ランニングで見つけた大濠公園の桜

https://running-is-traveling.com

ひとり言

マラソンへの暖冬による影響|とにかく暖かかったよ今シーズン

投稿日:2020年3月11日 更新日:




3月中旬、暖かい冬が終わり、例年より早い桜がもうすぐそこまで来ています。

真冬ってあったの?

そんなこんなのこの冬(2019年〜2020年にかけて)は大暖冬と言ってよいくらいの寒くはない冬でした。

寒くはない冬がマラソンやランニングに与えた影響は何だったのか?

コロナで不甲斐なく強制終了した2019-2020シーズンを振り返ってみますか。


スポンサーリンク


まずは暖冬の原因って何だったんだ?

この冬は天気図で、西高東低冬型の気圧配置をあまり見かけることがありませんでした。その主たる原因は、

偏西風が北側へ蛇行したこと

です。

そのことで寒気が降りて来づらく、西高東低の気圧配置にになりづらい状況がすっと続きました。

南岸低気圧がいくつも太平洋岸や本州を通過して行きました。これに寒気が降りて来れば関東に雪をもたらすのですが、上空の冷気が足りずに冷たい雨となりました。

関東平野の冬は基本的に晴れの日が多く、朝は放射冷却現象で寒くなります。

今年は冬なのに曇りが多いせいか放射冷却が起こりづらい条件で、グッと冷え込む早朝が少ないと感じたはずです。

 

異例の暖かさ

冬の出勤時、車のフロントガラスの霜を溶かすためにペットボトルにお湯を入れて家を出るのですが、今年はその出動回数わずか1回(昨シーズンは10回以上)

 

いくつか強い寒気が降りてきても一時的で長続きしない、そんな冬でした。

 

暖冬による影響、例年と比較してみて

とにかく雨が多い

まずは、例年ならずっと南側を通る低気圧が北側に推移して本州を通過することが度々ありました。その結果、平年より降水量が断然多い状態が生まれたのです。

前線が停滞することにより晴天が少なく、1月には異例の大雨が各地で降り記録を更新しました。雪国ではないのにこの冬、傘を持参した日が多かったと思いませんか?

 

とにかく気温が高い

今冬は記録的な高温です。平均気温は全国で平年を2度以上も上回りました

例えば大阪の1月最高気温は19℃オーバー(観測以来1位)だったり、   東京で最高気温が17℃、18℃が連日続いたりしたのがいい例です。

 

とにかく雪が少ない

この大暖冬で異例づくしが続いたのですが、その中で雪の少なさは顕著でした。

異例とも言える「記録的な雪の少なさ」は、統計開始(1961〜62年冬)以降で降雪量が最も少なかったことが証明しています。

ゲレンデに雪がなく、地肌が露出しているニュースを目にし、こんな状況では気温が低ければ人工降雪機が使えますが、西日本のスキー場では営業できません。

個人的には、関越トンネルを超えた新潟県の山間部で、2月になっても根雪がない冬は見たことがありませんでした。

 

根雪とは

雪解けの春まで雪が重なって降り積もっていくこと

 

とにかくインフルエンザにかかった人が少ない

コロナウイルス対策がインフルエンザ対策にも効果があった模様です。

新型コロナウイルスの感染予防として、多くの人がうがいや手洗いを徹底したことでインフルエンザの流行を抑えたと考えられます。

また、インフルエンザウイルスは低湿度で流行すると言われています。

暖冬の今冬は雨が多かったことで湿度が高く、これもインフルエンザ流行を抑えた一因と考えられるのです。

 

暖冬によるマラソン(ランニング)への影響

大暖冬は立ち位置によって捉え方が大きく異なります。

冬季の仕事(スキー場、除雪など)に従事している人には死活問題ですが、私達ランナーにとってはどんな冬だったのでしょうか?

多くの(記録も狙っている)ランナーにとっては厳冬期=鍛錬期だと思います。マラソンは気温が低い方がパフォーマンスが上がるのは経験済みな方がほとんどだと思っています。

それなのに参加した2月の京都マラソンでは、時期的に真冬のマラソン大会で暑さと雨対策をするとはエントリー時に想像だにしていませんでした。

 

また雨のフル
京都マラソンのゴール地点・平安神宮
京都マラソン|雨の都路へおこしやす

2020年西京極の競技場、8年ぶりに再び同じスタートラインに並びました。 「気温11℃、歴代3番目に高いです」とのアナウンス。気温高めで雨が降る中でのレースは昨秋と同じです。 暖冬続きがゆえにこの気温 ...

続きを見る

 

ただその兆候がないわけでもなく、例年と比べ普段のランニング時の格好が薄着だった回数がズバ抜けて多かった冬でした。

私は元々タッパが大きく(177cm)ランニングの熱量が多い身体ですが、生足でのランパン率が異常に高かった冬でした。

冬は寒く夏は暑い、そんな当たり前の気候を望んでます。お天道さま・・・そこんとこどうかお願いします。

        マラソン遠征に

     キーワードでブログ内検索

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

1

私の人生を変えたと言っても過言ではないのが東京マラソンです。 この大会へ参加したくてランニングからマラソンへ移行し、それ以降本格的にマラソンへはまっていきました。 初めて東京マラソンへ挑戦しようと思っ ...

富士山マラソンでフジパン提供 2

夕飯前にロング走に出掛けた結果、ガス欠になること多数。 食べ放題の外食30分後にランニングへ出掛けた結果、吐き気・腹痛を引き起こすこと多数。 そんな経験ありませんか? 今回は食前・食後ランニングの考察 ...

3

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

4

今年(2017年)の走り納めに、ランナーからの評判がいい奈良マラソンに参加してきました。 まずは奈良マラソンを語る上で切っても切れないのが坂道です。 ひっきりなしに現れるアップダウンは全国に多数あるフ ...

愛媛マラソン後は道後温泉へ 5

さあ冬のフルマラソンはどこを走ろうか、と思案するのが夏頃。 RUNNETの評価が高く未踏の都道府県、意外とあっさりそれは見つかりました。 愛媛マラソンです。 大会要項を読むとサブ3.5以上でアスリート ...

-ひとり言
-

Copyright©  走るは旅なり , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.