湘南、鵠沼海岸でラン後に海に浸かる

https://running-is-traveling.com

役立ち話

走りやすい季節到来、ランニングと寒冷馴化

2020年10月23日




上の写真、今年の猛暑、あの江ノ島はもう遠い昔の話。灼熱のランニングを懐かしく思う今日この頃、朝晩の気温がグッと下がりました。

秋が深まるにつれてランニングしやすい気候に変わり、寒くなってきて「寒冷馴化」という言葉を思い出す所です。

以前暑熱馴化については書いたのですが、それは暑さに慣れるの意でした。

今回はその反対のお話となります。

参考記事
冬ラン中に雪だるま
夏ランニングにおける暑熱馴化について

なんじゃこりゃと思いながら上の写真を見て下さい。 実はマラソンは上の写真のように雪だるまが似合う季節のスポーツです。 なのですが、今は夏真っ盛りです。 雪ん子あぁ半年前なんと走りやすかったことか・・・ ...

続きを見る

冬の狭山公園をランニング


スポンサーリンク


ランニングと寒冷順化について

寒冷馴化とは

「寒さ」に「馴れ」て「順応する」

これが寒冷順化で文字のまんまの意となります。

気温が乱高下する秋に、夏の暑さに慣れた身体はすぐには順応せず、体調不良の原因になります。

順化がうまくいかないと身体への負担が重なり、運動パフォーマンスが下がってしまいます。

雪ん子
体の冬支度なのだ

 

元々備わっている

そもそも恒温動物である人間は、発汗で体温を下げて熱放出したり、毛穴を閉じることで熱放出を抑えたりして体温を一定に保ちます。

暑さや寒さへ順応は、元々身体に備わっている機能です。

個人的には「暑さ→寒さ」より、「寒さ→暑さ」の方が馴れるまで時間が掛かると感じます。

発汗による心拍数上昇によってペースダウンに繋がります。春先のフルマラソンでは、20℃前後まで気温が上昇して撃沈した経験をお持ちでは。

 

機能不全

普段から空調設備が整った屋内ばかりにいると、本来人間が持っている暑熱馴化や寒冷順化の機能が衰えます。

季節の変わり目に体調を崩しやすい方は、暑くても寒くても積極的に外気に触れて、気温の変化に慣れやすくする方が得策です。

 

ランナーは寒冷(暑熱)馴化に強みあり

外気に触れながら運動することとなるランナーは、季節の環境変化にスムーズに順応することができます。よってランナーは馴化に強みを持っているのではと推測します。

ランニングは常に発汗を伴う運動です。言い換えれば常に熱をコントロールしていると言えます。

この時期急に走りやすくなってペースが上がることは、寒冷馴化がスムーズに行われていることだと思います。

走ることで体の機能を正常に維持していることになります。ランニングが健康維持に貢献しているという話でした。

1年を通してのランニングを推奨
雪ん子

雪の村上市元旦マラソン

      ランニング良著

      マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 1

2021.12.2 更新   雪ん子あの大会は来年あるのかい? 2022年冬春の主要フルマラソン開催可否について、情報収集して公開しています。 感染状況が下火状態、このまま大きな波が来ずに春 ...

富山マラソンゴール前 2

2021.12.2 更新 2021年秋冬フルマソン大会情報は残りわずかで更新終了となります。長らくアクセス頂いた皆様感謝申し上げます。 コメント下さった方、手が届かなかった情報提供ありがとうございまし ...

富士山マラソンでフジパン提供 3

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

山手線1周ランニングで見た変な景色 4

マラソンは細身が速い ここ数年ほとんど変化ない体重ですが、意識的に減量に取り組もうと決めました。 体感であと5キロは痩せられると思っています。しかし闇雲に取り組んでも失敗は目に見えています。 そこでB ...

ランニング途中で見つけた花 5

ランニングウェアが臭い、そう感じたことはありませんか? おそらく誰でもあるはずです。暑くなり汗をかき出す季節になると、ウェアの臭いは特に気になるものです。 ラン友とのランニング時間が、自分の臭いや他の ...

-役立ち話
-

© 2021  走るは旅なり