皇居ラン

https://running-is-traveling.com

雑談

子供と接触、皇居ランは歩行者に注意




それは突然の出来事でした。

皇居ランで他人と接触する事故です。しかも相手は未就学児です。

父親は少し憮然としていましたが、母親は謝罪していました。

歩行者とランナーですから、側から見たらランナーに非があるのでしょう。しかし飛び出してきたのは子供の方でした。


スポンサーリンク


皇居ランで歩行者とぶつかった状況

実は子供とぶつかったのは私ではなく、すぐ横を並走していたランナーです。

私は間一髪のところで交わしました。反射神経が良いというわけではなく、運が良かっただけです。

 

速さとか場所とか

私のガーミンがキロ5分を示しています。遅くはないけど速くもないペースで快走中、場所はトップ画像の「桜田二重櫓」を左手に見る付近です。

この週末の人出は多かったとのTV報道がありましたが、皇居周辺も例に漏れず、ランナーだけではなく一般の方達も多く歩道を利用していました。

 

皆が左側通行とは限らない

皇居周辺は常にランナーで賑わっています。そして基本ランナーは皆左側を走っています。

ただ歩行者はこれに限らず。皇居の観光でしょうか、お堀の方で写真を撮っていたり、散りかけの桜を眺めたりしています。

くだんの家族もお堀側から、つまり右側通行で走路をこちらに向かって歩いてきました。

 

子供の動きは予測不可能

両親が私の前を走るランナーに気付き、向かって右側へ移動(左側通行)しました。でも子供はお堀の方を見て歩いていて(右側通行)親と離れました。

子供はお堀を眺めているし、このままのペースでやり過ごせば大丈夫と踏んで進みました。

しかし次の瞬間、突然私の前へ飛び出して親の方へ向かいます。飛んで行く感じに。

すんでの所で右足を前に出すのを止め、左足で踏み切ってジャンプして交わしました。キロ5で左に直角移動、右膝でニーアタックを寸前で回避です。

 

並走ランナーはぶつかって転ぶ

並走ランナーには子供の一連の動きが、前のランナーと左横の私で見えていなかったと思います。

ですから、私がなんとか避けた子供が左から急に現れる形となり、なす術なく接触し2人とも転倒です。

それでもぶつかる寸前、ランナーが瞬時に避ける動作で子供は座り込む感じで無傷に見えました。

ランナーは派手に転倒、膝をアスファルトに強打、転がった反動で顔も地面にぶつけていました。

 

皇居はランナーの聖地だけど歩行者が上

皇居ラン

皇居周辺の歩道はここ数年の改良で以前より良くなり、路面の凸凹で転ぶことはなくなりました。

しかし歩道が狭い箇所は今もいくつか存在します。そこではランナーを追い越す際や、歩行者とすれ違う際は細心の注意が必要と肝に銘じてきました。

その甲斐あって10年くらい通ってますが、大きな接触事故は一度もありません。

上の写真にあるように皇居外周はランナー専用ではありません。様々な人が様々な理由で歩道を利用しています。あの家族もそうです。改めて今回の件でそれを再認識です。

特に今回子供は突然飛び出してくることを痛感しました。周辺に小さな子供がいた場合、いつも以上に危険予測の重要度が高い場面です。

これは皇居ランだけではなく、普段のランニングから意識を高める必要があります。大きな事故に遭う前に。

 

※ちなみに謝る母親の横で「大丈夫」と、悪いことした表情の男の子でした

      ランニング良著

最高の走り方

最高の走り方

  • 作者:弘山 勉
  • 出版社:小学館
  • 発売日: 2019年11月21日

      ランニングマスク

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

富山マラソンゴール前 1

2021.5.15 更新 2020-2021のマラソンシーズン、主要都市型マラソンは名古屋ウィメンズを除いて全滅でした。コロナウイルス感染拡大の影響により1レースもフルを走れなかったシーズンは初めてで ...

東京マラソンゴール地点から東京駅を望む 2

東京マラソンは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。 東京を走りたくて続けていたジョギングがマラソンへ移行し、以降本格的にマラソンへはまっていきました。そして現在に至ります。 初めて東京マラソ ...

富士山マラソンでフジパン提供 3

夕飯前に意気込んで家を出て、ロングランの結果ガス欠になること数回。食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 そんなキツイ経験ありませんか?食前でも食後で ...

御嶽山を登って見つけた雪トトロ 4

2021.5.10 最終更新 今シーズン、メジャーどころの年内フルマラソン開催可否が壊滅状態だということは以前お伝えしました。 ではでは、さてさて、年明けの開催状況はどうなのか? コロナ禍で、今シーズ ...

コンプレッションハーフタイツの2XU 5

マラソン界のトップランナーが履いている姿をここ1、2年特に目にするようになりました。 それを見て「あれカッコいいなぁ」と単純に思い、2019-2020シーズンに初めてコンプレッションタイツを購入しまし ...

-雑談
-,

© 2021  走るは旅なり