富士登山競走の試走にて一般登山者を抜く際は声掛けを

https://running-is-traveling.com

 

 

役立ち話

登山に暗黙ルールあり|トレランナー&平地ランナーが知っておくべきこと

2022年7月17日


スポンサーリンク


確かにあった登山のルール

富士登山競走の試走に行くこと3回、個人的には練習に没頭するあまり傍若無人に登ったつもりはありません。

そでも一般登山者の動きや会話を反芻し振り返ってみて、さらに転がっているネット情報を加味すると、登山には暗黙のルールが存在することを知ることとなりました。

トレイルランナーや富士登山競走参加者は、一般的な登山ルールというものをこの機会に覚えておいて損はありません。

雪ん子
全ての人が山を満喫できるよう

富士山七合目から望む雲海

 

ごみは自分で持ち帰ること

補給したタブレットの包み紙やプラスチック製の袋、それらはすべて持ち帰るのがルールです。

飴を食べて包みをポケットにサッと入れてしまう行為は危うい行為です。何かの拍子にすぐにポケットから落ちてしまうからです。

これを防ぐため小さなゴミや使い切った補給ジェルは折りたたみ、ジップロックやバックパックに入れて帰宅します。この場合ジップロックの他には、イケヤの保存パックがとにかくおすすめです。

またトレランにてパスタやカップ麺を作るためお湯を沸かすランナーはごくごく少数だと思いますが、アウトドア好きならコンパクトな湯沸かし道具をトレランに持参するかもしれません。

その場合ゴミを持ち帰る精神なら、パスタのゆで汁やカップ麺の残り汁は雑炊に利用したり飲み干すか、とにかく水以外は持ち帰るのがルールです。

富士山五合目レストハウスへ

登りが優先

登山道では登りが優先、ばったり会ったら道を譲るべきは下ってきた登山者です。その理由は、「止まらずにリズムを崩さず登る」、「下山者は視界の先に登り登山者に気付きやすい」ということです。

また必ずしもこれが正しいのではなく、臨機応変に「どうぞ」、「お先に」などの声掛けが必要となります。道を譲る際は山側で避けることを基本とし、谷側で待ってよもやの滑落を避けます。

例えば富士山九合目辺りの息も絶え絶えの区間では、登りの方が下りより圧倒的に肉体的にも精神的にも厳しいコンディションなはずです。こんな場所ではどうぞ先にと降りてもらった方がずっと楽です。

富士登山できつい九号目

 

すれ違いの際は挨拶

万一に遭難した際、挨拶した登山者の特徴を覚えていたり、いつどの辺で挨拶を交わしたしたという情報が遭難者の一命を取り止めることになります。

すれ違うたびはっきりと挨拶して印象付ければ、自らが遭難した時に特徴が思い出されて救出率が上がる可能性があります。遭難や重大な事故が発生時、挨拶シーンはその貴重な情報源となり得るのです。

また岩場や鎖場でのすれ違いでの挨拶は、通ってきた者同士の情報交換の場となります。

富士登山競走にソフトフラスクとハーフパンツ

 

登山道から外れない

これは暗黙のルールというより山の常識です。整備された登山道以外がどれだけ危険か、それは1回でも登山をすればすぐわかることです。

もしも現在地が正確に分からなくなった場合、登山者は地図やアプリを活用して滑落、遭難防止に努めなくてはいけません。

また植物保護の観点からは、登山道を離れて進み自然を荒らすべきではありません。

富士登山競走試走途中で安らぐ高山植物

癒しの高山植物

 

声掛け

他の登山者を追い抜く際に声掛けすることを皆が標榜とすれば、登山はどれほど楽になろうものかと思えます。

恥ずかしがらずに声を掛け合い、初対面の面々でコミュニケーションを取ることが事故のない登山につながります。

吉田ルートと須走ルート、下山道がわかりにくい

 

まとめ

この記事を大きくまとめると以下になります。

○ゴミをほったらかしにしない

○登山道の譲り合いは上り優先

○コミュニケーションが大事

暗黙ルールというものをいくつか挙げたのですが、今季の富士登山を経て思うところは、登山で最も大切なことは声掛けということです。つまりそれはその場にいる登山者とコミュニケーションを積極的に取る意でもあります。

自然への配慮は山に入る者なら皆守れそうなのですが、人への配慮はそうでもない傾向があります。他者への思いやりを持って登山に挑むべきです。

ただこれはあくまでもコロナ禍における要請レベルよろしく、決して強制力があるわけではないのですが、このような登山の暗黙ルールをさらっと当たり前にこなすランナーでありたい所存です。

富士登山競走試走で見た山頂の景色

富士山頂から

      注目サプリ

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

ランナーズフルマラソンチャレンジin荒川河川敷 1

2022.12.2 更新   コロナ感染者が再び増加傾向ににありますが、とっくに世界では、そしていよいよ日本でも通常生活へ向けて動き始めています。 そんな中でのスポーツイベントなのですが、2 ...

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 2

2022.12.2 更新   この秋はコロナの影響を受けていた昨年とは違い、弱毒化したコロナへの対応(国も地方も)が柔軟になりほとんどの大会で開催の運びとなりました。 そして12月も残す所は ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 3

マラソンシーズンが終わり、のんびりとジョグを楽しんでいるところですが、参加してきたマラソン大会が結構増えたのでここで一旦まとめてみました。 2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマ ...

4

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

富士山マラソンでフジパン提供 5

夕飯前に意気込んで家を飛び出して走り出し、ロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めてた日に家族と食べ放題の外食へ、帰宅後30分でランニングに向かって吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 ...

-役立ち話
-, ,

© 2022  走るは旅なり