マラソン大会

一関国際ハーフマラソン大会|暑くなければベスト記録を狙える

投稿日:2018年9月29日 更新日:




一関国際ハーフマラソン会場酷暑から徐々に気温が下がってきた初秋、東北2大ハーフマラソンの1つである一関国際ハーフマラソン大会へはるばる新幹線で参戦してきました。 (もう1つは仙台国際ハーフ)

ここ数日は涼しくなり寒いくらいに感じるほど気温が下がっていたのですが、大会当日は違いました。秋が深まってきたと思わせておいての夏の日差しは体に堪えました。

レース後にあちこちから聞こえてくるこんな声

「暑過ぎるわー」

今シーズンのマラソン大会初戦は厳しい幕開けとなりました。


スポンサーリンク


大会の特徴

一関駅通過の新幹線

会場立派です

メイン会場はたいそう立派で新しく、清潔で快適な体育館を利用できます。キャパ過剰ではないですが、早めに席を確保すればスタートまで天候に関わらず待機できる利点は評価に値します。

 

一関の景色

何と言ってもこの時期にしか見られない広大な黄金色に輝く稲穂の絨毯と、山々が織り成す田園風景がこれでもかと目に飛び込んできます。遮るものがなく視界が広いため、秋の景色をランとともに楽しめます。

個人的には黄色い絨毯の上を東北新幹線が一直線に高速で駆け抜けていく様が遠目から見て可憐美で「絵」になるなと思いました。

 

参加費4000円はお得感が強い

この大会の参加費に対してのサービス比率が大きいことが人気大会の一因だと感じました。至れり尽くせり感が強い大会が多いのはリピーター獲得の常套手段なのかもしれません。

具体的に言うと

  • 完走後のアイス、ドリンク、バナナ
  • 温泉施設の無料券(3ヶ所、シャトルバスあり)
  • 出展ブースで使える100円×5枚の金券
  • ホノルル、グアムマラソンへの参加抽選(旅費込み!)
  • 毎年変わる参加賞

 

ウォーミングアップも施設あり

ウォーミングアップ会場は近接の人工芝が敷き詰められたコートを惜しみなくランナーに開放しています。

フルでは大したアップは行わないのですが、ハーフや10Kは短いだけに最初から体を動かしたいが為にアップをするようにしています。

そんなニーズに応えてくれるのが一関国際ハーフの運営です。

 

送迎バス◎

見逃せないのは送迎バスについてでしょう。大会によっては最寄駅からかなり待たされる場合があるのでストレスの元になります。

これが一関国際ハーフに関しては皆無です。待たされることがほとんどないので町をあげてバス台数を確保しているのでしょう。

私が帰りのバスに乗ったところ満席で、補助席に座ろうとすると「後ろのバスに乗ったらいいよ」との運転手の心遣いが嬉しかったです。

 

キャパシティが適正

待機場所の体育館や敷地の広さ、トイレの設置数、スタート後の混雑の自然な解消を鑑みるに、参加人数に見合ったキャパだと言えると思います。

他大会ではよく感じる多人数に起因するストレスが全くありませんでした。

 

一関国際ハーフ、独自性あり

沢山レースに参加してきましたが、レース後にキンキンのアイス配布は初めての経験です。

今年は動線が悪く長蛇の列で不評でしたが、アイスそのものが不評なんてことはなく、他の大会にはない独自のサービスがランナー受けしている実態を目の当たりにしました。

この暑さ残る時期がなせる業、なせる感が強いのですがそれはそれで面白いと感じました。こういった想像の上をいく施作は大歓迎です。

あの大会に行けばアレがあると言う印象付けは、リピーター獲得の一助になると思います。

リピーターがいなければいずれ廃れていく大会は沢山あります。マラソン大会はそんな佳境域に達していると思うのは私だけでしょうか?

 

一ノ関国際ハーフのコース戦略

失礼かもしれませんが、ハッキリ「コースは単調」と言えます。感じたことはありのままに伝えたいので正直に記しました。

 

基本はフラット

大きな橋2つ以外はアップダウンなんて気にならない程度の平地フラットコースです。

秋の田園風景の中を快走することになるのですが、日陰がほぼない開けた景色があまり変わらないので単調と感じてしまうのでしょう。

ベストタイムを狙えるのでコロコロと景色が変わって集中できないよりはマシかなと思います。

 

二つの橋

目立った橋が2ヶ所(JR東北本線の跨線橋と北上川に架かる橋)あり。川を超える橋の方が勾配が大きくレース後半に通過することでキツさは倍増です。

しかしながら単調な田んぼの直線道が続くのでかえって良いアクセントになっているとも言えます。

 

給水所にスポンジあり

エイドには水、スポーツドリンク、スポンジの3点セットが基本で置かれ給食はありません。参加費を考慮すると致し方ないと感じます。

今回みたく暑くなるリスクはこの時期まだまだあります。ポケットに1つ以上は補給ジェルを忍ばせる必要があると思います。

 

気象条件次第ではベストタイムが狙えるコース

先述の通り、気象条件が合えば(曇り空で低温)自己新記録を十分に狙えるコースです。

ただ今回の気象条件は最悪の部類だったのではないでしょうか。雲がなく快晴な上高温、なんでやねんってつっこみたくなってしまう気持ちをぐっと抑え、現実逃避なく自分の走りをするのみでした。

公式発表でスタート時23℃、そこからグングン気温が上がり日差しは真夏のそれ、発汗量が脱水症状の危険域間近でした。

それもそのはずコース脇に見えた電光の気温計は29℃を示していました。

夏の走り込みの成果を試すために選んだ大会でしたが、結果は両足攣って撃沈し後半バテバテで、遠征までしたのに無残で残念な結果でした。

一関国際ハーフマラソンのメイン会場

 

一関国際ハーフの口コミまとめ

ランネットの口コミを恒例の簡易版としてまとめてみました。この大会の口コミは皆さん同じような内容が並んでいたのが特徴でした。良い部分も悪い部分も多くのランナーが同じ様に感じた内容だったのでしょう。

少し悪い口コミが目立ったように、歴史ある人気大会ですが改善の余地がまだまだあると感じました。

良い口コミ

  • 会場までのバス輸送が本数が多く待たされることなく行きも帰りもストレスフリー
  • トイレの数が多く体育館から外に出れば待ち時間はほぼない
  • 荷物と貴重品(財布や車のキー)預かりが分かれていて手際がいい
  • スタート地点での整列が無法地帯の割にスタート後は渋滞がない
  • エイドでスポンジの提供があるので暑い中で体の冷却ができる
  • 食事ブースの種類が豊富で地元産の果物などの販売はお土産に嬉しい
  • エイドは10ヶ所あって他の大会よりも多い
  • 参加費が安い割に盛り沢山で頑張っている感がある
  • 今年は500円の金券が近隣の店舗でも使用できるようになっていた
  • 駐車場が会場付近に十分確保されている
  • 制限時間が2時間50分とゆとりある設定である
  • 会場内の体育館が控え場所として解放されスタートまでゆっくり過ごせる
  • ゴール後の屋台村では家族連れで来場しても楽しめる大会
  • 温浴施設の無料券は3ヶ所で使え、会場内の施設は歩いて行けるし、遠方の施設にはシャトルバスが出ている

 

悪い口コミ

  • 毎回参加していますが、この大会はいつも暑くなる
  • アイス配布の動線がスムーズではなく長蛇の列
  • 田んぼの景色が単調
  • まさかここまで暑くなるとは・・予想外
  • 2回目の折り返しから給水所の間隔が長くバテた
  • 記録証にネットタイムも載せて欲しい
  • 前半は多いとさえ感じた給水所が後半は少なく今日の暑さでは辛い
  • アイス配布の誘導員の態度が残念だった
  • スタート前の目標タイム表示のプラカードマンの配置が遅く、配置後移動するランナーは殆どなし
  • コースの見通しが良すぎて単調
  • 最初のエイドは給水が追いつかない
  • スポドリが薄くマズく水もぬるい
  • スタート前の給水サービスが欲しかった
  • 出展ブースでビールが売っていない
  • 会場の体育館内では土足厳禁でシューズを脱ぐのが面倒
  • 無料の温泉は激混みで脱衣所も洗い場も待ちの列
  • 事前の情報がハガキ1枚なのでHPの充実を期待
  • 給水所のゴミ箱が少なくコップが散乱

RUNNET 2018.9.28現在

 

参加して気になった点

今回参加してちょっと気になった点を挙げてみたいと思います。

四の五の言わずに走ればいいと言う意見があるのも分かりますが、翌年に改善点を汲み取り見直した大会にはリピーターがつき人気大会となっていきます。参加費収入がなければ大会運営に響く以上、ランナーのニーズに応えていかなくてはならない宿命がマラソン大会には付きまといます。

そうでなければいずれ不人気大会は淘汰される運命にあるのです。

 

女性ランナーに対する配慮は必要かと

スタート前、ふと前方の女性ランナーのゼッケンを見ると区分が印刷されていました。

「ハーフ 50歳以上」

女性ランナーにとっては良い気分ではないでしょう。

隣の女性ランナー曰く、

「歳がバレるわい」

と嘆いていました。

 

動線の重要性はこんな所でも重要です

今回の一関国際ハーフマラソン最大の失敗は、記録証配布からアイス配布までの動線ではないでしょうか。

不幸にも私がゴールした直後から急に列が長くなったのです。ボリュームゾーンに動線が追いつかなくなった証拠です。

大会の風物詩になりつつあるゴール後のアイス配布、真夏のような日差しの中を走ってきたランナーにとってはありがたく頂戴したいものです。

しかし、走り終わっても汗が止まらない中で長時間並ぶのは苦痛極まりなく、諦めて着替えに進むランナーも少なくなかったです。

では何が悪かったのか?

 

列が1列

気になったのがアイス→ゴミ箱→麦茶→バナナが1列であった点です。列を2列にすれば当然さばけるスピードは2倍になります。

両サイド2列にしてどんどん先に進むように促せば大渋滞は解消されるのではないでしょうか。

 

手渡し

2列にした上で補充員が1人、監視員が1人として手渡しはやめ、1人1つと注意喚起してランナーが勝手にとって進む形式が望ましいと思いました。

1列なのに2人で配布は流れを滞らす行為と感じました。

 

ゴミ箱、麦茶、バナナの位置

ゴミ箱が動線の途中にあり、ランナーがアイスの包装を剥がしてゴミ箱に入れる行為に時間がかかっていました。ゴミ箱は動線の最後に配置し、アイス、麦茶、バナナ配布の位置も離した方が列が詰まらずに進むと思います。

 

10Kとかぶった

今年は10Kのスタート時間が変更になったことでハーフと10Kが同時にゴールしたのに加え、2つの競技のボリュームゾーンが重なったことがアイスの長蛇の列につながったと思います。

 

いや〜また参加したい度

競技色が強くエリートランナーの参加が多いのが特徴で、ベストタイムが狙えるコースということもあり夏の走り込みを発揮するのには最良の舞台が整っています。

この時期だけにまだまだマラソンでベストパフォーマンスを発揮できる気温は望めませんが、10Kやハーフなら涼しい気候であれば実力を発揮できると思います。

稲の匂いが漂い、収穫が間近なのどかな風景の中を走れる機会はこの時期しかありません。

 


(5段階評価)

一関国際ハーフマラソンのメイン会場

        マラソン遠征に

おすすめ人気記事(直近3ヶ月)

富士山マラソンでフジパン提供 1

夕飯前にロング走に出掛けガス欠になること数回。 食べ放題の外食30分後にランニングへ出掛け吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 そんなキツイ経験ありませんか? 今回は食前・食後のランニングについて考えて ...

2

東京マラソンは私の人生を変えたと言っても過言ではありません。 東京マラソンを走りたくてランニングがマラソンへ移行し、それ以降本格的にマラソンへはまっていきました。 初めて東京マラソンへ挑戦しようと思っ ...

越後湯沢秋桜ハーフマラソンは暑い 3

『あぢぃーー』 勝負レースを決め長期間に渡りトレーニングを積んだのに、ようやく迎えたマラソン大会が気温20℃オーバーで大撃沈した経験はありませんか? 個人的には暑さへの耐性が弱いとハッキリと自覚してい ...

ズームフライ3とフライニットとの比較 4

マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。 初めて買ったランニングシューズはナイキでしたが4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰 ...

江ノ島ランニング 5

目次1 ランニングにおけるダイエット効果とは?2 始めたランニングに立ちはだかる大きな壁3 私が確信を持って言えること4 永遠の減量モード突入か?5 まとめ ランニングにおけるダイエット効果とは? テ ...

-マラソン大会
-

Copyright©  走るは旅なり , 2020 All Rights Reserved.