灼熱の夏ランニング

https://running-is-traveling.com

ひとり言

灼熱ランニングに現れた街のオアシス

あんまり他所にはいないと思います。自動車免許更新後に帰宅ランニングを選択する人は。

しかも異例の早さで明けた梅雨、その後にやって来た連日35℃の世界が堪えます。

そして追い打ちをかけるように試験場の建物が古く、クーラーが効いていない講習室は低温サウナです。1時間の講習を終えブルーの免許をゲット、でも走る前から汗だくなのです。

明日は富士登山競走の山頂コースを試走予定、早めに眠るためにランニング時間を捻出すると帰宅ランしかないのです。

雪ん子
走って帰るのだ


スポンサーリンク


灼熱の帰宅ランニングでは休憩が必須

見なければいいものの、一応スマホで現在地の気温をチェックします。府中の外気温はその時34.8℃でした。

以前にも話した通り好きで走っているので、誰が何と言おうと35℃近くの気温でも走るのです。

 

試験場のトイレで着替えてゴー

トイレの個室でそそくさと走る格好に着替えます。

すでに低温サウナ室にて汗で濡れた衣類と、汗で濡れないように教習でいただいた教本を別々のビニール袋に入れてバックパックへ収納しました。

トイレを出るとベンチから少し視線を感じたのですが、どう見てもランナーですから隠しようもなく、奇異の眼差しを受けながら建物の出口へ向かいました。

さあ出発
雪ん子

府中試験場

府中運転免許試験場

 

夏ランの必携品

今更言うまでもないのですが、飲み物とサングラスはマストです。

飲み物はソフトフラスクを手に持って走るのがお気に入りで、喉の渇きを感じる前に必要に応じて口に運びます。

ちなみに政府推奨ですから、屋外ではマスクはしません。ここが昨年と明らかに違うところです。

真夏ランではソフトフラスク

補給は早めに

 

オアシス出現

これだけ直射日光が強くまとわり付く暑さだと、頑張ったって20分が連続走行の限界です。そんな時に現れるのが都市のオアシス、スーパーマーケット(ドラッグストア)です。

 

スーパーは最強の休憩スポット

◎クーラーが効いていて冷却効果大

◎コンビニより品数が多くより安い

◎椅子があったり長居できる

 

とにかく都市であれば20分くらい走れば、スーパーとかドラッグストアが出現します。これにコンビニが加わるのですから、街中はランニングのオアシスだらけと言えます。

よってこまめに休憩を取ることで酷暑でも走れてしまうのです。

酷暑ランニングのオアシス

スーパーで体を冷やしながら水分を購入、ソフトフラスクの中身を入れ替え、掌を冷やして体温を下げながら再スタートを切りました。

この日は家まで約10キロですが、のそのそと走ったり多めの休憩で約90分かけて自宅に到着しました。

都市部なら真夏の猛暑でも休憩スポットが多いということは、日本は他国に比べて夏のランニング環境は恵まれていると感じます。

ちょっとした田舎道でもコンビニと自販機だらけですから、猛暑予報のこの夏の旅ラン計画が楽しみでなりません。

雪ん子
ほどほどに

真夏ランニング

暑くて遅くてもフォームを崩さず

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 1

2022.8.17 更新   締め切りと同時にエントリー延長とか2次エントリーだとか、どうもマラソン人気の陰りが顕著となってきた模様です。人気の奈良マラソンは、エントリー締め切りまで実に12 ...

ランナーズフルマラソンチャレンジin荒川河川敷 2

2022.8.17 更新   年明け大会はどこにする? 自分の年明けマラソンをどうするか?そんな予定立てのために、気になる2023年1月〜5月の主要フルマラソン大会情報を集めては発信していま ...

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 3

2022.6.1 最終更新 2017年開設以来最もランナーの皆様の興味を惹き付けた記事となり、ここはブログ史上最多アクセスを記録したページとなりました。 その間情報収拾が至らない場面があり、何通もご指 ...

4

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

富士山マラソンでフジパン提供 5

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

-ひとり言
-, ,

© 2022  走るは旅なり