皇居ランニング

https://running-is-traveling.com

雑談

たまにはランニングではなくウォーキングで気分転換

2020年5月26日




新型コロナウイルス感染対策が続く中、最近はもっぱら走るのは夜間となっています。

なるたけ人との接触を避けるための措置です。

5月下旬の晴れ渡った休日、久々に明るい時間帯にいつものランニングコースをウォーキングしてみました。

いつもの10キロ、でもいつもと違う10キロ。

気晴らしは大切です。


スポンサーリンク


快晴の中、多摩湖自転車道ウォーキング

ウォーキングはランニングとは違う、そんなところが好き

走りと歩きの決定的な違いは、心臓を酷使するかしないかだと思います。

ランニングをすれば心拍数が上がって、少なからず体に負荷が掛かります。

ゆっくり歩いていると心が落ち着き、いろんなイメージやアイディアが湧いてきます。

ウォーキング自体は足裏の刺激が脳に伝播して、発想が豊かになる効果があると言われています。

インターバル走なんかの息を切らすペースでは土台無理な話です。

 

19年前の懐かしい感じ

コロナウイルスの感染予防で職場の勤務体系が変わってもうすぐ2ヶ月が過ぎようとしています。

職場は2班体制に分けられ、2日勤務の2日休日と変わりました。

これは私ごとですが、少なからず働く形が変わった方がほとんどだと思います。

休日がすぐに訪れることにかこつけて、夜更かしが増えました。自業自得ですが常に寝不足状態の2ヶ月間でした。

寝不足で体調が整なわない中で20キロ走を行なった時に脚に違和感を感じ途中断念、経過観察中の今はランニングを控えています。

そんなこんなで久々のウォーキングなのです。

今から19年前、痩せようと決めてまずやったことがウォーキングでした。

あの時のように早歩きなんてせず、キロあたり11分半以上かけて力みなく歩いてみます。

ゆっくりだから気持ちいい。ただそれだけ。

 

歩行者目線

正直なところ、いつものランニング中に遭遇する歩いている方達、ちょっと邪魔くさいなぁと感じることがあります。

しかしいざ自分がその立場になると、いやいやランナーの方が迷惑だよとさえ思えてきます。

そんなスレスレ近くを抜いていかなくても・・

マスクかバフを身に付けましょうよ・・

この暑さでそんなに速いペースで走っちゃって・・

立場が変われば思うことも変わります。これを反面教師として再びランニング界へ戻ります。

 

見える世界がまるで違う

普段はGPSウォーッチとにらめっこしながら走っているのでペースを気にしない運動に新鮮さを感じました。

同じコースなのに、明るい時間でペースが違うとこうも見える景色が違うことに驚くばかりです。

キロあたり4分を切るペースと11分半では天と地の差です。

歩いて見るとインターバル走で見える景色は高速で過ぎていく感じです。

まずはこの季節は緑と青が鮮烈に目に飛び込んできます。美しい新緑の季節は嗅覚の刺激も相まって五感を刺激します。

夜間の閾値走でもここまで五感を刺激してはくれないはずです。

また、キロ5分のペースでは気付くことがない路面の粗さや微妙な傾斜を、ゆっくり歩いてると確実に感じることができます。

普段は決して走らない反対側の歩道を歩いてみて、やっぱり多摩湖自転車道は走りやすい路面だなぁと気づきます。

そもそも一般的な歩道は小さなアップダウンが多過ぎなのです。

 

履いているシューズ

ウォーキングに出掛けるためになんとなく選んだシューズが、普段履きに成り下がったランニングシューズでした。

万円単位のランニングシューズは、レース用→練習用→普段履きと経年劣化とともにクラスダウンしていきます。

この日履いて出掛けた靴は四万十ウルトラマラソンを共に走ったシューズです。

あの日のことを思い出していると2キロくらい(20分以上)は過ぎたでしょう、思い出に浸っている時間はあっという間に過ぎていきます。

90キロ過ぎくらいに足の血豆が潰れた瞬間を思い出しました。

当時サイズぴったりのシューズを好み圧着したフィーリングが自分好みでした。

そのせいで90キロ走ってきた小指は血豆でパンパンに腫れあがり痛みは最高潮を迎えます。

日暮れとともに気温が下がり調子が上がってスパートをかけている最中に限界を超えた血豆が潰れました。

プチッ、そんな音がしたとかしないとか。シューズを見ると小指あたりが広く湿っています。

激痛だったけど100キロのゴールを前に感覚が壊れています。

晴れ渡った四万十で自然に溶け込んだあの1日は一生の思い出です。

 

ウルトラマラソンに出たい気分になる

四万十ウルトラのことを考えていると、今年は後半に壱岐ウルトラか沖縄100Kウルトラに挑戦したいなと年初に計画していました。

自分の中で2〜3年に1回はウルトラマラソンに挑戦すると決めています。

過去には2013年能登半島すずウルトラマラソン、2015年四万十ウルトラマラソン、2018年サロマ湖ウルトラマラソンに挑戦しいずれもドラマがありました。

ただ今年決行するウルトラマラソン大会があるのでしょうか。

壱岐ウルトラは6月1日エントリー開始(中止なら全額返金)、沖縄100Kはいまだ公式HPは更新されていません。

ぼ〜っと青い空を眺めて歩いていると、やっぱり100キロ走りたいなぁと思えてきます。

ウルトラマラソンの非日常度はフルマラソンの比ではないですから。

フルが自分への挑戦と例えるなら、ウルトラマラソンは旅そのものです。

旅に飢えているならウルトラ挑戦が望ましいとの想いです。

きびしー
サロマ湖100Kウルトラマラソン|春夏秋冬フルコンボ

人生で1度は参加してみたかったこのレース、エントリーしてから実に5ヶ月にも及ぶ準備期間を要しました。 大会当日の真夜中の国道、会場に向けて永遠に続く車列はまるで暗闇に浮かぶ万里の長城、これがサロマ湖で ...

続きを見る

参考

能登半島すずウルトラマラソンは2019年をもって終了しました

 

たまにはウォーキングしたらいい

2月中旬にマラソン大会が中止になった後で、特に今でも日々頑張っているランナーにウォーキングをおすすめしたいと思います。

ルーティーンがあっても一歩引いて、1週間ぐらい気持ちも身体も緩めてみてはいかがでしょうか?

1週間くらいランニングしなくても走力落ちないですから。仮に落ちたとしても、ちょっとくらいはすぐに元に戻ります。

おそらく1週間もノンビリすれば超回復が期待できます。

久々に走った時、軽い体を体験すれば、常日頃疲労が溜まっていたことに気付くと思います。

ゆっくり歩いてみましょう。

ウォーキングで見つけた花々

おすすめ記事(広告含む)

      ランニングマスク

      マラソン遠征に

人気記事(直近3ヶ月)

御嶽山を登って見つけた雪トトロ 1

2021年フルマラソン開催可否随時更新中 今シーズン、メジャーどころの年内フルマラソン開催可否が壊滅状態だということは以前お伝えしました。 ではでは、さてさて年明けの開催状況はどうなのか? コロナ禍で ...

湘南国際マラソン折り返し付近 2

  光明   ランナーにとって吉報が舞い込んできました。かねてから何か動きがあるのでは、と期待されていた湘南国際マラソンがやってくれました。 2020年8月4日記者会見を開き、この ...

コンプレッションハーフタイツの2XU 3

マラソン界のトップランナー達が履いている姿をここ1、2年特に目にするようになりました。 それを見て「あれカッコいいなぁ」と単純に思い、2019-2020シーズンに初めてコンプレッションタイツを購入しま ...

富士山マラソンでフジパン提供 4

夕飯前に意気込み家を出て、ロングランの結果ガス欠になること数回。 食べ放題の外食へ赴き、30分後にランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 そんなキツイ経験ありませんか? 食前でも食後でも ...

東京マラソンゴール地点から東京駅を望む 5

どうやら2021年開催における東京マラソンの一般募集はなさそうです。 毎年8月が一般募集の期間でした。それだけではなく、チャリティー枠での参加募集もない模様です。 チャリティー自体は今年も募っているも ...

ランニング途中で見つけた花 6

ランニングウェアが臭い、そう感じたことはありませんか? おそらく誰でもあるはずです。 暑くなり汗をかき出す季節になると、ウェアの臭いは特に気になるものです。 ラン友とのランニング時間が、自分の臭いや他 ...

ズームフライ3とフライニットとの比較 7

マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。 初めて買ったランニングシューズはナイキでした。4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰 ...

-雑談
-

© 2020  走るは旅なり