諏訪大社上社上宮手水舎

https://running-is-traveling.com

おすすめコース

諏訪大社4社参り&諏訪湖一周をランニングでコンプ|おすすめランニングコース紹介<10>

投稿日:2019年9月6日 更新日:




節目となった10回目のコース紹介は、「諏訪大社の御朱印を4つ集めよ」とのお告げが根底にありました。

カミさんの趣味が御朱印集め、私の趣味がランニングで、その融合版が今回のコース設定となっております。

「御神渡り(おみわたり)」や「御柱祭(おんばしらさい)」で有名な長野県は諏訪湖周辺へ走りに行ってきました。


スポンサーリンク


今回のコース全容

ざっくりとコース紹介

下諏訪駅をスタート →
諏訪湖ジョギングロード →
上社本宮 →
上社前宮 →
諏訪湖ジョギングロード →
下社春宮 →
下社秋宮がゴール

おまけ:下諏訪温泉

※上社・下社 → かみしゃ・しもしゃと読む

ランニングで諏訪大社4社参り「キョリ測」利用 

聞くところによると周囲16キロの諏訪湖岸沿いには、ランニング向けのジョギングコースがあるとの情報をゲット、そこを走ってみたいなぁとずっと思っていました。

加えて諏訪大社4社参りというのがあって、普通は車やバスや電車を利用して参るのですが、ランニングで周れる距離だし、ついでに諏訪湖のジョギンコースも1周しちゃいましょうとのいうのが今回の試みです。

今回は、時系列に沿って写真と共に回顧し、全行程約37キロをまとめてみました。

 

早朝5:30の始発で下諏訪駅へ向かった

眠い目をこすりながら始発列車に飛び乗って3時間半、走るためだけに彼の地へ降り立ちました。

確か一年前も走るためだけに始発列車に乗って目的地へ向かいましたが、今回も同様に普通列車3時間半の長旅(惰眠付き)で現地へ向かっったのです。

1年前はここへ
廃線跡を走る・つくばりんりんロード|おすすめランニングコース紹介<8>

 前回私自身が帰省ランをしましょう、地元にはまだまだ知らないコースがありますと提案した身です。 この度、近場(関東圏)で廃線跡に作られたサイクリングロードはあるか?調べてみました。 前回はマイナーな赤 ...

続きを見る

下諏訪駅前には温泉が出ている列車を降りると関東とは違い、ヒンヤリとした空気が肌を包み込みます。

それは今年初めて秋を感じた瞬間でもありました。

駅には

コインロッカー、綺麗目なトイレあり

トイレで走る格好に着替えたり、ロッカーに携帯するには余分な荷物を預け、いよいよスタートとなります。下諏訪駅のトイレとコインロッカーコインロッカーがあれば、冬でも普段着で来て、厚手のアウターなどを入れられるのでここは遠征ランニング向けと言えそうです。

 

下諏訪駅から南に諏訪湖あり

スタート後は、じっくりと長時間電車で座ってなまった体を解しながら南下、1.3km程走ると諏訪湖が目の前に現れてきます。

下諏訪駅からなら

諏訪湖ジョギングロードのスタート地点を一ツ浜公園とします

道中、田圃にたわわに実る稲穂を眺め、収穫の秋を感じずにいられません。諏訪湖ジョギングコースへ向かう途中で稲穂

 

諏訪湖ジョギングロードとは

諏訪湖に到着するとすぐに湖畔のコースを確認できます。

ここから諏訪湖を1周し、上社参りを経てまたここに戻ってきてその後、下社方面へ向かいます。

 

舗装状態は?

9割以上がラバー舗装されたコースで脚に優しい設定となっています。

しかし、コース全般を通して劣化が進んでいる感は否めませんでした。

いくつかの区間で更新途中、更新完了の箇所があって、諏訪湖畔のジョギングコースは、随時ラバー舗装は新しくなるコースです。諏訪湖ジョギングコースはラバー舗装今回は上社参りを済ませ、再び諏訪湖ジョギングロードに戻った所が舗装更新され、真新しいゴムの匂いがするランニングコースとなっていました。諏訪湖ジョギングコースの真新しいラバー舗装

 

ここはサイクリングコースではない

諏訪湖ジョギングロードは基本的に自転車での走行は不可、ウォーキングとランニング専門コースなのです。

諏訪湖1周してみて、その旨伝える注意喚起看板を沢山見かけました。

本来はこれで心置きなくジョギングを走れるはずなのですが・・・
諏訪湖ではジョギングとサイクリングの分社化が進む
諏訪湖ではジョギングとサイクリングのの注意喚起されている時点でサイクリストの多さを想像できます。

平日だったからかジョギングコースを走る自転車は少なかったのですが、これが週末になるとおそらくサイクリスト達がこぞって訪れるのでしょう。

やはり週末や祝日はそれなりの注意は必要でしょう。

 

諏訪湖から富士山が見える

山の谷間から富士山が見える諏訪湖山の谷間を見ると、彼方に富士山が見えました。

長野県から富士山が見えるとは想像してなかったのですが、天気が良く空気が澄んだ朝方なら夏でも見えやすいようです。

残念ながらゴール後の夕方には、雲が多く晴れ間はあっても見えませんでした。

来年の富士登山競走への想いがふつふつと湧いて来ます。

 

諏訪湖ジョギングロードのトイレ、給水事情

諏訪湖ジョギングコースの給水場所ある程度短い間隔で公園が点在しているので、トイレの心配はありません。

飲料は公園の水飲み場、自販機も十分すぎるほど目に付いたので、ポッケに小銭を忍ばせておけば、真夏でも飲み物の心配は無いと言えます。

私は念のためバックパックに500ml2本背負って走ったのですが、2本目がいよいよ底を突きそうだなぁ、と思うと目の前に自販機が現れる感じです。

ホント日本には自動販売機が至る所に設置されている、と感心してしまいます。

まぁこの点はランナーにとっては大きなメリットです。

 

距離標あり

1キロ毎にお洒落な距離標があり、「チャレンジ!諏訪湖一周16km」と題し、4区間に区分けされて色付が施されています。諏訪湖ジョギングロードの距離標数種類の案内看板が16キロに渡り所々ありました。諏訪湖案内板

諏訪湖案内板

諏訪湖から富士山が見える件の看板このような看板前で足を止め、説明をじっくり読んだり、図を見たりして見聞を広める時間が大切です。

 

水門あり

諏訪湖の西側に位置し、ひときわ目立つ建造物が釜口水門です。諏訪湖ジョギングロードにある釜口水門

諏訪湖のこの場所から天竜川今回走ってここが天竜川の起点だと初めて知りました。

 

諏訪湖、空気はあまり良くない

一般道と近い諏訪湖ジョギングコースご覧の通り交通量が多い道路と並走する箇所が多く、大型車が多く排気ガスが気になってしまうかもしれません。

綺麗な空気で爽やかランニングとはいかないかもしれません。

 

諏訪大社4社参りへ、上社方面への分岐はここ

諏訪湖から諏訪大社上社方面へ右手方面の小高い丘に中央道の諏訪湖SA、道なりにセブンイレブンが見えてきたらそろそろ右折準備です。(仮に真っ直ぐ進んでも上社方面へ行けます)ジョギングロードから諏訪大社上社方面の分岐はこここの信号を右折↑、どんつき↓を左折して諏訪大社上社方面へ向かいました。左折で諏訪大社上社方面へ

 

諏訪大社4社参りとは

諏訪大社は全国に25,000社ある諏訪大社の総本山で、国内最古の神社の一つです。

4箇所の社を持つ珍しい神社でもあり、この地はパワースポットとしても有名です。

上社前宮、上社本宮、下社秋宮、下社春宮からなり、4箇所全てを参拝することを諏訪大社4社参り(巡り)と言います。

上社、下社はそれぞれ諏訪湖の北側と南東側で離れた距離にあり、車やバスでの移動が一般的です。

そこを走って4社全てを回り、4つの御朱印を頂いて来ました。

 

まずは諏訪大社上社本宮、上社前宮を訪れ御朱印をいただく

諏訪湖ジョギングロードを外れ南下、諏訪大社上社本宮、上社前宮の参拝を目標に進みます。

再び湖へ帰って来るまでは往復14キロの道のりとなります。

 

諏訪大社上社本宮

諏訪大社下社本宮へランニングで到着

諏訪大社下社本宮へランニングで到着

贄掛けの大欅(にえかけのおおけやき)

樹齢は1000年、獲物をお供え物として枝に掛け祈願した

上社本宮は意外や見所が多い

神楽殿の大太鼓

牛の皮1枚で作られた世界最大の大太鼓、元旦の朝のみ打たれる

上社本宮は意外や見所が多い

五穀の種池

春に種もみを浸してその浮き沈みで豊凶作を占う

上社本宮の看板説明も読みましょう

雷電為右衛門像

信州生まれ幕末の名力士、勝負強さを仰ぎ奉納される

上社本宮は意外や見所が多い

明神湯

井戸を掘ったところ温泉が湧き出る、手水(ちょうず)に温泉が使われるのは諏訪大社ならでは

4社のうち本殿は本宮のみ

諏訪造り

方拝殿が幣殿の左右に配置された独特の造り

 

上社前宮までの途中に北斗神社と石清水あり

上社本宮からは一般参拝者でも歩いて行ける距離(約2キロ)にある上社前の宮です。

実際に歩いて移動されてる方達を数名見かけたのですが、その途中にも見処はあります。

その一つ、北斗神社は200段の階段を有する神社です。

諏訪大社4社参りランニングの途中で北斗神社へ寄り道こんな看板を見たら、富士登山競走の山頂コース完走を目指す者として、上る選択肢以外はありえません。北斗神社から諏訪市を一望看板通りに諏訪市を一望でき、登って良かったと思える瞬間を感じられます。

また、飲料できる石清水で一服ついたら、上社前宮はすぐそこです。諏訪大社4社参りランニングは途中岩清水で一服この2ヶ所は車で移動していたのなら、まず気づかずに通り過ぎてしまう場所です。

旅には徒歩や走りだから体験できることが多々あるのです。

 

上社前宮

上社前宮入り口

上社前宮までジョギングで

諏訪大社上社前宮(まえみや)

本宮(ほんみや)からは東へ2K、歩いて約20分、御祭神が最初に居を構え諏訪信仰発祥の地と言われる

上社前宮の水眼へランニングで

水眼(すいが)

山中から湧出する清流で水質は科学的に証明され飲料水、神水として利用される

写真を撮り終えると、真後ろにポリタンクで水汲みに来た人が待ってました、すみませんお待たせしました。

 

再び諏訪湖一周ジョギングコースへ戻って来た

前宮を後にしてテクテクと単調な復路を諏訪湖方面へ向かいます。

ここでは飽きが来るどころか沿道の花に魅せられ、写真を撮るために立ち止まる回数が頻発します。ランニング途中で見つけた花

諏訪湖ランニングで見つけた花そして諏訪湖へ到着後、スタート地点を目指して湖畔を走り始めました。

疲れているのか、走りやすい諏訪湖ジョギングロードなのに脚が重く集中力も欠けてきました。

そんな方には、目視で分かるスタート地点をご紹介します。諏訪湖ランニングはこの建物を目印に下諏訪駅から諏訪湖ジョギングロードへ入ったならこのオレンジの建物(老人ホーム)が目安です。

見晴らしのいい湖畔コース、湖畔のどの位置を走っていても確認できるので「諏訪湖一周はあそこまで」との目安となります。

 

諏訪大社4社参り、残りは下社の2つでゴール

湖畔コースを1周しコースに別れを告げ、いよいよ諏訪大社の残りの2社を目指して北上します。

諏訪湖ジョギングロードから下社春宮で参拝し、ゴールの下社秋宮まで残り3.5キロのコースです。諏訪湖から諏訪大社下社へランニング

 

諏訪大社下社春宮

下社春宮までランニングで

ここを参拝後に「万治の石仏」「岡本太郎石碑」も併せて訪れるべきです。

流れる小川のせせらぎとひんやり感がここまで走ってきた身体にしみじみと染み渡る感じです。諏訪大社春宮の小川せせらぎ川を眺めて道なりに進むと、マイナスイオンに包まれた空間に万治の石仏、岡本太郎石碑はあります。万治の石仏をランニングで見に来たこの地を幾度となく訪れた岡本太郎の石碑この地を何度も訪れた岡本太郎氏の石碑

 

下社秋宮

秋宮へ向かう道は中山道と甲州街道が合流する歴史的に賑わった場所です。

旧街道沿いには宿場が多く並び歴史ある趣を醸し出しています。甲州街道と中山道の合流地点下諏訪は町中で温泉が湧いていて、何気ない道路沿いに温泉が出ていたりします。諏訪大社下社春宮から中山道への道は温泉だらけ

ゴール地点の諏訪大社下社秋宮入り口へ到着

ランニングで巡った諏訪大社

弊拝殿と左右方拝殿

江戸中期の名匠立川和四郎富棟による見事な彫刻が目を惹く、春宮と秋宮の弊拝殿が似ているのは、当時高島藩主が2つの流派(大隅流・立川流)に同時に作らせ競った結果

根入りの杉を見にジョギングで

根入りの杉

樹齢800年、小枝を煎じて子供に飲ませると、夜泣きが止まるとの言い伝え

下社秋宮までランニングできた

神楽殿

しめ縄は出雲大社の指導による日本一の長さを誇る、青銅製の狛犬は国内最大級

 

諏訪大社4社参りで記念品をゲット

諏訪大社4箇所の御朱印をコンプリートするとご褒美に記念品がもらえます。

これが諏訪を訪れた理由の一つです。

夕方となり、キリがいいので記念品をいただいた秋宮をゴールとしました。諏訪大社4社参りをコンプして記念品をゲット記念品は定期的に変更されているみたいです。

特製「きんちゃく」は、出発前にネットで調べた4社参り品とは違うものでした。

 

ランパン、ランシャツの臭いが気になったら

諏訪大社、ここで御朱印をいただく御朱印を頂く列にランパン、ランシャツを汗で濡らした中年男性が1人。

街中を走っていてもこういう場面が多々あるのですが、恥ずかしくはなく走りに集中しています。

しかし、この様な神聖な場所は、汗の臭いで他所様の不快にならないよう気を遣ってしまいます。

こんな時は、昨年サロマ湖ウルトラのお土産で購入した北見産の「ハッカ油」の匂いで誤魔化してしまいます。(虫除け効果あり)

 

下諏訪温泉でランニングの汗を流す

諏訪大社周辺には温泉共同浴場(菅野温泉、旦過の湯、新湯、遊泉ハウス児湯)が点在しています。

改めてここが諏訪大社の門前町であり、下諏訪温泉の宿場町であることが分かります。

私が汗を流すのに選んだ温泉は、ゴールの下社秋宮に最も近い遊泉ハウス児湯です。

ランニング後に遊湯ハウス児湯に入浴たったの230円(ボディソープ、シャンプーは持参)で入浴でき、さっぱり汗を流せるのですが、下諏訪温泉の難点はお湯がかなり熱いことです。

幼い頃、祖父と入った銭湯を思い出しました。

蛇口から冷水を出して、ある程度湯温を下げてから湯船に浸かった記憶が蘇ります。

だけども、ここには冷水が出る蛇口がありません。

そこで給湯口から一番離れた所で意を決して入りました。

疲れた身体がシャキッとする熱さです。

帰りしな番台には「湯船の温度43℃〜45℃」とあります。

どおりで熱いはずだわ、ムリ

 

「門前ひろば」でお土産を

下社秋宮から参道を真っ直ぐ下った左側に、大きなお土産屋さんがあります。

ここへ来れば諏訪のお土産は事足りると思います。

大切な人へのお土産は「門前ひろば」で。

下諏訪のお土産はここで購入

 

帰路はお決まりの特急で快適に

特急あずさで下諏訪から楽に首都圏へ走り終えたら特急で帰宅はこの企画の十八番となっています。

今回は夕方、特急あずさに乗車しほろ酔い気分で楽々帰宅となりました。

八王子、立川、新宿に停車するので非常に利便性が高い特急です。

 

まとめ

寺社仏閣を訪れるとなぜだか心が洗われるようです。

神聖なパワースポットで自然とリラックスでき、ストレスなくランニングを楽しめます。

夏も終わりに近く、これから始まる本格的なマラソンシーズンに向け、区切りとして自分自身をリフレッシュしたくここを訪れたのかもしれません。

車、バス、電車利用で現地入り、諏訪湖1周走って、歴史ある諏訪大社4社参りをコンプリートし、熱い温泉に浸かり、お酒片手に特急で帰宅。

日帰りでも十分満喫出来る旅路コース間違いなしだと思います。上社間宮脇の清流

おすすめ人気記事

1

私の人生を変えたと言っても過言ではないのが東京マラソンです。 この大会へ参加したくてランニングからマラソンへ移行し、それ以降本格的にマラソンへはまっていきました。 初めて東京マラソンへ挑戦しようと思っ ...

2

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

ランニング途中で見つけた花 3

ランニングウェアが臭い、そう感じたことはありませんか? 暑くなって汗をかき出す季節になると、ウェアの臭いは特に気になるものです。 ラン友とのランニング時間も、自分の臭いや他の人の臭いが気になって走りに ...

4

今年(2017年)の走り納めに、ランナーからの評判がいい奈良マラソンに参加してきました。 まずは奈良マラソンを語る上で切っても切れないのが坂道です。 ひっきりなしに現れるアップダウンは全国に多数あるフ ...

ナイキペガサスターボと江ノ島 5

スポンサーリンク ランニングにおけるダイエット効果とは? テレビを見てもわかるように世の中には多種多様なダイエット方法がはびこっています。 飲食しただけで痩せると謳うダイエット食品、身に付けるだけでウ ...

-おすすめコース
-, , , ,

Copyright©  走るは旅なり , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.