別大マラソン翌日に地獄巡り

https://running-is-traveling.com

役立ち話

どんな気象条件でもランニングに行くは嘘?

投稿日:2018年8月17日 更新日:




今までどんな過酷な気象条件でもずっと走ってきました。

猛暑日に汗がポタポタとランパンから絶え間なく落ちる日、

手袋していても手がかじかんだ極寒の氷点下の日、

意気揚々と走りに出掛けお腹を下した日、

走路に足首が埋まるくらいに積もった大雪の日、

そんな気象条件でも極力ランニングへ向かっていました。

そんな私が細心の注意を払って家を出て、苦渋の決断でその日のランニングを断念する日があります。

それは・・・


スポンサーリンク


ランニングには大敵、怖いぞ雷!

子供じみていますが、びしょ濡れになる土砂降りとか、足首まで埋まる大雪では、むしろ走りたくなってしまう性分です。

雨上がりに虹なんて見られた日には、気分が高揚してしまうこと請け合いです。

しかし絶対に積極的に走りに行かない条件があります。

それは、

雷雨

の日です。

 

ランナー知ってて損なし、落雷の基礎知識

ランナーとして覚えておいて損はない豆知識があります。

音の速さは340m/秒、そこから今光った雷雲までのおおよその距離がわかります。

 

稲妻までの距離=340m/秒×ピカってからゴロゴロまでの時間(秒)

 

例えば、雷が鳴って3秒後にゴロゴロと聞こえた場合、今立っている所から雷雲までの距離は1キロも離れていないことになります。

風向きを考慮して、雷雲から遠ざかるか、屋根のある所で待機するべきなのです。

 

走っても雷雲から逃げ切れない

雷雲の移動速度は時速5〜40キロと幅広いのですが、速い方の時速40キロですと逃げたってあっつう間に追いつかれてしまうのがオチです。

オリンピックレベルのキロ3分で走っても追いつかれるので、雷雲が向かって来る反対方向へ逃げたってアウトです。

なんせマラソン界のトップ選手でさえも時速20キロ程なのですから、ドス黒い雷雲が猛スピードで接近していることが分かったら、逃げている暇はないということです。

 

雷雨からの推奨避難場所

 

雷雲で危険な場所

森林

○開けた平地→山頂、尾根、堤防、河川敷、田畑、海岸、テニスコート、ゴルフ場、屋外プール

高い建物、鉄塔、木の底部から4m未満の平地

 

なんとなく想像した通りな感じです。

ランニング中に屋外で突如の雷雨に見舞われた場合、闇雲に雨宿りの場所を決めてしまうのは大きなリスクが伴います。

 

雷雲で安全な場所

建物内の部屋の中心

自動車、電車、バス、飛行機の壁側以外

高い建物、鉄塔、木の底部から4m以上離れた平地

 

とにかく安全なのは屋内です

今のご時世、ランニング中雷雨が襲ってきそうなら、緊急避難的に1番アテになるのはコンビニです。

 

落雷の季節、シーズン到来

雷が最も多くなるのは、7〜9月で、真冬に雷鳴が轟くことは稀です。

夏の午後に発生しやすい、と覚えておいても差し支えないかと思います。

気象情報も積極的に得ようと思えばいくらでも入手できるインフラが今は整っています。

私は夏の時期に走りに行く前、必ず雨雲レーダー(雷レーダー)をチェックします。

基本雷雲は西から東へ移動します。

今いる場所より西側で雷雲が発達していることを雨雲レーダー(雷レーダー)で発見したら、一応目視で確認してみてから走るかどうか最終的に決めます。

また西側で雷雲が出ていても、今いる場所があまりにも晴れ渡っていたら、こちらまでは雷雲が発達しないだろうと予測して走りに出掛けます。(これは経験で分かります)

 

最も多い雷の被害場所とは?

雷による死亡事故では「開けた平地」が1番多く、「木の下での雨宿り」がそれに続きます

この2つが全ての落雷事故死の半数以上を占めるとのことです。

落雷被害は直接本人に落ちるのが1番致死率が高いみたいです。次いで他にも木や高い物に落ちた雷が間接的に飛んできたり、地面を伝って感電する被害です。

やっぱり屋内退避が1番安全ということです。

 

ランナーあるある

余談ですが、この雷雲を避けるためいざ雨宿りしたのはいいのですが、季節柄その雨宿り場所で蚊の襲撃に遭遇です。

ここぞとばかりに退避中で逃げ道がない私たちに蚊は襲いかかって来ます。

どこから湧いてくるのか知りませんが、「今でしょ」とばかりに何匹も近づいて来て容赦無く吸い逃げをかまします。

 

ランニング中に雷雲が近づいていきたら、まとめ

ピカッと光ってからゴロゴロ音が10秒ぐらい掛かるようであれば、その雷雲から3.5キロくらい離れています。

雷鳴から10秒を安全としている話はこれが所以なのかもしれません。

しかし、幅が数キロにも及ぶ雷雲直下に自分がいる可能性があるので、ついさっきの落雷が10秒以上離れているから安全だ理論は成り立ちません。

まさにいつ落雷してもおかしくない状況下なので、真っ黒い雷雲が頭上に広がっていたら、まずは避難場所を探すことが最優先です。

私はランニング中に目の前に雷が落ちたことがあります。

その当時は走ると決めた日は絶対走る、といった融通が全く効かない脳内(それは若気の至りとも言いますが・・・)の持ち主でした。

しかし、今現在はそんな無謀なことをする勇気はありません。私だって歳も中年に差し掛かる妻子持ちとして、雷でパタリ一瞬で臨終する訳にはいかないのです。

よって、

鳴るなら走るな!走る最中近くで鳴ったらまず避難!

を基本姿勢としています。

        マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

富士山マラソンでフジパン提供 1

夕飯前にロング走に出掛けガス欠になること数回。 食べ放題の外食30分後にランニングへ出掛け吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 そんなキツイ経験ありませんか? 今回は食前・食後のランニングについて考えて ...

2

東京マラソンは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。 東京マラソンを走りたくてランニングがマラソンへ移行し、それ以降本格的にマラソンへはまっていきました。 初めて東京マラソンへ挑戦しようと思っ ...

越後湯沢秋桜ハーフマラソンは暑い 3

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

ズームフライ3とフライニットとの比較 4

マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。 初めて買ったランニングシューズはナイキでしたが4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰 ...

江ノ島ランニング 5

目次1 ランニングにおけるダイエット効果とは?2 始めたランニングに立ちはだかる大きな壁3 私が確信を持って言えること4 永遠の減量モード突入か?5 まとめ ランニングにおけるダイエット効果とは? テ ...

-役立ち話
-,

Copyright©  走るは旅なり , 2020 All Rights Reserved.