https://running-is-traveling.com

プロフィール

走ることで世界は広がる

投稿日:2017年10月8日 更新日:




今から18年前の2001年、あの頃は一刻の猶予もなく劇太りでした。

普段の生活では異常に体が重く感じられたうえに、運動なんて全くする気もない自堕落な20代を過ごしてました。

学生の身分で社会的に抑制されることがなく、今の社会人生活とは真逆な生活を送っていました。

当時はずっと、そろそろ暴飲暴食はヤメて痩せなければ、と決心しては行動に移さない日々の繰り返しでした。


スポンサーリンク


 

ダイエットのために走ることを決めた2001年夏

さあ、痩せるために何をしたらいいのだろうか?

自問自答した結果出した答えは、

走ること

でした。

前年に高橋尚子さんがシドニーオリンピックでマラソン界初の金メダルを獲得し、世間のマラソン注目度が一躍上がることとなります。

今から思い返せば、2000年初頭が今の元祖マラソンブームの始まりだったのかもしれません。

確かにウォーキングやランニングをしていても、当時今よりすれ違うランナーは明らかに少数でした。

 

痩せるために最初にやったこと

2001年夏に走る決心をした私が最初にやったこと、それは現状把握のためにとりあえず今現在ダッシュでどこまで走れるか確認することでした。

上下スエット、靴は普段使いのスニーカーを身にまとってダッシュしてみたものの、肺がパンクするのではないかと激しく息切れして50mさえも維持できなかったのを鮮明に覚えています。

大学生になり何年も運動ゼロ、暴飲暴食、過度の飲酒喫煙、徹夜麻雀当たり前の不摂生生活をしていたら、思い通りに身体が動くわけがないのは明らかでした。

それでも決めたんですあの夏、走ることを

 

走り始める前にやったこと

やはりこんなに重く堅い身体では長時間のランニングは到底不可能なので、ない頭で当時じっくり考えました。

そして次に練った策は歩くことでした。

そう、ウォーキングです。

恥ずかしながら当時、私は大学卒業後のフリーター生活真っ最中で、赴くまま自由に使える時間はいくらでもありました。

そこでまず、走ることは断念して1週間に2回以上、2時間のウォーキングを目標にし、基礎体力をつけることに専念したのです。3ヶ月ほど続けることで体重は5キロ減ったのです。

ウォーキングの合間々にちょっぴり(30m〜50m位)ランを織り交ぜたウォーキングがその後に功を奏するのです。

 

走ることが習慣化

ウォーキングの合間に織り交ぜた走りが30mから50mに、50mが100mに徐々に伸びていき、いつしか1キロ無理なく走れるようになりました。

今でこそ1キロは全く気にも留めない距離ですが、あの頃はゼエハア言いながらも1キロ走れたことが、とても大きな成功体験に感じたものです。

さらに織り交ぜ走 in ウォーキングを継続すると、長時間のランニングに身体がどんどん順応していくのです

それまでこのような感覚は経験したことはありませんでした。

60分間続けて走れる頃にはさらに体重が減り、軽くなった身体は走ることを求めるようになり、週に走る回数が増えた結果いよいよ走ることが習慣となったのです。

ゴール間近のマラソン大会

 

2007年衝撃の出会い

その後、習慣化したジョギングを楽しんでいる私の目の前に大きな出来事がありました。

それは、 東京マラソン開幕です。

時を同じくして人生初の富士山登頂を達成したことに自信を持った私は、ならばフルマラソンも初挑戦しよう!と意気込んでみたのです。

そしてフルマラソンを走るための練習として、走る距離を徐々に伸ばしていったんです。当選した暁に、いつでも東京マラソンを走れるよう万全の準備をしておこう・・・と

しかし皆さんもご存知の通り東京マラソンはホント当たらない、とにかく当たらないんです。ある時期当選しやすいと噂になったONE TOKYOプレミア会員になっても、やっぱり当たらないんです。

フルマラソンは東京から始めたい、との思いが強くあったものの業を煮やし、2009年湘南国際マラソンを人生初マラソンに選択しました。

 

※2016年に2次抽選で初当選、その後2019、2020年2年連続出走を果たす

幸運すぎるオレ
東京マラソン2020当選通知
東京マラソン2020|確率99.2分の1を引いた夏

とっても言いづらいのですが、2年連続で東京マラソンに当選しました。 先日、来年3月1日に開催される東京マラソン2020先行抽選の発表がありました。 運良く2019年大会に参加できた後なので、今回は確率 ...

続きを見る

洗礼受ける
江ノ島が見えるランニング
初マラソンから節目の10年で思うこと

もうすぐ初マラソンに挑戦してからちょうど10年になります。 2009年11月8日あの日のゴール後、塩まみれになった全身で目標達成できず悔しい思いを胸に、混雑する東海道線で帰宅した記憶が蘇ります。 スポ ...

続きを見る

憧れの東京マラソン

 

湘南国際マラソン以降マラソンにハマり現在へ

サザンビーチの夏、ランニング ダイエットのために走り始めてから東京マラソンに出会い、マラソン中心に走って現在に至ります。あの頃生まれた子供達はもう高校生なのです。

この18年間思い返せば、様々なことがありました。

まだまだ思い出せないほどたくさん体験してきました。そして走ることに真剣に向き合い、自分なりに真摯にトレーニングに励んできたつもりです。

走り始めようと1歩踏み出す前の人生と、今とでは見えてる世界が大きく異なります。

先ほども触れましたけど、人間の身体の順応力には春夏秋冬を通して心底驚かされました

あの50mさえ走れなかった肥満体が、10キロ走で40分を切り、初マラソンの記録から43分縮め、100キロウルトラマラソンを10時間半で走り続けるなんて思いもしませんでした。

ドラクエみたいなRPGのように、広大な世界に旅立ち、鍛錬するたびに走破タイムが速くなり、走力レベルは目に見えて上がっていきました。

これこそが正に人体の不思議です。

雨の富山マラソンのゴール

 

生きている実感を味わっていますか?

そして何よりも走ることで強い心を持てるようになりました。生活の中で嫌なこと、不満なこと、思い通りにならないことはそれこそ星の数ほどあります。

しかし、私はそう簡単には腐ったり、諦めたりしないよう立ち向かうよう心掛けています。これは長く走って見てきた世界を鑑みると、こんなことは小さい世界の出来事に思えるからです。

私事ですが、この19年で祖父母、叔母、同僚、知り合いとたくさんの死と直面しました。悲しい出来事を受け入れながら、走っている時は生を強く意識するようになりました

だからこそ、これからも生をとことん楽しく味わい、いつだって健気に走り続けると決心したのです。ナイキペガサスターボと江ノ島

        マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

富士山マラソンでフジパン提供 1

夕飯前にロング走に出掛けガス欠になること数回。 食べ放題の外食30分後にランニングへ出掛け吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 そんなキツイ経験ありませんか? 今回は食前・食後のランニングについて考えて ...

2

東京マラソンは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。 東京マラソンを走りたくてランニングがマラソンへ移行し、それ以降本格的にマラソンへはまっていきました。 初めて東京マラソンへ挑戦しようと思っ ...

越後湯沢秋桜ハーフマラソンは暑い 3

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

ズームフライ3とフライニットとの比較 4

マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。 初めて買ったランニングシューズはナイキでしたが4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰 ...

江ノ島ランニング 5

目次1 ランニングにおけるダイエット効果とは?2 始めたランニングに立ちはだかる大きな壁3 私が確信を持って言えること4 永遠の減量モード突入か?5 まとめ ランニングにおけるダイエット効果とは? テ ...

-プロフィール
-,

Copyright©  走るは旅なり , 2020 All Rights Reserved.