境内に私ひとり、無音の世界にいると澱んでいた流れが再び動き出した気がします。すると心がフッと軽くなりました。

そこで走り初めは帰宅の途となりました。

 

2022年目標

なんだかんだで通常営業に戻り、ホームコースの多摩湖自転車道を走りながら、積雪ある地域にお住まいのランナーはどうポイント練をこなしているのか興味が湧きました。

私が滞在した期間中雪で、足首近く埋まるとキロ6分切りが限界です。実家の自治体には屋根付き屋内コースを抱える公共施設(有料)はあります。また駅前の長い商店街(シャッター通り)には屋根があり雨風は凌げます。しかしどう考えてもそこでインターバル走とか閾値走はできません。というか人様に迷惑です。

そう考えると現況、随分恵まれている環境に置かれていることに気付かされました。皇居、駒沢、多摩湖、昭和記念公園も利用でき、昨年は航空公園(周辺も)という心強い味方も発掘しています。

雪は滅多に降らない関東ですから、ここから東京マラソンまでこの環境をフル活用し、走力アップに励みたいと決心しました。よって今年の抱負は、もはや当たり前過ぎる怪我をしない(それが難しい)とかではなく、単純明快に自己ベスト更新とします。東京がダメなら次、それがダメなら年内の次シーズンです。

自分越えはモチベーション
雪ん子

癒しの川沿いランニング

でも夏はゆるジョグ宣言

 

坂がエグい
越後湯沢秋桜ハーフマラソン
越後湯沢秋桜ハーフマラソン|シーズンはじめの力試し

スポンサーリンク 目次1 越後湯沢秋桜ハーフマラソンに参加してみて1.1 秋桜ハーフ当日、関東から新幹線移動できる利便性の良さ1.2 ここは暑さ対策は必須です1.3 レース参加者への特典には満足1.4 ...

続きを見る

      ランニング良著

      マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 1

2022.1.24 更新 雪ん子あれもこれも中止って・・・ ここを目指して走ってきたランナー、円滑な運営を目指した大会関係者の方々の心中を察すると言葉になりません。 オミクロン株の現時点の感染状況は、 ...

富山マラソンゴール前 2

2021.12.22 更新 2021年秋冬フルマソン大会情報は残りわずかで更新終了となります。長らくアクセス頂いた皆様感謝申し上げます。 コメント下さった方、手が届かなかった情報提供ありがとうございま ...

富士山マラソンでフジパン提供 3

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

山手線1周ランニングで見た変な景色 4

マラソンは細身が速い ここ数年ほとんど変化ない体重ですが、意識的に減量に取り組もうと決めました。 体感であと5キロは痩せられると思っています。しかし闇雲に取り組んでも失敗は目に見えています。 そこでB ...

5

今年(2017年)の走り納めをランナーから評判がいい奈良マラソンに決めて参加してきました。 まず奈良マラソンを語る上で切っても切れないのが坂道です。ひっきりなしに現れるアップダウンは全国屈指の厳しさ、 ...

-ひとり言
-, ,

© 2022  走るは旅なり