ランナーズ+メンバーズに入会

https://running-is-traveling.com

情報

11年分のランナーズが読み放題|「ランナーズ+メンバーズ」に申し込み完了

2022年3月29日

東京マラソンの受付時にいただいたチラシ広告にひと通り目を通していると、興味惹かれるキャッチーなタイトルが飛び込んで来ました。

ランナーズ最新号+過去11年分が読み放題

先日のフルマラソンで今シーズンは一旦終了、散々な結果に自分の不甲斐なさに改めて気付かされた結果となりました。

その打開策の一つとして思い切って定期購入に踏み切りました。


スポンサーリンク


「ランナーズ+メンバーズ」に申し込んだ理由あれこれ

東京マラソン、その15日後のランナーズフルマラソンチャレンジを走り終え、それから酷使したからなのか股関節の痛みが取れません。

しばらくウォーキングと緩ジョグでつないで療養しつつ、時間を開けてから再び走り出そうと思っていたところ、この「ランナーズ+メンバーズ」に出会ってしまいました。

望んだ成果が出なかった現状打破を狙い、ポチって即決して入会してみました。以下が主なサービス内容です。

ランナーズ定期購読(1年間)
ランナーズ電子版読み放題(11年分)
毎週末のオンラインレース走りたい放題
ランネットチャンネル先行閲覧
+1000円でランナーズ+inチーム入会

充実したサービス内容だと思います。これを念頭に入れながら私が入会を決意した理由を列挙してみたいと思います。

 

ランナーズのデジタル版が読み放題(11年分)

何と言ってもランナーズ読み放題が最大の入会理由となります。

今までランニング雑誌は立ち読み派で、大会前に参考になりそうな特集がある時に購入するようにしていました。よって年間で1、2冊程度の購入でした。

それが過去11年分のバックナンバー見放題、しかも電子版という内容に惹かれます。通勤時や出先または自宅など、いつでもどこでもランナーズが読める環境は魅力なのです。

 

コスパが良い

ランナーズ定期購読はいわゆるサブスクと言われるもので、年間7800円で最新号が毎月自宅に届くタイプです。

ランナーズ1冊の実売価格が税込780円ですから、月換算にすれば1冊650円になります。毎月購入される方ならこれだけでお得感ありです。

さらに上記の③④⑤の有益なサービスが追加される(⑤は+1000円)ので、コスパはかなり良い部類と言えます。

 

持っていない知識を大量に得られる

ランニングに関する知識は際限なくあり、知識を多く持ち合わせていれば不安なく様々な場面で活用できます。

無い袖は振れないではありませんが、知識がなくて行動へ移せない負の連鎖は避けたいと思っています。

ランナーズ11年分の記事や、ランネットのデジタルコンテンツからマラソンを科学的、論理的両面で捉える知識を欲しました。10年前の定石であっても、こういった知識は古びたものになりづらいと感じます。

また栄養学や運動生理学、心理学を記事で学び、今後のトレーニング内容の見直しに役立てたいと思います。

 

他ランナーを参考にできる

マラソンは個人的なスポーツであるがゆえ、とかく自己流に流れる傾向があります。私みたくお一人様練習を主体に走っていると、自分自身を客観視できなくなりがちです。

しかしこういった媒体を活用すれば、あの世界のキプチョゲだって参考対象になります。最新のランナーズに彼の言葉が記載されています。

タイムに挑戦するのではなく、確実にできる範囲の練習を積み重ねています

これは大いに参考となる言葉ではないですか。世界一のセリフだからこそ信憑性があります。

ランナーズや他雑誌、ブログ記事に言えることは、他人の体験を参考にして自分にフィードバックし追体験できるメリットがあるのです。

ただしランニング猛者が多方面で多くても、それで自分を卑下する必要は全くありません。

 

弊ブログのネタ探しに

これは超個人的なことですが、バックナンバーを数冊読んだだけで、ネタになりそうな項目をいくつかピックアップできました。

記事をパクる気はさらさらありませんが、例えば記事に載っていた場所に自ら旅ランに行くとか、ランステに試し履きしに行っってシューズのレビュー記事を書くことはできます。

弊ブログの可能性が広がった気がしますし、ランナーズから得たもので人生が豊かなものになる気がして仕方ありません。

 

結局まだまだ己にチャレンジしたいから

ランニングだって人生だって、ベクトルは常に未来へ向いているという価値観です。練習した割に好結果が出なくても、ネガティブなままでは前へ進めません。

そしてチャレンジはワクワク感とかドキドキ感を伴い、楽しいという感情で満ち溢れています。それは凡打で終わった東京マラソンを走って改めて知りました。

ランナーズの記事を読んでいるとチャレンジ精神の塊のようなランナーが多く、同じ価値観を共有できてほんわかな気分と、刺激が強くて興奮してくる部分が同居します。

そして股関節が不調でも、やっぱりもっともっと走りたいなぁという感情が湧いてくるから不思議なものなのです。

雪ん子
休養しないのが厄介でもある

 

ランナーズを定期購入

前回購入は2020年3月号だった・・
股関節の記事、それがタイムリー

      ランニング良著

      マラソン遠征に

アクセス数が多い記事(直近3ヶ月)

2021年とくしまマラソンのオンライン景品 1

2022.5.16 更新 スポンサーリンク どこのマラソン大会に照準を当てるか(2022年1月〜5月) 2022年1月〜5月 主要フルマラソン大会 開催可否   2022.5.16 現在   ...

富山マラソンゴール前 2

2021.12.22 更新 2021年秋冬フルマソン大会情報は残りわずかで更新終了となります。長らくアクセス頂いた皆様感謝申し上げます。 コメント下さった方、手が届かなかった情報提供ありがとうございま ...

東京マラソンの手荷物預け 3

10月開催(※2022年3月6日へ延期)の東京マラソン2021要項が発表になりました。 各方面で物議を醸していますが、その内容に驚愕とした方が多いと思います。色々と発表になった中で、ランナーにとって1 ...

富士山マラソンでフジパン提供 4

夕飯前に意気込んで家を出てロングランの末にガス欠になること数回。 今日は走る日と決めている日、家族と食べ放題の外食へ赴き、帰宅後30分でランニングに向かい吐き気・腹痛を引き起こすこと数回。 こんなキツ ...

5

絶版に、いやモデルチェンジしたため、もう1年半以上前にゴミ箱に入れていたレビュー記事を拾い上げてきて加筆修正しました。 当時はただ特徴を挙げて作成、しかし今回はこのバックパックの約4年間に及ぶ使用感を ...

-情報
-

© 2022  走るは旅なり