ひとり言

マラソン大会の景品|これは必要ないかも・・

2018年3月29日




10年以上に渡り長期間マラソン大会に参加していると、個々の運営に関して感心することは数しれません。

一方で大会の参加賞に関して「これは必要ないでしょう」と感じることが、洗練された大会に出続けていると少なくありません。

実用性に乏しくいらないモノが増えていくことは、自宅に持ち帰って保管することを踏まえるとある意味苦痛でしかありません。

「何とかならないかなぁ」と思う残念な大会、「マラソン大会のコレはいらない」についてをあくまでも私感で自由気ままに綴ってみたいと思います。


スポンサーリンク


 

はい、参加賞Tシャツいりません

寝巻きか私服のインナーとして普段使い決定です。はっきり言ってなくても困りません。

普段着のTシャツはユニクロ、練習着は基本スポーツ店やアウトレット品に求めているので、参加賞で配られるTシャツは特に必要ない候補筆頭格です。

Tシャツの分だけ参加費用が抑えられるならば、迷うことなくそちらを選びます。買いたい人がもっと高品質なTシャツを購入できるようにすべきです。

ランニング中、大会参加Tシャツを着ている方をよく見かけます。

そんな時「どこの大会に出たのかなぁ」と興味は尽きないのも事実です。(実際に私も出場した遠方の大会だと親近感が湧きますが・・)

もちろんスポンサーのお陰で金銭的な運営がなされ、私たちランナーがそれを享受していることは理解できます。

でも、何もスポーツメーカーが右習えで競って大会Tシャツを作らなくてもいいのではないでしょうか?。

 

はいはい、完走メダルいりません

最近の大会は凝ったデザインの完走メダルが増えました。

きっとコストも上がって参加費に上乗せされていることでしょう。

やり遂げたゴール後に、ボランティアの高校生にかけてもらう完走メダルは嫌な気分では決してないです。むしろ達成感に華を添えてくれる役目があることは承知です。

でも意見が分かれるかもしれませんが、私はこれもなくていいです。

フィニッシュ後、動線の一連の流れがどの大会でも同じようなものに違和感を覚えるのは私だけですか?

金太郎飴、どこまで切っても同じ顔

郊外にある国道沿いのチェーン店や〇〇モールのような金太郎飴は好きではありません。

もっと突拍子のない、独自のイベントをゴール後に期待してしまいます。

例えばPB達成者には胴上げサービスとか・・・

そういった意味で2018年に参加した一関国際ハーフはゴール後に配られるアイス、天童ラ・フランスマラソンのよう地元の名産ラ・フランス食べ放題など、他と差別化ができていてかつランナー受けする素晴らしい催しは殊更大好きです。

 

走ってアイス最高!
一関国際ハーフマラソン大会|暑くなければベスト記録を狙える

酷暑から徐々に気温が下がってきた初秋、東北2大ハーフマラソンの1つである一関国際ハーフマラソン大会へはるばる新幹線で参戦してきました。 (もう1つは仙台国際ハーフ) ここ数日は涼しくなり寒いくらいに感 ...

続きを見る

 

最高の食べごろ!
天童ラ・フランスマラソン会場の銀杏並木
天童ラ・フランスマラソン|秋の山形は文句なく素晴らしい

四方の山が真紅に染まった晩秋の山形、これからが厳しい冬を迎える天童市の祭典へ、久々の深夜バス利用で現地入り参加してきました。 金哲彦さんがプロデュースするマラソン大会ですからまずハズレはないだろうとの ...

続きを見る

 

ちなみにマラソン初期の頃に部屋に飾っていた大量の完走メダルも、やがて参加大会が増えると共にフックにかけられる数が限界を超え、ついにはまとめて押入れ行きとなりました。

日の目を見るのはいつの日か。

 

家に飾られた完走メダル

 

はいはいはい、ついでにマラソン大会の前日受付もいりません

本題とはズレてしまうのですが、マラソンん大会の前日受付も厄介な問題なので同列に扱いましょう。

解決策はいたってシンプルです。

なぜならば、誰が望んでいるのでしょう前日受付って?どう考えてもランナー目線ではないことは明白です。

決めているのはランナーではなく運営側の人間だから解決は時間の問題です。

運営側の人間が大人の事情よりもランナー目線になればいいだけの話です。(これが実は難題なのかも)

今でも事前受付をしているような大会、特にメジャーな大会は、旧態依然な体質で運営してると言わざるを得ないと思います。

もしくは著しくスポンサーに依存した運営と言わざるを得ません。資本主義がそうさせていることだって承知済みです。

かの東京マラソンでさえその一つです。

2回出場してみてエキスポの魅力はありますが、やっぱり訪れたい人だけが行けばいいと感じてしまいます。

東京マラソンの魅力はエキスポではなく、シーズンラストを首都のど真ん中を全力で走れる爽快感です。

おこがましいい発言と思われるかもしれませんが、どう考えても全てランナー目線で見れば、事前郵送で事足りる時点で前日受付の意味をなしていません

しょうがない気持ちで前泊を余儀なくされるランナー、近隣県なのに前日受付のためだけにわざわざ電車を乗り継いで来場しすぐに家路につくランナーの気持ちを察すると、その大会に余程の魅力がない限り決してリピーターになんてならないでしょう。

別大ランナー受付

 

一転して、もらって嬉しかった参加賞

辛口で述べてきましたが、もらって嬉しい参加賞だってあったのは事実です。

これってランナー喜ぶんじゃねぇ

と運営側の意図が透けて見えた参加賞には思わず拍手、飛びついてしまいます。

 

フィニッシャータオル

Tシャツと同じ気がしますが決定的に違うのが、家族内でカミさんも小さい娘だって使用できる点です。

我が家のバスタオルは参加賞で頂いたタオルが脱衣所に山積みされています。

カラフルに彩られどのバスタオルもFINISHERとの文字が書かれています

 

金券、商品券

会場内の飲食ブースや大会近隣の商店街で使える金券や割引券は大変重宝します。

魅力的なお店ならちょっと寄って食べていこうという気になれます。

参加人数が大規模な大会周辺では、1万人規模の集客が見込める訳ですからランナーにとっても、地元のお店にとってもまさにwin-winなのではないでしょうか。

 

夜間用のLEDライト

暗い夜道を走るランナーにとっては必携なアイテムです。

身に付けているランナーは、一昔前よりも明らかに増えていますがまだまだ少数派です。

自分の存在をいち早く車両や歩行者へ知らせ事故を避けることができる逸品。

絶対に被害者にも加害者にもなりたくないのは誰もが望むことですから、景品でいただけるならまはや消耗品レベルです。
(TOKYOベイエリアナイトラン)

 

ソックス

ランニングする人とそうではない人とでは、年間に履き潰す靴下の数量に圧倒的な差があると確信します。

指先、かかと、足裏とシューズとの絶え間ない摩擦でソックスは嫌が上にも消耗して穴が開きます。

あちらこちらに開いてしまい補修不能になる期間が早く、ランナーの靴下は一般比ではとてつもなく寿命が短いです。

普段は3足1000円で済ませていても、レース用で揃えるとなると結構な出費になるものですから、参加賞としてはありがたい限りです。(静岡マラソン)

 

まとめ

私の考えを一言で言うと、選択の余地を残せば万事OKということです。

言い換えると、欲しい人だけ貰えばいい(買えばいい)と考えています。

参加カテゴリーで性別や年代別に分けるのも良いのですが、「Tシャツ、完走メダルあり」「Tシャツ、完走メダルなし」の選択があったって良いと思います。(実際そういう大会はあります)

Tシャツや完走メダルは、参加費内で配られるものより高品質で素晴らしいデザインsのものを購入希望者に高額販売すれば、一定数のランナーが購入し売り上げに貢献するでしょう。

購入する気がないランナーにとって、金銭的負担が減り参加費が少しでも安くなれば毎年参加しようとなる可能性が高まります。

マラソンに参加しながら経済を回していかないとスポンサーは減って、結果的に参加費が上がると反論する方がいるかと思います。

しかし、必要のないものを押し付けて継続させる経済活動はいずれ破綻します。

飽和状態のマラソン大会はニーズが減れば、今後どんどん淘汰されて無くなっていくでしょう。

だからこそランナー目線前提の運営をする大会が、高評価を受け毎年抽選やクリック合戦となるのです。

難しいことは何もありません。ただサービスを受けるランナーの気持ちに寄り添う運営をするだけです。

 

 

参加賞が今治タオル

天道ラ・フランスマラソン

 

 

※少し上から目線の発言となりましたことを関係各位さま申し訳ありません

      ランニング良著

最高の走り方

最高の走り方

  • 作者:弘山 勉
  • 出版社:小学館
  • 発売日: 2019年11月21日

      ランニングマスク

      マラソン遠征に

人気記事(直近3ヶ月)

御嶽山を登って見つけた雪トトロ 1

今シーズン、メジャーどころの年内フルマラソン開催可否が壊滅状態だということは以前お伝えしました。 ではでは、さてさて、年明けの開催状況はどうなのか? コロナ禍で、今シーズンはひとつもフルマラソンを走れ ...

コンプレッションハーフタイツの2XU 2

マラソン界のトップランナー達が履いている姿をここ1、2年特に目にするようになりました。 それを見て「あれカッコいいなぁ」と単純に思い、2019-2020シーズンに初めてコンプレッションタイツを購入しま ...

ズームフライ3とフライニットとの比較 3

マラソン仕様のレースシューズならアディダス、アシックスが数年前まで隆盛で定番のものでした。 初めて買ったランニングシューズはナイキでした。4、5足目に買ったものが合わなく失望、それ以来ナイキはご無沙汰 ...

湘南国際マラソン折り返し付近 4

2020.12.10発表によるとコロナ感染拡大が依然として猛威を振るう中、湘南国際マラソン2021は残念ながら中止となりました。   光明   ランナーにとって吉報が舞い込んできま ...

昭和記念公園外周ランニング 5

東京西部のターミナル駅である立川駅、ほど近く広大な昭和記念公園は、 皇居ランに匹敵するのか? また、 わざわざ走りに行く価値はあるのか? 実際に両方走っている経験をもとに、皇居ランとの比較を交え検証し ...

-ひとり言
-

© 2021  走るは旅なり