東京マラソン2022からの権利移行

https://running-is-traveling.com

 

 

ひとり言 東京マラソン

東京マラソン権利移行問題の結末




東京マラソン2022が中止になってから、いや東京マラソン2020の一般参加取り止めから始まった出走権の権利移行がついに終焉を迎えましました。

江ノ島のトビが獲物を狙っている
Where is 私の東京マラソン?

スポンサーリンク 江ノ島のトビが地表の獲物を狙っています。まるで今シーズンの狙いを定めている私の様に。 オーラスへ向けて目標を決め我が身を鍛える、それが昨シーズンから始まったコロナ禍であってもフルマラ ...

続きを見る

波しぶき立つ柳島にて
宙ぶらりんだった東京マラソン2022組の行く末

スポンサーリンク 東京マラソンエントリーセンターから長らく楽しみに待っていたメールが届きました。内容は「東京マラソン2022出走権利 再移行に関するご案内」となります。 先月発表された東京マラソン20 ...

続きを見る

新宿にまた一つビルが建つ
2700人の壁

スポンサーリンク もう何回もいやらしい程にお伝えしてます東京マラソン2022の権利問題の件です。   雪ん子もう一度言おう、2022年3月6日開催は東京マラソン2021   10月 ...

続きを見る

こんな経緯で迎えた11月吉日、東京マラソン財団から最後通達が届きます。私は2700人定員である2021大会(2022年開催)を落選覚悟で選択していました。

雪ん子
落選して2024年に走ってやる・・・あれ?

結果は抽選なしの全員希望通り権利移行となったのです。


スポンサーリンク


 

東京マラソン2022は結果オーライ

東京マラソン2021への出走を希望されたランナーの皆様へ(東京マラソン2022出走権利移行調査)

 

東京マラソン2022出走権利移行調査については、2021年10月29日(金)17:00に締め切りました。集計の結果、「東京マラソン2021(2022年3月6日(日)開催)」の出走に関しては抽選を実施しないこととなり、ご選択いただいた全てのランナーの皆様にご希望通り「東京マラソン2021」に出走していただけることとなりました。

 

ーメール内容ー

言い方は悪いですがたらい回しにあった東京マラソン2022組は、本意の選択ではなかったとしても結果的に選択通りに収まったことになります。

これは記事に書いた予測とは大きく違った結論で、個人的には目論見がある意味ラッキーな方に振れました。よってネガティブな予測記事を投稿したことを今は反省しています。

 

実のところどうだったん?

定員2700人の2021年大会(2022年開催)を選んだランナーが少なかったとは、想定しうる権利選択ランナーの総数から考えづらいです。

本当に2023年 or 2024年を選んだランナーは多かったの?
雪ん子

私が推測で予想した倍率が全く現実離れしていたとは思えないんです。

 

文句

前段階の選択(2021 or 2022)だった2021をヤメて2022を選んだランナーからのクレームの多さは想像つきます。

雪ん子
本来2021が中止で2022はそのままが筋

しかも2700人しか定員ありませんし、あとは2024年に回しますとなれば事務局には相当数のクレームが届いていたと思われます。

私は電話していない
雪ん子

仮に自分が運営側だとして多くのクレームを頂いている状況なら、「2021 or 2023 or 2024の権利移行が意外に割れたから、定員越えでもいいから希望通りにしてもう権利移行問題は終わらせましょう」となるかなと穿った考えです。

 

結果オーライ

2021年大会がたったの2700人なら、確実に走れそうな2023年を選択したランナーは結構いたでしょう。苦渋の決断でそうしたランナーにとっては、2022年に走れたので残念な結果となってしまいました。

でも直近に走れなくなっただけで、東京マラソンを走れる権利を保持しているだけで良しとしましょう。

結果的に来年参加の抽選に賭けた自分が救われる形となったのですが、もうこれで皆望み通りになったのだから文句はなしです。

 

シーズン整う

東京マラソン2021が勝負レースに決定、これで今シーズンの大まかなレースは決まりました。

昨年はレース選択を考える余地すらない状況だったことを思い出すと、今年は雲泥の差、2022年春に向けテンションがますます上がります。

色々あった東京マラソン2020でしたがこれにて完結、来年の勝負レースとして3月6日の東京マラソンを万全の態勢で目指します。

東京マラソンEXPOの販売ブース

      注目サプリ

      ランニング良著

      ランニング良著2

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

ランナーズフルマラソンチャレンジin荒川河川敷 1

2023.2.6 更新   いよいよ今シーズンも春までの折り返しを残すのみ、そんな2023年1月〜5月の主要フルマラソン大会情報を発信しています。 少しでもお役に立てるよう月・水・金の夜 ( ...

富士山マラソンでフジパン提供 2

夕飯前に意気込んで家を飛び出して走り出し、ロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めてた日に家族と食べ放題の外食へ、帰宅後30分でランニングに向かって吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 ...

ハーフマラソン後に名古屋めし 3

フルマラソン当日に上の写真のような名古屋メシを食するランナーは殆どいないはずです。 ではフルマラソンを走る直前は何を食べるべきなのでしょうか? 人それぞれと言えばそれまでの話ですが、フルマラソンに必要 ...

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 4

2022.12.20 最終更新   昨年の秋冬は中止オンパレードが連鎖中だったのですが、2022年は下記の表においては見事に開催済みの花が咲きました。 参加者が集まらない過渡期となったマラソ ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 5

2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマラソンにどっぷり浸かった私がこの8年半で出走したマラソン大会は、完走証を頼りに調べると34レース※でした。 これが多いのか少ないのか分かりま ...

-ひとり言, 東京マラソン
-,

© 2023  走るは旅なり