ランニングでアナフィラキシー

https://running-is-traveling.com

役立ち話

ランニングと食物依存性運動誘発アナフィラキシー

2021年10月25日


スポンサーリンク


記事タイトルを読んで、???な方が殆どだと思いますが、私にとっては深刻なことです。

いつもは根本では物事を面白おかしく伝えられればイイなと思っているのですが、今回は真面目な話に終始します。

なぜなら命に関わることです。興味のない方はページを閉じて下さい。


スポンサーリンク


 

食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIAn)

ランニングでアナフィラキシー

背中に現れたアナフィラキシー

 

エビフライを食べた後、100mダッシュを11本消化したらじんましんを発症(軽度のアナフィラキシー)

その時はフルマラソンへのポイント練習の日でした。秋が深まりグッと気温が下がったことを良いことに、速く走ることにリミットを効かせない100%ダッシュの日でした。

6キロものアップ走をしてから、100m×10数本、後に締めの1キロダッシュという今期4回目の練習メニューです。ダッシュを11本終え、しどろもどろ状態でいつもの公園で給水をします。ここは蚊の大量発生ポイントでもあります。

再び走り始め下りもあって、12本目でこの日最速タイムを叩き出したあたりから身体に異変を感じます。首周りのあちこが走りながら異様に痒く、

雪ん子
さっきの給水で蚊にめちゃ刺された

と思っていたのですが、蚊に刺されたとは違う違和感があります。何か変・・・ようやく過去に葬り去ったエビのアレルギーを思い出しました。

ランニングでアナフィラキシー

 

食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIAn)とは

中学までエビアレルギーがあり、食後の運動で汗をかくとよく発症していたことを思い出します。

そうだ今日はエビフライ3本と、皆が残した尻尾も食べた・・・
雪ん子

ある特定の物を食べた後に運動するとアナフィラキシー症状が出る食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIAn)と呼ばれている特殊型食物アレルギーです。

 

食物依存性運動誘発アナフィラキシーの特徴

原因となるものを食べただけでは発症せず、食後に運動した時だけアナフィラキシー症状が出てくるという厄介な病気です。

 

食物依存性運動誘発アナフィラキシー

・初めての発症は10〜20歳代で男子に多い

・割合は中学生6000人に1人

・主な原因となる食物は小麦、甲殻類、果物

・報告では給食後の体育や部活動の時間に発症しやすい

 

大まかに食後約2時間以内の運動(入浴)でアレルギー症状が現れます。アレルギーの原因であるアレルゲンが、運動により腸からの吸収が増える為と言われています。

運動強度としては、負荷が高く汗をかく激しい運動により引き起こされることが多いです。今回の自分の例もシャカリキに汗をかいた高負荷時に起きました。

帰宅後に鏡を見て唖然とします。身体中からじんましんが出ているではないですか。(以下画像は見苦しく閲覧注意です)

ランニングでアナフィラキシー

ボコボコと

ランニングでアナフィラキシー

蚊に刺されたようでかゆい

ランニングでアナフィラキシー

左耳の後ろが一番酷かった

 

アナフィラキシー

最近ではアナフィラキシーという言葉は、コロナワクチン接種時の副反応で各媒体から情報発信されるようになり一般の方々も知識としてご存知なはずです。

私自身はこの軽いアナフィラキシー(じんましん)持ちだったので、約30年前の中学生時からこの言葉は知っていました。

 

アナフィラキシーの症状

皮膚症状」、「呼吸器症状」、「循環器症状」、「粘膜症状」、「消化器症状」として、じんましん、かゆみ、呼吸困難、気道狭窄、咳、目のかゆみ、くちびるの腫れ、嘔吐、血圧低下

原因

小麦、エビ(甲殻類)

ハチやムカデによる虫刺され

 

そしてこれらが急速に発症するのがこの食物依存性運動誘発アナフィラキシーの特徴です。

原因が注射や蜂に刺された場合は、直接血管に入ってくるため症状が早く出ます。しかし食べ物の場合は、小腸で吸収されるので時間がかかります。

 

急変するから怖い

ランニングを始めた2000年代初頭から、ラン後にエビを食べることはあっても、自己防衛からか走る前に食べることは自然になくなっていました。すっかり忘れた頃に降って湧いたような災難となりました。

このアナフィラキシーは、皮膚・粘膜・呼吸器・消化器などに急速に症状が出ることが特徴です。息苦しく呼吸困難になったら一刻を争うので迷わず救急車を呼ぶことです。

アナフィラキシーは最悪の場合、生命の危機に晒されます。幸いにも私の場合、じんましん以外の症状は現れたことがありません。

なので今回は気付いた時点でランニングはすぐに止め、症状が急変して重症化しないことを心の中で祈りながら、残り2キロ弱をトボトボと歩いて帰宅となりました。

 

同級生が死にかけた

6000人に1人くらいの確率なのに、中学時代の同級生が全く同じ体質でした。同じようにエビを食べて運動するとじんましん症状が出るというのです。因みに彼はサッカー部で、スポーツにしても学業にしても敵わない1人でした。

雪ん子
午後の体育でじんましん出して帰ろーぜー

こんな感じでふざけ合った級友は、症状が急変し家ではなく病院にしばらく入ることとなります。

アレルギー反応によって気道が狭まり、呼吸困難に陥ってしまいアナフィラキシーショック状態で死にかけたのです。重度の症状でしたから救急車を呼んで病院への搬送が急務です。

彼が幸運だったことは、中学校の目の前に総合病院があったことです。搬送され応急処置が施され一命を取りとめたのです。彼が今でも生きているのは幸運が重なったからとも言えます。

 

死なない為に

今回は「エビ」アレルギーによる軽度のアナフィラキシーでしたが、エビを食べたら汗をかく運動はダメ、これはもうずっと個人的不文律となっています。

これ、エビが大好きだからタチが悪い
雪ん子

中学生以降はエビを食べても症状が出なかったのではなく、トラウマとなっていて無意識に食後2時間以内の運動を避けていたという訳です。

それを今回は完全に忘れていて、蚊に刺されたことだとの勘違いです。

 

有効な予防手段

・アレルギー症状が出る食べ物を食べたら2時間運動しない

・ランニングするならアレルギー症状が出る食べ物を食べない

 

そしてランニング中にアンフィラキシー症状が出た場合、その場ですぐに脚を止めることが重要です。軽いアナフィラキシーなら私の例のように、病院へ行ったり安静にしていれば徐々に症状は治まります。

医療機関を受診すべきですが、いつも行ける状況とは限りません。ただ生命の危機を脅かすようなランニングはできません。

雪ん子
食べたいなら走らない、走りたいなら食べない

これは今後徹底します。こういった症状とは無縁な方でも、このような病気があることを知っておくことは無駄には決してなりません。

私は今後も死ぬまでこの身体と付き合っていく訳ですから、大好きなエビフライはランニング後に揚げることとします。

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 1

2022.8.17 更新   締め切りと同時にエントリー延長とか2次エントリーだとか、どうもマラソン人気の陰りが顕著となってきた模様です。人気の奈良マラソンは、エントリー締め切りまで実に12 ...

ランナーズフルマラソンチャレンジin荒川河川敷 2

2022.8.17 更新   年明け大会はどこにする? 自分の年明けマラソンをどうするか?そんな予定立てのために、気になる2023年1月〜5月の主要フルマラソン大会情報を集めては発信していま ...

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 3

2022.6.1 最終更新 2017年開設以来最もランナーの皆様の興味を惹き付けた記事となり、ここはブログ史上最多アクセスを記録したページとなりました。 その間情報収拾が至らない場面があり、何通もご指 ...

4

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

富士山マラソンでフジパン提供 5

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

-役立ち話
-,

© 2022  走るは旅なり