雨の中でランニング

https://running-is-traveling.com

ひとり言

3月某日夜21時、曇り後土砂降り

2023年3月25日

今にも泣き出しそうな曇り空のもと始まったインターバル走は、3本目を終え4本目に差し掛かるタイミングで体に雨粒が当たりだしました。

2分のレストを経て迎えた最終5本目、徐々に強くなっていった雨足はとうとう本降りへと変貌を遂げました。

21時を過ぎた誰もいない平坦直線700mの狭山湖堤防、気温13℃の土砂降りの中ゼェハァしてきました。


スポンサーリンク


 

土砂降りの中でインターバル走

本日はあおもり桜マラソンへ向けてのポイント練習の日、大阪マラソン後2周目となるダニエルズ練によると、フルマラソン3週間前のメニューはインターバルをEペース走で挟む内容です。

家を出る前に雨雲レーダーをチェック、雨雲が向かっているものの少雨にさらされる程度で問題ないと踏んでいました。

5本のインターバル走を思い通りのペースでやり遂げ満足したのですが天気は最悪、それが冒頭のくだりとなります。

雪ん子
寒っ

 

帰宅の途は寒さとの戦い

3月も中旬になると真冬に比べ寒さはだいぶ緩んできていて、インターバル5本走ると薄着でも汗だくになります。

しかし3月の雨は体温をすぐに奪っていきます。しかもここインターバル会場は、自宅まで7キロ以上離れています。

当初は流しジョグで自宅へ帰還する予定だったのですが、この土砂降りでは低体温症の危険さえあります。

よって疲れ切った体に鞭打って身体を動かし、体温が下がらないように速めのペースで自宅へ向かいました。

 

土砂降りの中でもランニングするランナーはいる

まぁ結構な土砂降り
雪ん子

 

身体に打ち付ける冷たい雨、飽和状態のキャップからポタポタと水滴が伝って落ち、LEDライトは暗闇に雨粒をはっきりと映し出します。

それでもドライナミックメッシュのおかげで体の芯は暖かく、寒さで震えることは最後までありませんでした。

こんな環境下では流石に今日こそは誰ともすれ違うことはないだろう、と思っていました。

これまで極寒の雨の中とか、40℃近い酷暑でもホームの多摩湖自転車道ではいい意味で期待を裏切ってすれ違うランナーはいました。

 

そして今回はというとこの土砂降りの中、3名のランナーとすれ違いました。

1人は雨の中確かな一歩を刻むおばさんランナー、2人目はエネルギッシュな若いランナーで、見知らぬ彼とは自然と挨拶を交わしました。

雪ん子
若干向こうもビビっていた

 

そしてその直後に3人目ベテランと思しきサングラスをかけたランナー、私よりずっと速いペースで颯爽とすれ違いました。サングラスは雨避けでしょう。

 

ランニングを趣味とする者が多い証左

給水しようと公共の水飲み場で立ち止まると、濡れた手の甲に桜の花びらが3枚張り付いていました。

季節は間違いなく春、でもこんな3月の低温下の土砂降りの中、しかも風が吹いていて確実に寒さを感じる条件であっても、ランニングコースにはすれ違うランナーがいるのです。

同じ趣味を持ったランナー同士、走り終え酒を飲んだらすぐに仲良くなれそうです。

ランニングを趣味とすれば走ることは当たり前のルーティーンであり、どんなに過酷な気象条件 (雪、土砂降り、台風、極寒、酷暑 )でもランナーとすれ違ってきたことは、早朝から夜半までどこかしこでランナーが存在する証となります。

スポーツという括りで言えばランニングは、世界で最も参加数が多い種目となるのではないでしょうか。

雪が積もる多摩湖自転車道でランニング

 

      注目サプリ

      ランニング良著

      ランニング良著2

アクセスが多い記事(直近3ヶ月)

あおもり桜マラソンのゴールシーン 1

2023.4.14 更新   スポンサーリンク フルマラソンでベスト記録を狙う大会はどこ   2024年1月〜5月 主要フルマラソン大会情報 2023.4.14 現在 新規更新は点 ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 2

2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマラソンにどっぷり浸かった筆者がこの8年半で出走したマラソン大会は、完走証を頼りに調べると34レース※でした。 これが多いのか少ないのか分かり ...

京都マラソン2020前日 3

この秋※多くの大会が予定通りにランナー募集を開始し始めたことは、ここ2年間コロナ禍により大会中止オンパレードを嫌が上にも経験したランナーにとって朗報となりました。 しかし蓋を開けてみると、コロナ前と比 ...

コース作成にキョリ測は最適 4

アプリ「キョリ測」はスマホで利用する前、パソコン時代からもうかれこれ10年近くお付き合いある間柄です。 「キョリ測」は自らの好奇心のなすがまま、思いついたまま自由自在にランニングコースを作りたい欲求に ...

メタスピードエッジプラスのレビュー 5

2019年から積極的に購入してきたNIKE厚底シューズ、そんな相棒に飽きが募り浮気心が芽生えたのは昨年おかやまマラソン (2022年) を走り終えた辺りからでした。 マラソン大会をいくつか走ると、長ら ...

-ひとり言
-,