江ノ島、鵠沼付近をランニング

https://running-is-traveling.com

情報

湘南国際マラソン2022、またも本気で開催めざす

2021年9月14日


スポンサーリンク


鎌倉〜茅ヶ崎までランニングしていた休日、その最中に湘南国際マラソン事務局からメールが来るという何ともタイムリーな出来事がありました。

メール内容は来年の開催に向けて、9月17日(金)14時に記者会見をライブ配信するというものです。昨年も同様の形で記者会見を開き、コロナ禍の開催に向けての詳細を発表しています。

結局前回は開催には至らなかったのですが、コロナ感染拡大の中での開催への尽力は私の心に刺さるものがありました。

そんな湘南国際マラソン、今週末の記者会見に期待しないはずはありません。

 

↓実際の記者会見↓


スポンサーリンク


湘南国際マラソン2022、現時点で分かっていること

現時点で公式HP内で発表されていることを簡単にまとめてみました。

 

エントリー日(先着)、開催日

エントリーは10月2日先着順一般は20時から)となります。昨年はエントリー時にアクセス障害が発生、全くつながらない状況が数時間にも及び多くのランナーが混乱しました。

苦い思い出
湘南国際マラソンにエントリー
クリック合戦でふて寝した|湘南国際マラソン2021エントリー

雪ん子・・・つながらん 1時間後 ・・・つながらん雪ん子 エントリー開始から3時間、永遠に続く 504 Gateway Time-out エントリーの奥底まで辿り着いても 504 Gateway Ti ...

続きを見る

 

アクセスの想定が甘かったとの謝罪文を出したくらいですから、でも今回この点は改善されています。(エントリー時のアクセス障害対策

そして開催日は2022年2月20日(日)です。やたらと2が並ぶ日ですが、冬の開催で好記録が期待できます。(給水問題はありますが)

大阪や東京に出場しない方は、ここをシーズン最終戦にする選択肢が増えました。名古屋ウィメンズがちょうど良い間隔です。でも私は2週後の東京マラソン2022へのステップとします。※

 

※東京マラソン2022は中止

 

医療が逼迫状況なら中止

医療体制がひっ迫したままでは開催ができないリスクがあることも拭えません。

公式HPより

 

コロナウイルスに対する懸念材料の筆頭が医療逼迫です。これは致し方ありません。

重症患者受け入れが困難だったり、通常の医療を受けられない状況で呑気にマラソンを走っている場合ではありません。

 

参加条件

・ランナー、ボランティア、スタッフ全員PCR検査

・ワクチン接種2回

 

ようやく欧米社会で行われている活動条件を提示してきました。これは年明けのフルマラソン大会でも採用する大会が増えると予想します。

社会・経済活動をコロナ禍前に近づけるため、この条件が今現在できうる最善の方法なのでないでしょうか。いつまでもジッとしているわけにはいきません。

PCR検査はマラソン直前の木曜から土曜に指定場所に提出する形です。ここで陽性判定を受けることは色んな意味で死刑宣告を受けるようなものです。そのリスクを取れないランナーはエントリーを辞退しましょう。

 

マイボトルを持って走る

「マイボトルマラソン」は昨年の記者会見で発表されています。

スタート時から満水のボトルを持って走り、80〜100m間隔でひっきりなしに訪れる540箇所もの給水ポイントで自ら給水するスタイルです。

自分が飲みたいタイミングで取れる給水はどんな感じなのでしょう。もちろんこんなマラソン大会は経験したことありません。コロナ禍での新たな取り組みとなります。

このような具体的な提案をどこよりも早く発表する運営のやる気はランナーとして頼もしい限りです。

 

東京マラソンに被せてきた

おそらく今年の大会中止を発表する東京マラソン、それが9月17日(金)です。

その日に湘南国際マラソンは記者会見を開き、昨シーズンよりバージョンUPしたコロナ禍のマラソン大会を宣言します。

東京マラソンの中止発表に来年の開催宣言を被せるなんてまるで民間企業のせめぎ合いです。これは面白い展開で個人的にはこういうのは好きです。

前向きでポジティブな湘南国際マラソンがマラソン業界に風穴を開けます。Withコロナのフルマラソンはこの湘南国際マラソンから本格的に始まるかもしれません。

仮に大どんでん返しで東京マラソン2021の開催が発表されても、湘南国際マラソンは相乗効果を得られる形になります。

どこよりも早くコロナ禍のフルマラソン開催を提唱した昨年も感じました。湘南国際マラソンの実行委員トップにはかなりのやり手が就任している模様です。

コロナ禍で何とかスポーツイベントを開催したいという意欲、それは東京マラソンより間違いなく感じ取ることができます。

 

雪ん子
大いに期待している

湘南国際マラソン折り返し付近

第1折り返し地点

 

※東京マラソン2021は中止ではなく延期と発表

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

青島太平洋マラソン会場、スタートブロック案内 1

2022.6.22 更新 いよいよ2022年後半に向けて、各マラソン大会の公式発表がとても忙しくなってきました。 2022年後半の主要フルマラソン開催可否情報を収集して発信、 今後は週3回(月、水、金 ...

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 2

2022.6.1 最終更新 2017年開設以来最もランナーの皆様の興味を惹き付けた記事となり、ここはブログ史上最多アクセスを記録したページとなりました。 その間情報収拾が至らない場面があり、何通もご指 ...

3

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

富士山マラソンでフジパン提供 4

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

四万十ウルトラマラソンの絶景 5

マラソンシーズンが終わり、のんびりとジョグを楽しんでいるところですが、参加してきたマラソン大会が結構増えたのでここで一旦まとめてみました。 2001年からダイエット目的で走り始め、後に2009年からマ ...

-情報
-,

© 2022  走るは旅なり