https://running-is-traveling.com

マラソン大会

越後湯沢秋桜ハーフマラソン|シーズンはじめの力試し

投稿日:2017年10月6日 更新日:


スポンサーリンク





越後湯沢秋桜ハーフマラソンに参加してみて

2017年9月24日、新潟県は越後湯沢で開催されたハーフマラソンに参加してきました。

私が住む関東圏から新幹線や車利用で行きやすく、当日受付可なので日帰り参加できることからとても人気でランネットにおいて「ランニング大会100選」に選ばれています。

開催時期がシーズンインしたばかりの時期なので、夏の走り込みの成果や現時点での走力を確認したい方、秋以降のフルマソンの練習や調整にはうってつけの大会です。

また土地柄、お米やお酒やへぎ蕎麦などを美味しくいただけ、天然温泉に入れる施設が豊富に点在するので、お友達や家族とのお泊り観光も楽しめます。

そこで私が今年参加して思ったことや感じたことをシェアし、来年以降に参加する方々の参考になれたら幸いです。

 

秋桜ハーフ当日、関東から新幹線移動できる利便性の良さ

関東圏に住まわれ前日入り出来ない方は、レース当日に車で移動か、新幹線で越後湯沢へ移動になります。

私は仕事の都合で当日入りを余儀なくされ、大宮から新幹線で現地入りしました。

余裕を持って会場入りしたいのであれば、選択肢は自ずと東京駅6:08発、大宮6:34発の新潟行きとき301号(2019.9現在もあり)になるかと思います。

私は大宮から乗車しましたけど、座席は東京駅からはもちろんのこと、大宮からでも窓側を望まないならば自由席で着席できる混み具合です。

ランナーが多数乗ってましたが車内はとても静かで朝早いせいか、皆さんひと眠りで湯沢入りだったのかもしれません。

もしくは1人で参加の人が多かったのかもしれません。

この新幹線に乗車すれば現地に7:24に到着し、会場へのシャトルバスもストレスフリーで乗れます。

また当日受付、ブース回り、着替え、トイレで用足し、スタートへの流れも実にスムーズで走ることに集中できるでしょう。

 

ここは暑さ対策は必須です

なぜかこの大会は天候に恵まれています。

快晴になると初秋ということもあって、湿度は低いものの最高気温が高くなります。

今年もまさに快晴で日差しも強く、最高気温が26度にまで上がったので肉体的にランナーを苦しめる大会になりました。

しっかりした暑さ対策を施す必要があ流と言えます。

ユニフォームは真夏仕様でランパンランシャツ(ノースリーブがBest)

帽子、サングラス

足攣り防止の補給食

足攣り防止の補給食(Mag-onなど)は10Kくらいで投入しておくと、後半安心して走れるかと思います。

給水に置いてあるスポンジで腕や脚を冷やすのももちろん有効です。

 

レース参加者への特典には満足

マラソン大会に参加した時の楽しみの一つに参加賞や特典があります。

越後湯沢秋桜ハーフマラソンには主に下記のような参加賞・特典がありました。

私が利用したのがワンコイン500円の入浴券でした。

入浴に関して、新幹線(電車)利用で脚がない者は選択肢が極端に少なくなります。

駅構内の無料温泉は激混みだと思い駅近のさくら亭の温泉を利用しました。

レース終了から時間が経っていた午後3時位からの利用だったので利用人数が少なく、露天風呂は貸切状態だったので大満足です。

また、家族へのお土産は駅構内で全て済まそうと考えていたので10%offはありがたいです。

  • 魚沼産コシヒカリ新米450g
  • 越後製菓のお菓子
  • バスタオル
  • 温泉入浴券(無料or500円、場所による)
  • 湯沢町の飲食店のお得券
  • 駅構内のお土産10%引き

 

コース戦略|覚悟して挑め、アップダウンが超きつい

スタートしてから7Kの山登り、6Kの山下りして市街地の大小のアップダウン、そして緩やかな上りでフィニッシュ、と心して向かわないと必ずや脚がやられます。

自己ベスト更新には難しいコースですが、フィジカルやメンタルを鍛えるには最良のコースです。

自分の走力や夏の走り込みの結果が如実に表れるコース設定です。

 

小慣れた運営してます

会場のキャパシティは十分ですが更衣室テントが小さいです。

もしも降雨があった時には多くの人がテントに入れず屋外での着替えを余儀なくされるでしょう。

会場の敷地はまだ十分に余裕があったので、もしかしたら雨が降ったら仮設テントを増設する算段なのかもしれません。

私が直に感じた運営面での不満はほぼ皆無でした。

1番感心したのは給水所の多さです。

程よい間隔で現れる給水所は頼もしい限りで、気温の高低でマラソンのタイムが如実に変化する私があの暑さでも乗り切れた要因の一つでした。

本当に感謝です。

 

新幹線なら帰宅も快適に

2人以上で新幹線の自由席で帰路に着くなら、座れないのは嫌ですよね。

新潟方面からの上り新幹線は、日曜日ということもあり東京へ帰る乗客で自由席は満席で座れない可能性性があります。

ハーフマラソンを一所懸命に走り、特急券代を払って座れないのは納得いかないです。

指定席をあらかじめ押さえておくのが最良なのは分かってます。

ただ前もって切符を購入すると列車の時間に縛られてしまい突発的な行動に移れなくなってしまいます。

私はマラソン大会の遠出は旅だと思っているので、出来るだけ予定は流動的にしておきたいと考えてしまいます。

もしかしたら温泉が物凄く気にって仮眠を挟んで何回か入浴したいと思うかもしれません。

もしかしたら仲間とレース後に打ち上げして3次会まで盛り上がってしまうかもしれません。

もしかしたらレース後に観光でどうしても見ておきたい場所ができるかもしれません。

そんな温泉も食事もお酒もお土産選びもゆっくり楽しんで帰る人には、越後湯沢始発19:13たにがわ414号東京行き(2019.9現在もあり)をオススメします。

始発なのでお仲間と席を独占、楽しくワイワイ宴の続きを楽しんで帰れます。

真冬の磐梯山サービスエリアの看板雪を見れば少しは涼しくなるかも

 

越後湯沢秋桜ハーフマラソンの口コミまとめ

さて、他のランナーはこの越後湯沢秋桜ハーフマラソン大会をどのように評価したでしょうか?ラ

ンネットの口コミを読んで私がまとめてみました。

《良い口コミ》

  • 参加賞に大きなタオルと新米の魚沼産コシヒカリ
  • 会場の飲食ブースが豊富
  • 東京から余裕の日帰り
  • 給水所の間隔が絶妙
  • 温泉無料入浴券付きで汗が流せる
  • 長い下りが気持ち良過ぎ
  • 荷物置き場のシステムが良い
  • 5歳刻みの表彰
  • 町全体で盛り上げようという雰囲気
  • シーズン初めの力試しができる
  • 駅からのシャトルバスがとにかくスムーズ

 

《悪い口コミ》

  • コースがとにかくハードで体への負担が半端ない
  • 更衣室が狭い
  • 毎年なぜか快晴でとにかく暑い
  • トイレの数が少ない(1番コメントが多い
  • 順位がでない
  • 前夜祭がなくなった

 (RUNNETより 2017年10月2日現在)

 

いや〜また行ってみたい度

とにかくシーズン開幕一発目におすすめな大会です。

コースのタフさがゆえ、たとえ失速して満足のいくレースができなかったとしても練習だったと思えば走力UPに繋がります。

そしてこの走りから秋以降のトレーニングの方向性を決めていくのにも役立つ大会だと断言できます。

ラン以外でもお酒、温泉、へぎ蕎麦だけではありません。

特に越後湯沢駅の施設パフォーマンスはかなり高くここだけでも時間を費やしたいと思う程です。

是非ともこの地で雪が本格的に降る前の時期に、フルマラソンに格上げして開催して欲しいと願います。


(5段階評価で)

        マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

富士山マラソンでフジパン提供 1

夕飯前にロング走に出掛けガス欠になること数回。 食べ放題の外食30分後にランニングへ出掛け吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 そんなキツイ経験ありませんか? 今回は食前・食後のランニングについて考えて ...

2

東京マラソンは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。 東京マラソンを走りたくてランニングがマラソンへ移行し、それ以降本格的にマラソンへはまっていきました。 初めて東京マラソンへ挑戦しようと思っ ...

越後湯沢秋桜ハーフマラソンは暑い 3

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

ズームフライ3とフライニットとの比較 4

マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。 初めて買ったランニングシューズはナイキでしたが4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰 ...

江ノ島ランニング 5

目次1 ランニングにおけるダイエット効果とは?2 始めたランニングに立ちはだかる大きな壁3 私が確信を持って言えること4 永遠の減量モード突入か?5 まとめ ランニングにおけるダイエット効果とは? テ ...

-マラソン大会
-, ,

Copyright©  走るは旅なり , 2020 All Rights Reserved.